2020/12/1

根津公子の都教委傍聴記(2020年11月26日)  Y暴走する都教委
 ◆ オリ・パラ教育、観戦とボランティアへの動員に反対の声を

 公開議題は、議案が「『東京都公立学校の校長・副校長及び教員としての資質の向上に関する指標』の改訂について」、報告が「都民の声(教育・文化)について 今年度上半期」、「来年度教育庁所管事業予算見積について」。後述するが、都教委はオリンピック観戦もボランティア体験も子どもたちにさせる、と張り切る。
 非公開議題・報告にはいつもながら、教員の懲戒処分案件があった。

 ◆ 「『東京都公立学校の校長・副校長及び教員としての資質の向上に関する指標』の改訂について」

 「教員の体系的かつ継続的な研修を充実させていくための環境整備が急務」だとして、2016年に文科省が教育公務員特例法に「資質の向上に関する指標の策定」を加えた。それを受けて、都教委は17年に策定。

続きを読む

2020/12/1

明けない夜はない(16)<学術会議問題に対する包囲ネットの声明。戸坂潤の言葉から>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 学術会議問題について、都教委包囲首都圏ネットワークでも、遅ればせながら、11月24日に「声明」を発表しました。
 以下に貼り付け(行は多少変えています)、添付ファイルも付けます。
 その後ろに戸坂潤の論文「科学的精神とは何か」からの抜粋を二つ付けます。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ▲ <学術会議会員任命拒否に断固抗議し、国家権力による学問と教育の支配を許さない声明>

 菅政権の危険な本性が日増しにあからさまになりつつある。
 学術会議会員任命拒否は、権力の行使を究極の目的とするこの政権の本質を白日のもとにさらけ出した。
 この暴挙に断固抗議し、撤回を求める。
 学問や教育、およそすべての文化活動はそれ自身の価値に基づいて行われるべきものであり、政治権力なかんづく国家権力からは独立していなければならない。

続きを読む

2020/12/1

大阪地裁で「思想差別」判決  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 司法よ、そこに憲法と人権はあるのか!
   〜大阪「君が代」不起立「梅原再任用拒否事件」で不当判決
(レイバーネット日本)
志水博子(グループZAZA)

クリックすると元のサイズで表示します

 11月26日、秋天の中、原告をはじめ支援者は大阪地裁大法廷202に集まった。今回の裁判は、思想・良心の自由や教育の自由を問う側面よりも、労働裁判として雇用と年金の関係から裁量権の逸脱を問うものであった。そしてそれ以上に、大阪府教育委員会(以下、府教委)が「君が代」不起立者に提出を迫った、思想転向を迫る「意向確認書」が問題であった。

 教員以外の方にはわかりにくいかもしれないが、大阪府立高校の教員はすべて、府教委の指導のもとに、人権教育の一環として、就職面接等において「愛読書は何か?」「尊敬する人物は誰か?」等も含め思想をチェックし、それにより差別に繋がる違反質問には答えなくてよいと指導している。

続きを読む

2020/12/1

国立歴史民俗博物館 企画展示「性差(ジェンダー)の日本史」紹介  \増田の部屋
 ◆ 性差の日本史:遊女たちのレジスタンス!!(国立歴史民俗博物館)
クリックすると元のサイズで表示します
企画展示図録

皆様
 こんばんは。増田です。これはBCCでお知らせしています。重複・超々長文…写真をぜひご覧に入れたく…どうぞ、ご容赦を!

 先日、たいへん評判のいい件名展示を見てきました。
 千葉県の…というか東京都隣接県はみな同じでしょうけど…交通機関は東京に出ることを前提に考えられているので、県内の東西・南北の移動は大変です。電車の乗り継ぎで歴博に行こうとすると3〜4回も乗り換えなければなりません。長距離運転は、ほとんどやったことのない私…子どもたちの保育園の送り迎えのために運転免許を取得しただけなので、ほぼ、駅・保育園・家・スーパーの4点移動…子どもたちが卒園したら3点移動(笑)のみ…

 なので、車での移動を逡巡していたのですが「会期末が近づいてしまった。これ以後は混むだろうから、今しかないっ!」 と今回、決死の覚悟(笑)を致しまして、ナビを頼りに出かけました。

続きを読む
タグ: 増田都子

2020/12/1

寿都町の住民投票条例は町議会で否決されたが、町長リコールもある、来年は町長選挙もある。  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ <北海道から>核のごみ処分地応募問題 寿都町では住民投票条例否決
   〜一連の問題から見えてきた「核と共存する戦後史」の最終局面


 寿都町、神恵内村の核のごみ処分地問題は、両自治体が応募に踏み切ったことで新たな局面を迎えた。事業実施主体のNUMO(原子力発電環境整備機構)は経産省に文献調査を申請。11月17日に許可されるとその日のうちに都内の事務所で文献調査を開始した。
 核のごみをめぐって実際に調査が始まるのは史上初めてとなる。8月13日、寿都町長による応募表明から3ヶ月。そのあまりの手際の良さには、応募推進派からも戸惑いの声が上がるほどだ。今、この3ヶ月を振り返ってみると、国は2006年、高知県東洋町での応募「取り下げ」による失敗を踏まえ、10年以上かけて周到に準備を進めてきたのだということに改めて気づかされる。

 ▼ 寿都町内はじめ道内で闘い続く

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ