2021/4/30

東京都教育委員会のパワハラ体質。人権が侵害されている職場で、人権の大切さは教えられない。  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 「君が代」強制パワハラでは (東京新聞【こちら特報部】

 卒業式などの「君が代」斉唱の際、立って歌わなかったのを理由に懲戒処分を受けた東京都立字校の教員ら十五人が三月末、処分取り消しを求める集団訴訟「東京「君が代』裁判第五次訴訟」を起こした。主に問われるのは、あくまでも憲法の「思想・良心の自由」を巡る問題だ。ただ、これまで、命令に従うか処分を受けるかの二者択一を迫られ葛藤に苦しみ、多くの教師が不眠やうつに追いやられてきた事実も忘れてはいけない。力を背景に起立斉唱を迫る都教育委員会の手法は、世間一般で言う「パワハラ」ではないのか。(石井紀代美)

 ◆ 服従しないと処分が・・・教員葛藤

 「何度懲戒処分を受けても立つことができないのは、変えることができない思想、世界観があるからだ。繰り返し懲戒処分で不利益を与え続けるのは、いわば、いじめやパワハラという気がします」
 東京地裁へ「五次訴訟」が提起された三月三十一日、都内で関かれた集会で、原告団事務局長の平松真二郎弁護士はそう語った。

続きを読む

2021/4/30

リモートでも君が代斉唱を強要した東京都日野市の成人式  Y暴走する都教委
 ◆ 日野市成人式で、声を出し“君が代”歌うよう促す
   コロナ禍なのに、司会者がZOOM参加者に
(『マスコミ市民』)
永野厚男(教育ジャーナリスト)

クリックすると元のサイズで表示します
"君が代"時、新成人に尻を向け直立不動の大坪冬彦市長ら

 今年1月11日の成人式はコロナ禍ゆえ、オンライン開催とする自治体が少なくなかった。
 区画整理事業を巡る詐欺事件で、警視庁が元副市長・河内(かわち)久男容疑者(79歳)を逮捕した東京都日野市も、今年は会場の市民の森ふれあいホールには、新成人の“実行委員”数人以外は入れず、ZOOMのYouTube中継にした。
 ところが、3連休中ゆえ家族や学生寮など、多人数の“密”状態で小さいPC画面を見ている可能性もあるYouTube参加者に対し、飛沫感染の恐れがあるにもかかわらず、司会者が“君が代”を「声を出して歌う」よう促す等、不適切な進行管理を行った。

続きを読む

2021/4/30

国際通信社記者の「五輪開催は無責任」質問をスルー  ]平和
  =たんぽぽ舎です。【TMM:No4185】「メディア改革」連載第61回=
 ◆ 台本頼りの菅流記者会見は世界で通用しない
浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

 ◆ 東京新聞記者が司会の広報官から指名されたのは初めて

◎ 政府は23日夜の新型コロナウイルス対応の対策本部で、4都府県に対し、緊急事態宣言の発令を決定。菅義偉首相は4月23日午後8時から、官邸で記者会見を開いた。菅氏の官邸での会見は10回目で、3月18日に緊急事態宣言の解除で会見して以来、5週間ぶり。菅氏の会見については、フェイスブックに投稿した。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100022241222173
 菅氏は冒頭発言で、「再び多くの皆様がたにご迷惑をおかけすることになる。心からおわびを申し上げる」と述べ、深く頭を下げた。この会見で、私が注目したのは、小野日子内閣広報官が東京新聞を指名するかどうかだった。

続きを読む

2021/4/30

【ご案内】デモ・リサの新作につきまして!  ]平和
  =【ご案内】デモ・リサの新作=
 ◆ 「中国の若者たちは今!日本人から見た中国の若者たち」Part1

みなさま
 静岡の山河進です。「デモ・リサ」の新作をご案内させていただきます。今回は中国編Part 1で「日本人から見た中国の若者たち」についてです。
 ハルビン(哈爾浜)の大学でコロナの直前まで12年間教鞭を取られた元ジャーナリスト・纐纈健司さんに、中国へ行ったきっかけ、中国観の変化、あちらでの食事のこと、お薦めの場所、中国の若者について(いいところ・気になるところ)、驚いたこと、「政治」との関わり等々いろいろお話しいただきました。
 ご視聴のうえ、どうか周囲にご案内・ご拡散いただけますれば幸いです。チャンネル登録もよろしくお願いします…
m(__)m

 ※以下、所長より、新作・近作・旧作のご案内をさせていただきます!

続きを読む

2021/4/30

ミャンマーのジャーナリストは元大阪の民間人校長  ]平和
  《尾形修一の紫陽花(あじさい)通信から》
 ◆ ミャンマー情勢と日本人拘束問題
クリックすると元のサイズで表示します
(ミャンマーで拘束された北角氏)

 新型コロナウイルスによる3回目の緊急事態宣言発出が決定された。マスコミもコロナ報道一色になっている。それはやむを得ないだろうが、世界を股に掛けた報道がなかなか難しくなっている状況の中、国際情勢の報道が少なくなっていると思う。香港やミャンマー、ロシア、ベラルーシなどの情勢はもっと大きく報道されるべきだ。

 特に2月1日に軍部がクーデターを起こしたミャンマー(ビルマ)の情勢が深刻だ。当初は市民の抵抗運動が報道されたが、そのうち軍が全面に出て弾圧を繰り返すようになった。少数民族に対する空爆も行われている。デモ弾圧による死者は11日段階で700人を超えると言われる。現代に起こったとは思えない惨劇が繰り広げられている。
 さらに4月18日には日本人の拘束が明らかにされた。

続きを読む

2021/4/30

ため池周辺の森林の除染を行わなければ、いたちごっこ  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 除染したはずが
   〜福島のため池、大雨で線量上昇 なぜ?
(朝日新聞デジタル)


 10年前の原発事故では福島県内の農業用ため池が放射能に汚染された。各地で除染が進められているが、大雨の影響で線量が基準値を超え、再び除染が必要な例も出ている。近くの森林が線量上昇の一因とみられるが、国は原則として森林の除染を認めていないため、今後も「いたちごっこ」が続く恐れがある。

 県によると、県内には農業用ため池が約4千カ所あり、うち底の土が基準値(1キロあたり8千ベクレル)を超えた浜通りと中通りの27市町村にある989池が除染対象となっている。昨年末までに576池で除染を終え、いったんすべて基準を下回った

 しかし、県内に大きな被害をもたらした2019年10月の台風19号の後、異変が相次いで判明した。

続きを読む

2021/4/28

緊急事態宣言で学校はどうなる、東京都教委と大阪府教委にISJが独自取材  ]Vこども危機
  《interschool journal》
 ◆ 4都府県に3回目の緊急事態宣言
   都では「GW中、全生徒オンライン学習」

   平松けんじ
クリックすると元のサイズで表示します
東京都の小池百合子知事(23日21時過ぎ、東京・新宿の都庁内=平松けんじ撮影)

 政府は、23日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に4月25日から5月11日の間、緊急事態宣言を発出することを決定した。

 菅義偉総理大臣は、23日夜に開いた会見で「大阪、兵庫の感染者数はステージ4の中でも高い水準にあり、医療提供体制はこれまでになく厳しい状況」「東京、京都も感染者数の増加ペースが日増しに高まっており、いわゆるステージ4の水準」「特に懸念されるのは変異株の動きだ。陽性者に占める割合は大阪・兵庫で約8割、京都で約7割、東京でも約3割に上昇するなど、強い警戒が必要。」と指摘。

続きを読む

2021/4/28

明けない夜はない(43)<命綱は五輪だけのスガ政権>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 昨日(4月25日)に行われた▲ 衆参の計三つの補欠選挙で、自民が全敗した。
 主な理由は「政治と金の問題」「後手後手のコロナ対策」だ。
 スガ首相は、唯一かつ可能性がある広島に一度も応援に行くことができなかった。

 また、コロナ政策は尽く失敗
 3度目の「緊急事態宣言」を出したばかりだが、それもわずか17日間である。
 これで変異ウイルスの拡大を止めることはできないだろう。
 しかも医療崩壊状況が進行しつつある。
 一方ワクチン接種は進まず、高齢者への接種が7月末までかかると言っている。
 しかし、その時は東京五輪の真っ最中である。

 それでもスガ政権は東京五輪を強行しようとしている。
 なぜか。スガ政権の命綱は「東京五輪」以外になくなったからであろう。

続きを読む

2021/4/28

世界平和アピール七人委員会 東京五輪中止を要望  ]平和
2021 146J
◎ 今夏の東京オリンピック・パラリンピックは開催すべきでない
クリックすると元のサイズで表示します
世界平和アピール七人委員会
大石芳野 小沼通二 池内了 池辺晋一郎 高村薫 島薗進
2021年4月20日

 開会式まで100日以内になり、オリンピック・パラリンピックの日本代表選手全員の最終的な決定をすべき時期となり、聖火リレーも始まった。ところが代表選考ができていない種目では、代表を過去の成績で決めるという異例のことが起きている。
 聖火リレーでは公道でない場所で関係者だけで形ばかりを行ったことにする府県が出始めている。

 これは、新型コロナウイルス感染症COVID−19とその変異種の感染まん延が急速に広がっているためである。
 政府は、「まん延防止等重点措置」を次々に指定しているが、感染拡大に歯止めがかかっていない。政府が委嘱した専門家が科学的データに基づいて第4波到来とみているのに、政府は科学の軽視・無視を繰り返している。

続きを読む

2021/4/28

自然の中で人間の振る舞いは「傍若無生物」  ]平和
 ◆ 人間は自然の一部だ (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 たまたま、生命誌研究者・中村桂子さんの講演を聞く機会があった。
   「地球上の全生物は祖先を一つにする仲間であり人間(ヒト)もその中に含まれる」
   「現存の生物はすべて三八億年の歴史をもつ」
   「人間は生き物であり、自然の一部である」
 長い時間と多様な生き物たち。この広い視野から、わたしは自分を見直すことはなかった。「万物の霊長」などと威張り、自然を征服するなどといって、破壊してきたのが人間の歴史だ。
 微細な生き物への愛(いと)おしい視線が石牟礼道子さんの作品と重なる。

 早速、『中村桂子コレクションVかわる』を入手した。
 「傍若無生物」という言葉があった。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ