2021/1/16

小学校養護教諭分限免職取消訴訟第9回弁論・傍聴のお願い  Y暴走する都教委
皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。BCCで配信。重複はご容赦を。)
被処分者の会・近藤です。

 小学校養護教諭のWさんの分限免職処分取消訴訟第9回弁論が、1月19日に行なわれます。多くの傍聴・支援をお願いします。

 ★ 小学校養護教員(Wさん)分限免職取消訴訟・第9回弁論
   日時:1月19日(火)11時30分
   場所:東京地裁611号法廷
   (裁判所への行き方)地下鉄霞ヶ関A1出口。1分。

 *裁判所より。傍聴の際はマスクの着用と熱があるときには傍聴をご遠慮していただいております。

 以下、原告本人より。

 ◎ 小学校養護教諭分限免職裁判のお知らせ

 裁判長が要求した「被告作成資料一覧表」という東京都教育委員会側が主張の整理をした文章を提出しました。
 これに基づき、事実がどうかその内容を当時勤務していた状況も思い出してこちらの主張を作成しました

続きを読む

2021/1/16

千葉県教委のコロナ対策、オンライン双方向配信授業の環境は整っていない  
  《The Interschool Journal から》
 ◆ 千葉県立高校 分散登校は準備段階で止まっている
   平松けんじ


 千葉県教育委員会は、6日、緊急事態宣言発出を見据えて県立高校に対し、感染防止対策を徹底しながら学校運営を継続することや、地域や交通事情など実情を踏まえた時差登校を実施することなどを通知した。
 通知ではマスクの着用の徹底や個人で学習できる活動を中心に行い、グループ学習やペアワークは行わないこととした。

 県教委は通知の中で、学校におけるICTの積極的な活用を進めていくことや、今後対面授業と家庭でのオンライン授業を組み合わせて分散登校を実施できるよう各校に準備を進めるよう指示している。
 しかし県立高校では現時点では時差登校のみで分散登校は行われていない。この点について県教委学習指導課の担当者は「今のところは準備をしておきなさいという段階で止まっている。」と説明。

続きを読む

2021/1/16

大阪府教育長が発出した職務命令は明らかに「教育内容」に関わっている  X日の丸・君が代関連ニュース
  《大阪ネットワークニュースから》
 ◆ 府人事委員会の裁決を受けて
   奥野泰孝


 11月16日、府人事委員会から裁決書が届いた。15年の警告書付き戒告処分への不服申立てに対してである。裁決は、「府の戒告処分を承認する。」「警告書による警告の取消しを求める不服申し立てを却下する。」の2点。
 人事委員会の判断に反論はいっぱいあるが、再審請求はせず、大阪府を相手に提訴する準備をしている。反論メモを箇条書きで。

 一、人事委の判断では「教育長通達は…服務規律の確保のために、府立学校の教職員に発せられた職務上の命令であって、教職員の生徒に対して提供する教育の内容に関して発せられたものではないと考える。」となる。
 私は教育内容に関するものだと考えている。

 また人事委は「教育長は教育内容に直接関わる職務命令は出せない」と述べている。よって、この職務命令が教育内容に関わるかどうかは丁寧に考察されなければならない。

続きを読む

2021/1/16

JR7社を二段階方式で再国有化、全国1社に戻す法案  ]U格差社会
  <安全問題研究会 声明>
 ◆ JRグループ再編・再国有化のための法案を決定
   〜日本の鉄道再建のため会の総力挙げ成立目指す

クリックすると元のサイズで表示します

 安全問題研究会は、本日(1月4日)、JRグループ旅客6社と貨物会社を中心に、日本国有鉄道がかつて担っていた事業の大部分を全国1社制の新型公共企業体に統合再編するための基礎となる「日本鉄道公団法案」を決定した。法案の全文、国会議員及び一般向け逐条解説資料(*)は別に示すとおりである。

 法案は本則59条、附則5条から成っており、JR旅客6社、貨物会社の鉄道7社及びその事務事業、JRバス8社の事務事業、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有する整備新幹線財産及び同機構が特例業務勘定をもって実施している旧国鉄業務のすべてを新設する日本鉄道公団に再編統合し、全国1社に戻すことを内容としている。

続きを読む

2021/1/16

道徳を教科化させた安倍前首相が「強気でしらを切った者が勝ち」という不道徳の見本  ]平和
  《東京新聞 発言 ミラー》
 ◆ 「桜」追及これでいいの?
   無職 池田幹子 72(東京都武蔵野市)


 安倍晋三前首相が自身の金による「桜を見る会」夕食会の会費補填を「秘書がやったことで自分は知らなかった」と述べている。検察庁は「嫌疑不十分」だとして不起訴にしたが、それでは「しらを切ったが勝ち」ではないか。
 検察はなぜ、事務所や自宅の家宅捜索もせず、「嫌疑不十分」で済ませてしまったのか。疑問でならない。秘書も罰金刑で済ませたが、なぜ裁判で事件の詳細を国民の前に明らかにしないのか?約九百万円の補填は庶民感覚として多大な金額である。

 安倍氏は首相として国会で百十八回もウソの答弁をして、国費で運営されている国民のための国会の審議時間、出席する公務員の給料などの経費、全てを無駄に費やした。そればかりか、今後も前代未聞の多量の虚偽答弁の議事録訂正をどう扱うかのために、本来やらなくていい仕事を公務員に強いることとなる。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ