2022/4/30

処分撤回を求めて(533)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。(転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤徹です。

 ◆ 憲法が生きる教育のために「君が代」処分撤回を求めて
   〜東京「君が代」裁判五次訴訟第4回弁論の報告


 サンフランシスコ講和条約で沖縄、奄美諸島が日本から切り離された「屈辱の日」から丁度70年の4月28日、東京「君が代」裁判五次訴訟第4回弁論が東京地裁で行なわました。
 「日の丸・君が代」を強制する東京都教委の10・23通達(2003年)に基づく不当処分撤回を求めて闘い続けて18年6月余。憲法で保障された思想・良心の自由、教育の自由を守り、教育に生かすために絶対に譲ることが出来ない闘いです。

 1〜4次の訴訟を受け継ぎ、完全勝訴を目指す原告15名(都立学校現・元教員 内現職7名)の大型訴訟で、都教委と係争中の東京で唯一の「君が代」訴訟です。

続きを読む

2022/4/30

東京「君が代」裁判・第五次訴訟/第四回口頭弁論原告側意見陳述要旨A日本人らしさの画一化  X日の丸・君が代関連ニュース
  【五次訴訟/第四回口頭弁論原告側意見陳述から】
 ◆ 原告 鈴木 毅 意見陳述要旨
   (2022年4月28日 東京地裁709号法廷)


 原告の鈴木たけしです。私は「10・23通達」発出直後の2004年に卒業式での「君が代」不起立による戒告処分を受けて以来、これまで4回の懲戒処分を受けてきました。そのうち、減給処分1件が2015年1月の三次訴訟判決で取り消されましたが、3ヶ月後に再処分を受けています。
 本日は、なぜ私がくりかえし処分を受けてきたのかということについて、述べさせていただきます。

 私が教師となって4年目の1989年。学習指導要領が改訂され、国旗国歌に関する条項の文言が「入学式、卒業式などにおいては、その意義を踏まえ、国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導するものとする」に変えられました。
 そして各学校は、都教委から「日の丸」掲揚を徹底するよう求められるようになりました。
 当時の卒入学式は、職員会議で十分に議論され、合意に至った内容で実施されていました。

続きを読む

2022/4/30

東京「君が代」裁判・第五次訴訟/第四回口頭弁論原告側意見陳述要旨@再処分の不当性  X日の丸・君が代関連ニュース
  【五次訴訟/第四回口頭弁論原告側意見陳述から】
 ◆ 原告 秋田 清 意見陳述要旨
   (2022年4月28日 東京地裁709号法廷)


 秋田清と申します。私が今ここにいるのは、もとはといえば2003年度と2005年度の2回の卒業式の国歌斉唱時に、それぞれ40秒間程度、ただ静かに座っていたことに起因します。
 このことで2004年に戒告処分、2006年に十分の一・1箇月の減給処分、そしてその2度目の処分が最高裁判所の判断で取り消された後、2013年12月に再度の戒告処分を受けました。
 今回、この再度出された戒告処分、所謂「再処分」にっいて撤回を求めています。
 それはこの処分が明らかに「二重罰」であり、不合理だと思うからです。

 私はこの再処分の決定過程を知りたいと思い、2014年7月に情報開示請求をしましたが、「開示することにより処分原案の作成過程が明らかになり、東京都教育委員会が行う人事管理の事務に関し、公正かつ適正な事務の遂行に支障が生じるおそれがあるため」との理由で、審議内容については全く開示してもらえませんでした。

続きを読む

2022/4/30

子どもに「教育への権利」を!大阪教育研究会 大阪市教委への要望書  ]Vこども危機
2022年4月28日
 大阪市長 松井一郎 様
 大阪市教育長 多田勝哉 様

◎ 大阪市の教育・教育行政に関わる要望書

子どもに「教育への権利」を!大阪教育研究会

クリックすると元のサイズで表示します

 この10年間、大阪市の教育行政においては、市長―教育委員会―区長―校長といった上意下達体制が強化され、教育委員会の行政からの独立性・主体性が失われています。

 そうした下で、教育現場において、全国学力テストはもとより、チャレンジテスト、経年テストの実施等競争主義的な「『学力』テスト体制」・「学力」至上体制が強化され、授業も学テ対策が中心とならざるを得ず、子どもたちの成績如何で教員も人事評価されるといった事態になっています。
 学校選択制、学校統廃合がこの体制に拍車をかけています。
 コロナ禍とも重なった、「学力」至上、学テ中心の学校生活が、大阪市の全国一の不登校率と無縁だと言い切れるでしょうか。

続きを読む

2022/4/30

ベトナム・アフガン・イラク等で戦争犯罪の張本人アメリカが、今プーチンの戦争犯罪を非難できるのか  ]平和
 ◆ チョムスキーの心頭を突く発言
   動画「ウクライナ戦争とアメリカの巨大な欺瞞」を見る

牧子嘉丸 (レイバーネット日本会員)

クリックすると元のサイズで表示します
ノーム・チョムスキー動画(1時間2分)

 この動画を見てすぐに思い出したのは、ロシア映画の話題作「親愛なる同志たちへ」である。
 これは1962年スターリン亡き後の冷戦下のソ連で起こった「ノボチェルカッスク事件」を女性の視点で描いた作品である。ウクライナに近いロシア南部ノボチェルカッスクの機関車工場で発生した労働者のストライキに端を発したこの弾圧事件は、ソ連崩壊までの30年間隠蔽され続けてきた。

 84歳のアンドレイ・コンチャフスキー監督はソ連邦最大の労働者蜂起の悲劇を掘り起こして、歴史の真実と祖国への愛憎を映像で表現し記録した。
 私がチョムスキーの動画を見て、この作品を思いうかべたのは、何より自国の歴史に真摯に向き合う姿勢が共通しているからだ。

続きを読む

2022/4/30

「地域を返せ、生業を返せ!福島原発訴訟(生業訴訟)」最高裁弁論。  ]Xフクシマ原発震災
  たんぽぽ舎【TMM:No4467】2022年4月26日
 ▼ 4/25最高裁生業裁判の傍聴に参加
   〜4人の裁判官は原告のお話を身を乗り出して聴いていた

菊地輝子(たんぽぽ舎ボランティア)

 皆様 日々の活動に感謝します。
 4月15日は原発避難者千葉訴訟最高裁弁論の集会に参加しました。20の傍聴席に100人の方が応募。模擬裁判、報告会は大盛況で立ち見が出るほど。
 22日は、群馬訴訟で、傍聴希望は126名の方、DVD放映と報告会、原告の方の感動的なお話がありました。

 4月25日は生業裁判で、11時から大勢の方が九州から関西、群馬他から参加してくれました。
 私は傍聴券に当たる気がしていたら本当に当たりました。石造りのお金をかけた要塞のような最高裁に初めて入りました。
 4人の裁判官は原告のお話を身を乗り出して聴いていました。

続きを読む

2022/4/28

日本会議や自民党政権に与する側の教育への政治介入のやり方  
  =映画紹介「教育と愛国」(斉加尚代監督)=
 ◆ ここまで来た「教育」への政治介入〜5月13日から全国公開 (レイバーネット日本)
根津公子(「君が代不起立」教員)

クリックすると元のサイズで表示します
*写真 (C)2022映画「教育と愛国」製作委員会

 「子どもが主体」であるはずの学校教育が、21世紀に入って急速に政治利用のための学校教育になってしまったことを、映画は明確に示している。
 その象徴的出来事が、育鵬社の中学校歴史教科書の登場だった。

 同書を執筆した伊藤隆・東大名誉教授は、「ちゃんとした日本人をつくる=左翼ではない」が執筆の目標で、歴史から何を学ぶかの質問については「学ぶ必要はない」という。
 そして安倍政権を高く評価する伊藤教授は、「最終的には憲法改正」をしてほしかったが、それが「できなかったのは残念」とまで言い切る。

続きを読む

2022/4/28

「職務命令」が「合理的配慮」よりも優先する教育現場  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 「合理的配慮」無視の「君が代」処分撤回裁判の報告 (グループZAZA)
クリックすると元のサイズで表示します

 大阪府の「合理的配慮」無視の「君が代」処分撤回裁判原告の奥野泰孝です。
 裁判の正式名称は「令和3年(行ウ)第47号戒告処分等請求事件」です。
 4月18日(月)11:30〜11:55頃まで、第5期日がありました。
 支援者の方々が傍聴席は入れないほど来てくださり感謝でした。(後の報告集会にも多くの支援者が来てくださいました。)
 裁判長が、横田昌紀裁判長に代わりました。法廷はいつもより長く20分ほどかかったと思います。

 ★ 新しい裁判長は、原告の訴えを大きく二つに整理し確認しました(ことばを覚えていなくて内容の記憶なのですが)。
 @不当な処分なので取り消して損害賠償をすること
 A処分の時に出された免職警告書は違法であるので取り消すこと。

続きを読む

2022/4/28

イラク戦争とウクライナ戦争で報道の差があったのは歴然たる事実  ]平和
  《月刊救援から》
 ◆ 戦争と原発−ロシア軍のウクライナ侵攻をめぐって
   山本義隆


 新聞では、プーチン指揮するロシア軍のウクライナ軍事侵攻について、連日大きく報道されています。
 ウクライナの市民の生命と生活が危機にさらされ、家屋が破壊され財産に多大な被害がもたらされていることを詳細に報道し、言うならば人道的観点からロシアの軍事行動を厳しく批判しています。
 プーチンからしてみれば、対ロシアの軍事同盟であるNATO(北太西洋条約機構)の拡大が認められなかったのでしょうが、しかし軍事大国が小国に軍隊をさしむけ軍事侵攻すること、そして市民に被害がもたらされることは、もちろん許し難いことであると考えております。
 日本やヨーロッパにおいて市民から挙げられている戦争反対の表明、プーチン・ロシアの軍事行動糾弾については、強く支持したいと思っています。いずれにせよ、一刻もはやく止めさせなければなりません。

続きを読む

2022/4/28

言い換えて「偽装」、「防衛省」も「反撃省」に名称変更?  ]平和
 ◆ 「防衛」から「反撃」へ (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 退却転戦と言い換えたのは日本帝国陸軍の作戦だった。
 敗戦終戦とした政府も、負けを認めたくない負け惜しみ。そのころ、ブラジル移民の間には、故国の敗戦を認めない「勝ち組」というのがあったそうだ。
 原発事故はアンダーコントロール。十一年たっても続くウソだ。
 侵略を「軍事行動」ど言い抜けたのも罪が大きい。「赤ずきんちゃん」のおばあさんを食べた、狼(おおかみ)のような狡猾(こうかつ)な偽装だ。

 さて、自民党の安全保障調査会(会長=小野寺五典元防衛相)は、敵国の「敵基地攻撃能力」の保有を検討すると決定した。つまりは弾道ミサイルの基地をミサイルで反撃する方針で「指揮統制機能等も含む」。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ