2020/8/27

大阪市も育鵬社の教科書を不採択!歴史・公民とも4地区で全面的に排除  ]Vこども危機
 ◆ 大阪市も育鵬社を不採択!ご協力ありがとうございます。
   大阪の会の伊賀です。

クリックすると元のサイズで表示します

 既に拡散されていますが今日の大阪市の教科書採択で4ブロック全てで育鵬社が不採択となりました。
 大阪市での不採択は、全国で育鵬社不採択の流れの中で育鵬社に決定的な打撃を与えるものとなると思います。

 僕自身は、今日が学校の始業式で、午前中授業、午後から始業式。放課後には会議が入り、会場に駆けつけることができませんでした。
 教育センター前アピール行動や傍聴された皆さんとともにこの勝利を分かち合いたかったです。本当に残念です。
 猛暑の中、アピール行動から傍聴まで参加してくださった皆さん、お疲れ様でした。

続きを読む

2020/8/27

イージス・アショアの反対運動について、秋田現地の人の話(瓢箪通信)  ]平和
 ◆ 大軍拡と基地強化にNO!アクション2020「8・23発足集会」
   櫻田憂子さん「イージスアショア報告」雑感

T.T.0577(ひょうたん島研究会)

 8月23日(日)午後、池袋の「としま区民センター」で「大軍拡と基地強化にNO!アクション2020」の発足集会が「飛ばすな!オスプレイ、止めよう!敵基地攻撃力保有、イージス・アショア白紙撤回に続き、すべての軍拡にNOを!」と題して行なわれ、ぼくも、端っこのほうで参加した。

 集会は2部構成で、前半は、「STOPイージス!秋田フォーラム代表」である櫻田憂子さんによるZOOMでの「地域住民とともにイージス・アショア反対運動をたたかって」という報告であった。
 実はぼく、いつもそうなのだが、時間と場所だけ確認して、集会に向かうことにしている。この日も、「イージス・アショアの反対運動について、秋田現地の人の話が聴ける」ことだけ知って、池袋に行った。

続きを読む

2020/8/27

文部科学省では「現場主義」を徹底していくことが省改革の大きな柱、と大臣は言った  
  《The Interschool Journal から》
 ◆ 萩生田文科相記者会見録・速報版(2020年8月25日・ISJ版)
   平松けんじ


 8月25日11時から文部科学省内で行われた、萩生田光一文部科学大臣の記者会見の模様を速報する。なお内容については記者が聴取した内容に基づいて記録しており、必ずしも正確さを保障できないことをあらかじめ断っておく。

 ★ 萩生田光一文部科学大臣

 おはようございます。冒頭私からは2件です。
 まずあの本日は私から児童生徒等や学生の皆さん、また教職員をはじめとする学校関係者の皆様、保護者や地域の皆様にメッセージをお伝えをしたいと思います。
 まず児童生徒等や学生の皆さんに対して新型コロナウイルスには誰もが感染する可能性があり、感染した人が悪いということではないこと、感染した人が悪いという雰囲気ができ、感染したことを言い出しにくくなるとさらに感染が広がってしまうかもしれないこと、

続きを読む

2020/8/27

日本でもあった「彼は敵だ。敵は殺せ」とする政治の論理と憎悪  ]平和
 ◆ 暗殺者のメロディ (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 ロシアの代表的な反政権、民主派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏(44)が、毒を盛られて意識不明の重体という。
 本紙によればナバリヌイ氏は、メドベージェフ前首相ら政権中枢の汚職を追及し、反政権派市民からはプーチン大統領批判の急先鋒(せんぽう)として絶大な人気を誇る存在だ。

 ロシアでは反政権活動家やジャーナリストへの襲撃や暗殺は珍しくない。最もよく知られているのは、一九四〇年、スターリンによるトロツキーの暗殺だ。
 メキシコ・シティの邸宅街コヨアカンで、亡命生活を送っていたトロツキー邸を、二度ほど訪問したことがある。四方に高い塀を巡らし、その上に望楼を備えていて、厳重警戒。要塞(ようさい)のような構えだった。

続きを読む

2020/8/27

買春容認をラジオで流した芸人をなぜNHKは登用し続けるのか  \増田の部屋
 ◆ 8・24速報「女を侮蔑してボーッと生きてんじゃねぇよ」

皆様
 こんにちは。増田です。これはBCCで送信しています。重複ご容赦を!
 昨日は(も?)「夏ノ暑サニモマケヌ」ぞ! で、頑張りました! 
 ※ FEM-NEWSをクリック!
https://frihet.exblog.jp/31608644/

 「8月24日正午、渋谷ハチ公前。女たちが次々に集まった。岡村隆史発言をきっかけに広がった買春容認ムードをこのままにしてはいけない、と。」

 文中にあるように、男性も3人、リレートークに加わってくれました。飛び入りの通りすがりのスケボーの方は、どう見ても「ボーイ」ではなかった(笑)気がしますが…

続きを読む
タグ: 増田都子


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ