2021/4/20

正当な意見表明権を行使していた高校生を、罪をでっち上げて警察に売り渡した副校長が目黒九中に留任!?  Y暴走する都教委
  《日本自治委員会機関誌『校民日報』から》
 ◆ 【都教員人事】高橋秀一まさかの留任
   「適法」強弁の区教委幹部も昇進

クリックすると元のサイズで表示します
高橋秀一副校長(校民防衛隊撮影)

 ビラを配っていただけの高校生を執拗に追い回し、わざとぶつかって私人逮捕したことで有名な高橋秀一氏が2021年度も目黒区立第九中学校副校長に留任していることがわかりました。

 東京都教育委員会が、1日発表した教職員人事によりますと、片柳博文校長と高橋副校長の異動は発令されておらず、また後任者の記載もなかったことから、片柳・高橋両正副校長が2021年度も同職に留任していることが判明しました。

 ◆ 「適法」強弁の区教委幹部は昇進

 さらに目黒九中事件での高橋副校長の言動を「適法」と強弁した片山順也目黒区教育委員会統括指導主事(副校長級)は、1日付で練馬区立上石神井小学校長に昇進

続きを読む

2021/4/20

明けない夜はない(42)<大局を見ず対米従属に突き進むスガ政権>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 筆者は、3月24日の「明けない夜はない(38)▲ <コロナ禍で急速に激化する世界情勢>」で、次のように書いた。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 バイデンは国内の危機を外に向けるべく、急速に対中国包囲網の建設に力を入れることになった。
 そして日欧も同様の理由から米と足並みをそろえることになった。
 それが、この間の日米豪印のQUAD(3月12日)(NATOのインド・太平洋版ともいわれる)であり、日米の2プラス2(3月16日)であった。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この延長線上に4月16日、日米首脳会談が開かれ「共同声明」が出された。
 ここでは、第一に、「今日、日本と米国は、インド太平洋地域。そして世界全体の平和と安全の礎となった日米同盟を新たにする」と述べ、「日米同盟」が新たな段階になったことを明らかにした。

続きを読む

2021/4/20

日米首脳会談に臨んだのは、外交に強いとかじゃなく、スガの茶坊主たち  ]平和
 ◆ <日米首脳会談、日本は最悪のメンツ!>
   投稿者 赤かぶ (★阿修羅♪掲示板)
クリックすると元のサイズで表示します
「ワロタw こんな面子でアメリカとwww」

○外務省Twitter
 日米首脳会談
 現地時間16日午後13時40分(日本時間午前2時40分)から、ワシントンDC訪問中の菅義偉内閣総理大臣は、ジョセフ・バイデン米国大統領と日米首脳会談を行いました。
https://mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page1_000951.html

続きを読む

2021/4/20

子どもを使って「やってる感」を出すのはいい加減にして欲しい  ]Vこども危機
 ◆ なぜ部活動を止めるのか (東京新聞【本音のコラム】)
前川喜平(まえかわきへい・現代教育行政研究会代表)

 部活動の休止で新型コロナの感染拡大が止められるとは到底思えない。
 大阪の学校は三月二十五日から四月七日まで春休みだった。大阪の感染者は休み中も休み明けも増え続けた。学校を休みにしても、感染拡大を止める効果はないということだ。いわんや部活動だけ休止しても、その効果はほぼゼロだろう。

 大阪では修学旅行や遠足も延期か中止にするという。なぜ子どもにばかり我慢を強いるのか
 プロスポーツは観客を集めている。スポーツジムは営業を続けている。子どもに厳しく大人に甘いのはどういうわけだ。
 吉村知事は「子どもを感染から守る」と言う。ならばまず大人の活動を抑制して、大人が家庭や学校にウイルスを持ち込まないようにするべきだ。

続きを読む

2021/4/20

「処理水」なるものの8割は「ALPS不完全処理水」(放射性核種が残っている汚染水)  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 議論再燃。「処理水海洋放出」は何がまずいのか?
   科学的ファクトに基づき論点を整理する
(ハーバー・ビジネス・オンライン)
<文/牧田寛>

クリックすると元のサイズで表示します
東京電力福島第1原子力発電所の敷地内に立ち並ぶ放射能汚染水をためるタンク(時事通信社)

 ▼ 再燃した「トリチウム水海洋放出」問題

 筆者は、本サイトにてちょうど1年前に、『東京電力「トリチウム水海洋放出問題」は何がまずいのか? その論点を整理する』と題して、福島第一原子力発電所において増加の一方である「トリチウム水」について解説しました。この記事はたいへんな反響を得て執筆者冥利に尽きるものでしたが、今年9月10日から新たな書き下ろし記事かと見紛うばかりに再び注目を集めています。

 (中略)

 なお本連載は、文理共通で高校卒業程度の知識と理解力で読解できるようにしていますが、一部大学の共通教育程度の力を必要とします。

続きを読む

2021/4/20

フクシマ原発汚染水 日本政府による海洋放出へ海外から批判  ]Xフクシマ原発震災
  【脱原発世界ニュース2021 vol.8】
 ▼ 国連、処理水放出に「深い憂慮」 福島原発で特別報告者(共同通信 4月16日)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6979577576c3d5a248d49fcd7b4ce77f236cf650

 【ジュネーブ共同】国連のボイド特別報告者(人権と環境担当)らは15日、日本政府による東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定に「深い憂慮」を表明した。
 ボイド氏らは「汚染された水が海洋に放出されることで、日本国内外の人々の人権を無視できない危険にさらすことになる」と批判。
 「海洋放出以外の選択肢もあると専門家は指摘しており、今回の決定には失望させられた」としている。

 処理水に含まれる放射性物質トリチウムについて「今後100年以上にわたり、人間や環境を危険にさらす可能性がある」と懸念。
 日本政府に「海洋環境を保護するなどの国際的な義務の順守」を求めた。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ