2021/5/4

練馬区立小学校養護教諭分限免職取消訴訟第11回口頭弁論傍聴案内  Y暴走する都教委
 ◆ 小学校養護教諭分限免職裁判のお知らせ

裁判の傍聴に来て下さりありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

 ☆ 次回:令和3年6月8日(火)611法廷 10:00〜

 *指導力不足教員研修中に行った1月の保健の授業(研修最後の授業:給食の時の正しい姿勢のあり方)と評議会の逐語録を東京都教育委員会が提出に応じました。

 これは授業評議会(授業がどうだったか研修センターの職員や校長が感想をいう会議)の内容を研修センターが録音された音声やビデオをパソコンで再生して、イヤホンから聴き取り文章におこしたものです。
 開示を請求したのは1月の授業のみでしたが、研修をちゃんと受けた証拠として全ての授業とその評議会の逐語録の開示の請求もしました。

続きを読む

2021/5/4

あるくラジオ第16回「君が代不起立を貫いてー根津公子さんに聞く」  X日の丸・君が代関連ニュース
 佐々木です。あるくラジオ第16回のご案内です。
 今回のゲストは、元中学校教員の根津公子さんです。
 「君が代」不起立のこと、裁判のこと、教育をめぐるさまざまなお話を伺う予定です。
 ぜひお聴きください。

 ◆ あるくラジオ第16回放送「君が代不起立を貫いてー根津公子さんに聞く」
   2021年5月8日(土)午後2時〜3時
   以下のサイトから配信します。

https://aruku-radio.jimdofree.com/

 ◆ ゲスト 根津公子さん(元中学校教員)
 ◆ パーソナリティー=しまひでひろ/ささきゆみ


 今回は今年の2月、「君が代」裁判で勝利判決が確定した元教員の根津公子さんをゲストにお迎えします。
 根津さんはたった40秒の不起立で、6ヶ月間賃金無し、授業もできないという過酷な停職処分を三度も受けました。免職の危機は何回もありました。
 にもかかわらず、根津さんはなぜ不起立を続けたのか。その思いを伺います。

続きを読む

2021/5/4

日本学術会議の総会を控え、任命拒否を撤回させる署名にご協力ください。  ]平和
 ◎ 学術会議会員の「任命拒否」撤回署名62,643筆。政府「在り方」の結論を延期。さあ、追い詰めよう。さらなるご協力を
   Yoshinobu Masuda 日本・東京都
   2021年5月2日
クリックすると元のサイズで表示します
内閣府に署名を提出する前の左から井原・増田・小寺の3人

◎ さらに賛同を集めましょう

 増田善信と申します。私はChange.orgを使って学術会議会員の「任命拒否」撤回の署名を60,020人分と自筆署名1,753人分、合計61,773人分を4月19日に内閣府に提出しました。
 その前に文部科学省記者会見場で記者会見を行いました。その時の録画を、チェンジ・ドット・オーグさんがつくってくださいました。

 ※ その短いバーション(約2分30秒)のURLはこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=3QAptRtEFJE

 ※ 全文のバージョン(約1時間)はこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=SZIAlgkaoV4

続きを読む

2021/5/4

朝日新聞の“五輪とコロナ”「社説」を読んでガッカリした  ]平和
  たんぽぽ舎です。【TMM:No4187】
 ◆ 東京2020オフィシャルパートナーだからか朝日新聞のアリバイ的社説に違和感
   「聖火」リレーや東京2020組織委員会主催のテストイベントをなぜ問題にしないのか!

 渥美昌純(東京にオリンピックはいらないネット)


 知りあいから「4月23日の朝日新聞オピニオン欄の社説として『五輪とコロナ これで開催できるのか』という記事が出た、読んでみろ」という連絡を受けた。
 コンビニで150円を払って朝日新聞を買って読んでガッカリした。
 東京都の3度目の緊急事態宣言が出ることになった。新型コロナの猛威は収まる気配がない。
 こんな状態で五輪・パラリンピックを開催できるのか。具体的なプランを客観データとともに説明しなければ、一般の人の納得が得られない。
 開催の可否や開く場合の態様を誰がいつ判断するのか。速やかに明らかにしろ。
 五輪のために人の生命・健康を犠牲にすることはできない。
 私が要約するとこんな中身である。

続きを読む

2021/5/4

「政治の優位」と「政治家の優位」は似て非なるものである  ]平和
 ◆ 官僚の変化に潜むもの (東京新聞【時代を読む】)
   宇野重規(東大教授)


 政府が今の通常国会に提出した法案にミスが続出している。
 三月二十五日に加藤勝信官房長官が国会に報告したところでは、政府提出法案のうち、実に法案二十三本と条約一本に文言の誤りがあったという。
 菅義偉首相が特に力を入れているデジタル改革関連法案も、関連資料に四十五カ所の誤記があり、正誤表にまで間違いがあったというから、もはや笑い話にもならない。
 何か異常な事態が政府の中で起きているのではないか。

 国家公務員の志望者数も減少している。
 人事院の発表によれば、二〇二一年度の採用試験で、中央省庁の幹部候補となる総合職の申込者は前年度と比べて14・5%も減少した。
 総合職試験を導入して以降で最少であり、しかも減少は五年続きで、減少率も過去最大である。

続きを読む

2021/5/4

トリチウム汚染水をトリチウム処理水と言い換える「科学」の政治利用を見逃してはいけない  ]Xフクシマ原発震災
  《コラム 現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ニューズウィーク日本版)》
 ▼ 原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞
クリックすると元のサイズで表示します
破綻の象徴──福島第一原発の敷地に作られた処理水用のタンク。
来年には満杯になる見通し(写真は2019年2月) Issei Kato-REUTERS

 <「希釈すれば平気」とか「海外でもやっている」という嘘もさることながら、既成事実をつくって反対や疑念の声を押しつぶすやり口をはこれ以上許してはならない>

 4月13日、日本政府は、福島第一原発の冷却に使われていたトリチウムなどが含まれる汚染水を、貯蔵タンクの容量が限界に達しつつあるとして、再処理したうえで海洋放出することを決定した。しかしこの決定は国内外に波紋を広げている。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ