2021/9/4

2021年敗戦記念日「平和をねがう中央区民の戦争展」の講演会から  ]平和
 ◆ 加藤圭木が解説する「日韓歴史問題」 (多面体F)
クリックすると元のサイズで表示します

 8月15日の敗戦記念日前後に平和をテーマにした展示や講演会が各地で行われた。23区では文京、港、大田、新宿、江東などさまざまな区で行われたが、中央区でも8月14・15日に「平和をねがう中央区民の戦争展」(主催:平和をねがう中央区民の戦争展実行委員会)が開催され、2つの講演会、DVD鑑賞、展示など各種企画が実行された。
 わたしは14日(土)午後の「日韓歴史問題を考える――植民地支配の実態から」を聞いたので報告したい。

 講師は加藤圭木(けいき)さん(一橋大学大学院社会学研究科准教授)、内容は徴用工問題、「慰安婦」問題、「解決済み」といえない理由、1930年代以前の近代の日朝問題など多岐にわたった。それを70分で概要を説明しようとするのだから、濃縮されていた。

続きを読む

2021/9/4

大阪府中学生統一テスト「チャレンジテスト」で濃厚接触の生徒も登校させて受けさせる?!  ]Vこども危機
◎ 濃厚接触の生徒も登校させてチャレンジテストを受けさせる?!

 ◆ 問題の概要
 文科省、並びに大阪府教育委員会は、コロナ感染者ならびに濃厚接触者は「出席停止」とする方針をすでに明らからにしています。
 ところが、吹田市教育委員会は、「濃厚接触者であってもいくつかの条件が整えば、登校しチャレンジテストを受けることはできる」と回答し、大阪府教育委員会は、市町村教育委員会がそのように決定することになんら問題はないと回答しました。

 ◆ 事実経過
 ・8月29日
 吹田市教育委員会が、同市立中学校に対し、「チャレンジテストは、予定通り9月2日に実施する。その際、『濃厚接触者にあたる生徒に、別室を用意するなどして学校でチャレンジテストが受けられるように配慮すること』」と連絡しているとの情報を入手した。
 さらに「今秋に出る府立高校の受験の規定でも、そのような対応をする旨の要項が発出される」「教職員は、ワクチンを接種している」と言明している旨の情報も入手した。

続きを読む

2021/9/4

8月25日、8道県に緊急事態宣伝でスガ首相記者会見  ]平和
  =たんぽぽ舎です。【TMM:No4281】【TMM:No4282】「メディア改革」連載第73回=
 ◆ 「横浜市長選の惨敗」についても誰も聞かなかった
浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

 ◆ 菅首相が8道県に緊急事態宣伝で記者会見

◎ NHK総合テレビの「ニュース7」や「ニュースウオッチ9」枠を40分以上も乗っ取って行われる菅義偉首相の記者会見の視聴率が報道されたことはない。私の周辺の市民は「まともに答えないし、自己正当化で同じことしか言わないから見たくない」という人が多い。
 政府は8月25日、北海道、愛知などの8道県に「緊急事態宣言」、高知など4県に「まん延防止等重点措置」を追加すると決め、菅首相は午後9時から官邸で記者会見(17回目)を開いた。会見の動画と文字記録は官邸HPにアップされている。https://www.kantei.go.jp/
 菅氏の顔や声に接するのは苦痛だが、この会見をNHK中継とネット動画で視聴し、25日夜、FBに感想を投稿した。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100022241222173

続きを読む

2021/9/4

沖縄戦はそもそも「沖縄の土地や沖縄県の住民を守る」ための戦争ではなかった  ]平和
  《子どもと教科書全国ネット21ニュースから》
 ◆ 8月15日に沖縄戦は終わらなかった
   〜第32軍司令部壕跡を平和・歴史学習の場に

元東京都公立学校小学校教員 牛島貞満(うしじまさだみつ)

 ◆ 開会式のディレクター解任劇であらわになった日本の歴史認識

 様々なトラブルを引き起こし、コロナ禍での東京オリンピック開催の是非についても耳を貸さなかった大会組織委員会が、開会式の前日7月22日、開閉会式のディレクターを務める小林賢太郎氏(48)を解任した。
 ナチスによるホロコーストを揶揄する「お笑いコント」がその理由だが、機敏に国際世論に反応したのは、小林氏の役職留任のまま開会式を強行できないと判断したにすぎない。
 日本の政治と文化を「代表している」と自負する人々の歴史認識人権意識が、いかに国際標準からかけ離れているかを露呈したのだった。

続きを読む

2021/9/4

DHC TV『ニュース女子』一審判決/辛淑玉さん勝訴  ]平和
 ◆ 「ニュース女子」DHCテレビに550万円賠償命令
   沖縄の基地抗議への名誉毀損
(琉球新報)


 沖縄県東村高江周辺のヘリコプター発着場(ヘリパッド)建設への抗議行動を取り上げた番組「ニュース女子」で、名誉を毀損(きそん)されたとして、ヘイトスピーチ反対団体の辛淑玉共同代表が、制作会社のDHCテレビジョンなどを相手に起こした損害賠償請求訴訟の判決で、東京地裁(大嶋洋志裁判長)は1日、名誉毀損を認め、制作会社に550万円の支払いを命じた

 【検証】辺野古抗議は「プロ市民」?
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-280557.html
 東京地裁は、賠償金の支払いのほか、DHCテレビジョンのウェブサイトへの謝罪広告の掲載も命じた。

 判決では、被告側のDHCテレビジョンが制作し、「ニュース女子」の中で放送した番組の内容について、「真実と信じるについて相当の理由があったとは言えない」と判示。「放送したことは原告の名誉を毀損するもの」で「不法行為責任を免れないといわざるを得ない」とした。

続きを読む

2021/9/4

原発事故処理水海洋放出「風評被害対策」について、県内関係者に説明  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 海洋放出への波紋 政府の風評対策に懸念・注文相次ぐ〈福島県〉 (テレビユー福島)

 福島第一原発にたまり続ける処理水をめぐり、当面の風評被害対策をまとめたことなどを受け、政府と東電は28日、県内の関係者に説明しました。
 会議では、透明性実行性を確保するよう求める意見が相次ぎました。
 福島第一原発の処理水について、政府は再来年の春をめどに、海に放出する方針です。

 28日政府は当面の対策について、関係者にオンラインで説明し意見を聞きました。
 ○ JA福島中央会・菅野孝志会長
 「今回政府の拙速な海洋放出の決定によりまして福島県はもとより、国内外におきまして処理水に対する疑念が拡大している
 菅野会長はこのように話し、国民目線で情報発信するよう求めました。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ