2021/4/16

「自由の北園」について、OBのひろゆきや津田大介も語る、ドキュメンタリー映像作品Youtubeに公開  ]Vこども危機
  《The Interschool Journal から》
 ◆ 高校生有志が「自由の校風」問うドキュメンタリーを公開 都立北園高
   平松けんじ
クリックすると元のサイズで表示します
資料写真・都立北園高校

 都立北園高校の生徒有志が、1日、「北園現代史」と題したドキュメンタリー映像作品をYoutube上に公開し、衝撃が広がっている。
 作品では秘密裏に生徒が撮影したと思われる生徒会長候補に選挙公報を書き換えさせようとする教員たちの様子や、同校での規制強化の実態が生々しく激写されている。(映像はこちらから 1:16:37)

 同校は頭髪や服装について成文化された規則はなく、具体的に成文化された規定がある他の都立高校に比べると自由だ。
 しかし映像は、2019年に生徒部が生徒向けに配布した資料や新入生向け説明会などで学校側が髪を染めることを規制するような発言を繰り返していたことを暴露している。

続きを読む

2021/4/16

保坂区長 ワクチン冷蔵・冷凍移送問題を共同通信が全国配信  ]平和
  『保坂のぶと“せたがやYES!”ニュース』 Vol.67 2021/4/14
 ◇ 新型コロナウイルスワクチンの移送問題で保坂区長が寄稿


 野党合同「ワクチン」ヒアリングでも議論となった新型コロナウイルスワクチンの冷蔵・冷凍移送問題について、保坂区長の寄稿が共同通信を通じて全国各紙に配信されました。以下に全文掲載します。

  =視標 「高齢者ワクチン接種開始」=
 ◆ 「移送、冷蔵より冷凍 迷走した厚労省の方針」

   東京都世田谷区長 保坂展人


 東京都世田谷区では、12日から高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンの移送を巡り、厚生労働省は接種場所を増やしたいのか、解凍後のワクチンを2〜8度で冷蔵移送するための保冷バッグを各地方自治体に配布したが、製造元のファイザー冷蔵移送を推奨せず、困惑している自治体は多いのではないか。

続きを読む

2021/4/16

都立高学校司書の仕事を、業務委託から直接雇用へ、20年ぶりに転換  ]Vこども危機
 ◆ 都高教 図書館業務拡大阻止
   10校に専門員を配置
(週刊新社会)


 東京都立高等学校教職員組合(都高教)は、都立高校図書館業務の2021年度からの業務委託の拡大をやめさせ、直接雇用の非常勤職の学校図書館専門員(会計年度任用職員)を配置させました。
 都立高校では2001年に学校司書の採用が中断され、2011年に18校への学校図書館業務委託導入以降、都高教の委託廃止の訴えにも関わらず、2020年には委託校が185校中128校にまで拡大されていました。

 業務委託従事者は、委託会社の指揮命令下に置かれるため、教職員が従事者に直接業務を依頼したり、協議・相談したりすることができません
 また生徒に関する指導ができないため、学校司書のように図書委員会の活動に関われず、図書委員とともに貸出業務を行うことも「業務の混在」で「偽装請負」となり法令違反になります。

続きを読む

2021/4/16

草津町議会にセカンドレイプ行為の反省と撤回を求める「請願」  \増田の部屋
 ◆ 「セカンドレイプの町・草津」町議会への請願者になっていただけませんか

皆様 こんにちは。増田です。これはBCCで送信しています。重複、長文、ご容赦を!!
今回は「新井祥子元草津町議を支援する会」事務局としてのお願いです。

 添付、北原みのりさんの『世界』記事「議場でのセカンドレイプは何を見せたか 草津町議会リコール事件」にありますように…北原さんから使用許可をいただきましたので転送・転載、大歓迎!…新井祥子元草津町議に対して草津町長&町議会はセカンドレイプとしか言いようのない仕打ちをしています。

 それに対して、せめてもできることとして、添付●請願書を6月議会に出すことを計画しました。公に名前の出る代表請願者には私がなりますその他の請願者裏面の別紙に名前を記載した方たちで「その他 別紙 〇名」ということになります。


続きを読む
タグ: 増田都子

2021/4/16

通訳など学生ボランティアの若者たちが、「入管法改悪」反対署名活動  ]平和
 ◆ 外国人差別・人権侵害を加速する「入管法改悪」
   〜若者たちが反対署名提出
(レイバーネット日本)
クリックすると元のサイズで表示します

 ※ 動画(若者の思い・8分50秒)
 ※ 動画(指宿弁護士の解説・17分)

 今国会に上程されている「入管法改正案」は、難民申請者の強制送還を可能にするものである。
 来週にも衆院法務委員会で本格審議がはじまる状況だが、これに危機感をいだいた学生や若者たちはオンライン署名40,348筆を集め、4月14日に入管庁に提出した。

 署名提出に先立って院内集会・記者会見が参院議員会館で開かれた。
 まず驚くのは、20代の若者ばかり。ほとんどが大学生で、その大多数は女性だった。手に手に「難民を犯罪者扱いするな」「刑罰ではなく生存権を」「入管法改正案反対!」のプラカードを持っていた。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ