2021/4/10

都教委が上意下達で押しつける、まるで「国旗国歌のための卒業式」  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 異様な「国歌斉唱」の実態
   コロナ禍での「卒業式総括集会」を教員らが開催
(金曜アンテナ)
永尾俊彦・ルポライター

 今年の「卒業式総括集会」が3月31日に東京都内で開かれた。卒業式や入学式等での「君が代」斉唱の際に起立やピアノ伴奏をしなかったことを理由に東京都教育委員会から懲戒処分を受けた都立学校の教員らによる「被処分者の会」などの主催で、77人が参加した。
 最初に川村佐和(かわむらさわ)さん(都立美原高校教員)が今年の卒業式について「不起立や不伴奏は現時点で把握できておらず、処分された教職員がいなかったのは3回目」と報告。特徴を以下のように述べた。
 @都教委は昨年末、都立学校長に今春の卒・入学式について「通知」を行ない、感染症対策のため「歌唱は行なわない」が式次第に「国歌斉唱」と記載。歌唱入りCDを起立して聞くよう指示。「校長の職務命令に従わない場合は、服務上の責任を問われる」としていた。

2021/4/10

コロナ禍で、学校現場への強制力・国家主義色を増している東京都の卒入学式  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ コロナ禍の都立高校等の卒業・入学式
   〜都教委が通知一本で、大音量の"君が代"のCDを、国旗に向かって起立し聞かせる

永野厚男・教育ジャーナリスト

クリックすると元のサイズで表示します
"君が代"5次訴訟を提訴した現・元教職員ら
〜3月31日の卒業式総括集会で(撮影・永野厚男)

 「日の丸・君が代不当処分撤回を求める被処分者の会」が3月31日午後、東京都豊島区内で開催した卒業式総括集会を取材しました。この日の午前、東京都教育委員会の発した"君が代"不当処分(再処分を含む)の撤回を求め、15人の現・元教職員が東京地裁に5次訴訟を提訴しました。

 "君が代"関係の情報開示請求をしている都民とも連携しつつ、これらの動きを現在月刊誌に執筆すべく、更なる取材を進めています。
 月刊誌はどうしても発行が遅くなるので、『パワー・トゥ・ザ・ピープル!! パート2』の読者の皆様に、以下、現時点の取材の一部をご報告します(中間報告という感じですが・・・)。

続きを読む

2021/4/10

明けない夜はない(40)<「打ちてし止まん」の五輪強行反対行動>  X日の丸・君が代関連ニュース
クリックすると元のサイズで表示します

<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 都教委包囲首都圏ネットワークは、昨年3月「コロナ対策に名を借りた<緊急事態>反対!」の国会議員会館前座りみを4日間行った。
 その後3月末には聖火リレーは中止され、東京五輪は1年延期になった。
 その頃(3月31日)東京都は、新たに78人(1日では最多)の感染者が確認されたと発表した。

 あれから1年余り、すでに3波の感染拡大があり、現在4波に入っている。
 ▲ 感染者は本日(4月8日)東京545人、大阪905人。とても昨年の比どころではない。

 日本医師会の中川会長は、昨日、「これまでで最大の危機だ」と指摘した。
 五輪をめぐるごたごたも事欠かない。

続きを読む

2021/4/10

大政翼賛メディアの、トリチウム汚染水海洋放出と五輪聖火リレーの伝え方  ]平和
  =たんぽぽ舎です。【TMM:No4170】「メディア改革」連載第59回=
 ◆ 新聞6社が公式スポンサーの大政翼賛五輪
浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

◎ 東電福島第一原発で増え続けるトリチウムなどの放射性物質を含む水の処分方法について、菅義偉首相は7日、「近日中に判断する」と表明した。首相は官邸で全国漁業協同組合連合会の岸会長と会談後、記者団に汚染水の処理は避けて通れない課題だ」などと述べた。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210407/k10012961671000.html
 菅氏は「風評被害を最小限にする」とも述べた。
 汚染水放出による被害がなぜ「風評被害」なのか。
 7日夜のテレビ朝日「報道ステーション」で、梶原みずほ朝日新聞記者は「22年秋にタンクが一杯になる汚染水は海に流すしかない。菅首相が決断するしかない」とコメントした。
 この人がなぜ出演しているのか理解不能だ。
 FBの投稿を読んでほしい。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100022241222173

続きを読む

2021/4/10

汚染水海洋放出問題、説明する人・運用する人が国民の信用を得ているかが問題  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 《専門家解説》政府・東電に求められる“信頼”
   原発処理水・処分方法を巡る問題を進めるために
(福島テレビ)
クリックすると元のサイズで表示します

 ※ 動画あり(6:29)

 福島第一原発の処理水の処分について「政府として責任を持って処分方法を決めたい」と強調してきた菅総理と、海洋放出に反対してきた全漁連の岸会長などによる4月7日に行われたの意見交換。専門家はどのように受け止めたのか?
 処理水の処分方法を検討する政府の専門会議でメンバーを務めた、福島大学の小山良太教授に話を伺う。

* * *

 福島大学・小山良太教授:「漁業者の皆さんが反対するというのは当然だと思います。海洋に、例えば汚染水を処理してトリチウム水だけにして流す。またそれを基準値以下にする。色々な説明があるわけですけれども、

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ