2020/8/29

根津公子の都教委傍聴記(2020.8.27)  Y暴走する都教委
 ◆ いじめで自死した現実に蓋をしてはならない (レイバーネット日本)

 今日の定例会は、公開議題は
 議案が「来年度使用の高校教科書の採択について」、
 報告が「いじめ問題対策委員会答申について」。
 非公開議題は議案が「校長の任命について」と「教員の懲戒処分について」。「教員の懲戒処分について」は報告にもあった。「戒告・減給を超える停職・免職」案件については、議案となる

 ◆ 「来年度使用の高校教科書の採択について」
   〜教育委員は実教出版教科書に対して行ったことを忘れてはならない


 高校教科書については毎年、学校側が選定し、その結果を都教委に報告する。都教委はそれを定例会に諮り、教育委員は承認する。今年も、そうであった。
 それを傍聴しながら、私は、2013年から教育委員たちが、実教出版「高校日本史A」「高校日本史B」を学校に選定させない圧力をかけてきたことを忘れるわけにはいかない。

続きを読む

2020/8/29

85歳以上の「長老」たちが自らの戦争経験に基づいて「不戦」を訴える『東アジア不戦推進プロジェクト』  ]平和
 ◆ 85歳以上の日本の「長老」たちが不戦を掲げて立ち上がったワケ (ハーバー・ビジネス・オンライン)
クリックすると元のサイズで表示します
東アジア不戦推進機構代表発足記者会見。
元早稲田大学総長の西原春夫さん(92歳・左)、 元東京大学総長の有馬朗人さん(90歳)

 ◆ 最後の戦争世代が不戦の訴え

 8月12日、都内で「東アジア不戦 推進プロジェクト」の提言を発表する記者会見が行われた。提言者には、各界を代表する85 歳以上の有識者たちが「長老」として名を連ねた。
 彼らが掲げた提言は次のようなもの。
《提言の内容》
1:東アジア全首脳の共同宣言

 私たちは、戦争時代を直接体験した最後の世代に属する者として、まずもって東アジアの全首脳が次のような共同宣言、又は個別同時の宣言を発出することを提言する。
 (1)あらゆる対立を超えて人類全体の連帯を図り、人類絶滅の危機を回避するよう努力する。
 (2)少なくともまず東アジアを戦争のない地域とする。

2020/8/29

歴代最長かつ歴代最悪の政権、国民から称賛される実績は皆無  ]U格差社会
 ◆ 7年8ヵ月も続く史上最悪の悪夢 (植草一秀の『知られざる真実』)

 安倍首相の首相としての連続在任期間が8月24日に歴代最長になる。2012年12月に第2次安倍内閣が発足して、年末で丸8年になる。
 これまでの連続在任期間は佐藤栄作氏の2798日だった。
 安倍首相の在任期間は長くなったが、長くなった以外に成果がない。安倍内閣は経済の拡大を表看板に掲げてきたが、経済すら最悪の状況に陥っている。
 日本の実質GDPは安倍内閣が発足した時点で498兆円(季節調整済、年率換算=2012年10−12月期)だった。
 2020年4−6月期の実質GDPは485兆円になった。
 第2次安倍内閣が発足してから、日本のGDPはまったく増えていない。減ってしまったのだ。第2次安倍内閣が発足してからの実質GDP成長率(前期比年率)単純平均値は−0.1%である。

続きを読む

2020/8/29

日本政府の一方的思い込みによる法的義務のない「思いやり予算」  ]平和
 ◆ 「思いやり予算」
   至れり尽くせり 居心地よく居座る米軍
(週刊新社会)
クリックすると元のサイズで表示します

 年間約2千億円の日米地位協定にない在日米軍経費負担、「思いやり予算」は5年間の協定が今年度末で切れ、秋には日米交渉が始まる。その実態を探る。

 ◆ 「義務など本来ない」

 今年度の防衛省予算で支出される在日米軍関係経費は、
   @駐留関連経費   3993億円、
   ASACO関係経費  138億円、
   B米軍再編関係経費 1799億円
 で5930億円
 さらに他省庁分として基地交付金や基地借上げ料2052億円(昨年度分試算)がある。
 米国防総省の2004年の「同盟国による共同防衛の貢献に関する統計概要」によると、世界最高の負担額で、負担割合も世界一となっている(上図参照)。

続きを読む

2020/8/29

登録型派遣旅行添乗員の「休業補償」を勝ち取るための東京東部労組の闘い  ]U格差社会
  《労働情報−特集:Corona vs Union[HTS添乗員]》
 ◆ アサインされたツアーがない時「みなし休業補償」かちとる
菅野 存(東京東部労組委員長)

 3月以降、新型コロナウイルスの影響で国内・海外のツアーが軒並み中止となる中、登録型派遣旅行添乗員で組織する東京東部労組HTS(阪急トラベルサポート)支部は添乗員の生活を守れ!との声を上げ、会社に対し粘り強い闘いを続けています。
 HTS支部大島組合員の場合、恒常的に添乗している阪急交通社のツアー、とりわけヨーロッパ方面のツアーがのきなみ中止となっていることをうけ、添乗する予定であった3月・4月のツアーがキャンセルされ、以降も現在まで「仕事がない」状態となっています。

 形式上、「ツアーごとの雇用契約」である登録型派遣添乗員にとっては、ツアーのキャンセル=「仕事がない」ことがより顕著なかたちで収入の減少に直結します。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ