2021/9/28

練馬区立小学校養護教諭分限免職取消訴訟第13回口頭弁論傍聴案内  Y暴走する都教委
 ◆ 小学校養護教諭分限免職裁判のお知らせ
クリックすると元のサイズで表示します

 ☆ 次回の日程 : 10月12日火曜日 13時15分〜 611法廷

 裁判の現状 : 裁判所は証人尋問に校長は許可しましたが、原告側としてはその他、指導力不足教員研修中に私の担当であった研修センターのT教授、審査委員会委員長の2名を尋問の対象とその必要性を提出しました。副校長は必要ないことを付け加えました。

 研修の結果、指導が改善されなかったと判定をした中に専門的知識を要する人の意見が必要であったのにその痕跡がないことや、本人の意見を聞いていなかったことも違法として弁護士の先生が提出して下さいました。

続きを読む

2021/9/28

GIGAスクール構想で配られた端末がいじめの温床になった  ]Vこども危機
 ◆ GlGAスクール構想で犠牲者
   1人1台の端末でいじめ自殺
(電磁波研会報)


 東京都町田市立小学校に通っていた6年生の女子児童が2020年11月、「いじめを受けていた」などのメモを残し、自殺していたことが今年9月に報道されました。国の「GIGAスクール構想」によって、全国の小中学生の児童生徒に1人1台配られていた端末がいじめに使われておりGIGAスクール構想の犠牲者と言えます。

 自殺した児童の学校の校長は、日本のICT教育推進の旗振り役として知られ、文部科学省の各種委員を務めてきました。
 「あえてルールを設けず、子供の自主性に任せて、失敗のなかで学ばせる」というこの校長の方針のもと、同校で配布された端末(クロームブック)は、時間制限なくゲームし放題、YouTube見放題でした。

続きを読む

2021/9/28

グローバル人材育成の手段に貶められた高校国語教科書  ]Vこども危機
  《子どもと教科書全国ネット21ニュースから》
 ◆ 高校国語教科書の特徴と学習指導要領の問題を検討して
   〜高校生に言語能力を高める教科書を

小池由美子(こいけゆみこ・上田女子短大教員)

 ◆ 改定学習指導要領と新しい教科書

 2018年3月に「高等学校学習指導要領」が告示された。戦後培ってきた高校国語教育の大転換を迫る内容である。
 特徴は必修科目に「現代の国語」と「言語文化」の新設、選択科目に「論理国語」「文学国語」「古典探究」の新設がある。

 端的に述べると高校国語の目的が、「改正」教育基本法に基づく愛国心・伝統文化の涵養と、OECD型の資質・能力育成に取って代わられた。
 2021年度に採択される教科書は、必修科目の「現代の国語」「言語文化」である。

続きを読む

2021/9/28

自由民権運動の結晶「五日市憲法を歩く」東京全労協学習交流会の感想  \増田の部屋
 ◆ 東京全労協学習交流会「五日市憲法を歩く」に参加して
クリックすると元のサイズで表示します

 9月4日(土)東京全労協毎年恒例の学習交流会に参加しました。今年はコロナ禍で中止も検討されたらしいですが「でも、やろう!」ということになったそうで、とてもありがたかったです。

 というのは、以前から「一度、『1881年作成、基本的人権保障の五日市憲法』の現場に行きたいなぁ」とは思っていたのですが、なにしろ、あきる野市武蔵五日市駅に拙宅から行くには、バスを入れれば4〜5回、乗り換えなければならず、片道3時間くらいはかかるので躊躇し続けて幾星霜(笑)今に至り…

 ということで、御案内が来た時には「これは行くしかない!」と…。小雨降る中、午前10時、武蔵五日市駅に集合、参加者は15人くらいかな…先ず、駅から徒歩5分くらいのところにある、五日市憲法草案起草者の千葉卓三郎が教えていた勧能学校跡地に。

続きを読む
タグ: 増田都子

2021/9/28

核戦争も原発も、人類とは共存できないことを世界に発信する、名誉ある第一歩  ]平和
  《月刊救援から》
 ◆ 「黒い雨」訴訟の経過と判決の歴史的意義を考える


 ◆ 経過

 一九四五年八月六日に原爆か投下された後、広島市とその周辺地域に黒い雨滴を含む「黒い雨」が降った。原爆投下時から夕方まで広島市とその周辺に降った雨を白い雨も黒い雨も「黒い雨」と呼ぶ。
 七○年後の二〇一五年、「黒い雨」を経験した八四人か広島地方裁判所に広島県、広島市を相手に、原爆被爆者救済法第一条第三項に規定されている「原爆投下時または原爆投下後の原爆投下による「被爆者」(以下「被爆者」とする)として認定せよ」として訴えたのが「黒い雨訴訟」である。

 訴訟は二二回の口頭弁論を経て昨年七月九日、広島地方裁倒所原告全員を「被爆者」と認定した。これに対して国(厚労省)は「被告区域拡大にむけての再検証をする」として一億五千万円を計上して「検討会」を立ち上げ、市・県を説き伏せ、控訴期限ぎりぎりに両者は控訴を決定したのである。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ