2022/5/22

国旗国歌起立斉唱命令は、自由制限の国際基準を満たしていないことを訴えた、UPR審査NGOレポート  X日の丸・君が代関連ニュース
 東京・教育の自由裁判をすすめる会の国際人権プロジェクトチームは今秋に予定されている国連人権理事会のUPR審査に提出するレポートを検討しまとめました。厳しい字数制限があって意を尽くせない感もありますが、これを英文に訳し、国際人権活動日本委員会を通じて提出します。

  =『リベルテ』から=
◎ UPRレポート:東京の公立学校における国旗国歌の強制問題(和文)

東京・教育の自由裁判をすすめる会 国際人権プロジェクトチーム

 A,事実関係と問題点

 [都教委による起立斉唱命令と処分]

 1.2003年以来、東京都教育委員会は卒業式などの行事において、国旗掲揚時に起立し国歌を斉唱することを教職員の職務と定めた「10・23通達」を発し続け、従わない教職員を罰している。その数は484人に達した

続きを読む

2022/5/22

コロナ・新学習指導要領・ギガスクール・・・多忙化で、教育現場からは悲鳴  ]Vこども危機
  《予防訴訟をひきつぐ会通信「いまこそ」から》
 ◆ 現場からの報告


 (1)村石さん(大田区小学校)

 コロナで学級閉鎖になる場合でも、まずは区教委がオンラインで保護者に通知。その後オンラインの授業になり対応が大変。また遠足の実踏に参加した教員が、朝タブレットでクラスに向かって「朝の会」指導をやるなど、多忙化もここまで?という感じ。
 多忙化の原因は、まずは学カテスト、オリパラ教育、いじめ対策のアンケートや面談など、無駄な施策がどんどん現場に来る。キャリアパスポートなどもその一環。

 さらに新学習指導要領実施で多忙化が増す。小学校3・4年は1時間、5・6年には2時間の英語が入る。免許もないのに担任が主になって授業を行う。
 朝の時間に15分入れるとか、唯一空の水曜の6時間目に詰め込む、土曜授業に入れるなど、もう時間割はパンパン状態

続きを読む

2022/5/22

明けない夜はない(127)<『真理の勇気〜戸坂潤と唯物論研究会』、科学的精神>  X日の丸・君が代関連ニュース
クリックすると元のサイズで表示します

<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 (少し長いです)
 昨日(5月19日)▲ 青年劇場の『真理の勇気〜戸坂潤と唯物論研究会』という演劇を観た。
 その<ごあいさつ>の中には次のようなことが述べてあった。
ロシアがそうであるように侵略戦争に歩み出した国は、内政で翼賛体制を強め、報道管制を敷き、反対勢力への弾圧を行います。
1930年代の日本はまさにその状況の中にありました。
唯物論研究会が、岡邦雄、三枝博人、戸坂潤を中心に結成されたのは、満州事変の直後、1932年10月23日のこと。
小林多喜二が築地署で殺されたのが翌年2月。
そこから唯研が解散する1938年までの間に、中国での戦線を拡大しながら、
近衛内閣の発足等で翼賛体制と強めていき、
1940年の政党解散、大政翼賛会の組織に至ります。

2022/5/22

すべて警察=弾圧側の便宜、戦時司法型への転換ともいうべき改悪法  ]平和
  《月刊救援から》
 ◆ 裁判の全面オンライン化に反対しよう


 二〇二〇年に始まったコロナ感染拡大下、テレワーク、オンライン授業など「デジタル化」「非対面化」が社会のあらゆる場面で導人され人間の自由な交通形態や団結か破壊されてきた。
 司法(刑事、民事手続き)の分野においてもこの二年間「感染防止対策」を理由として傍聴席大幅削減、電話やウエブ方式での準備手続などによる密室化が先取り的に進められてきた。
 こうした状況下、司法を令面的に「オンライン化」する立法化が着々と進められている。

 二〇二一年三月、法務省「刑事手続きにおける情報通信技術の活用に関する検討会」が設置された。
 二〇二〇年七月の閣義決定「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」において「刑事手続きのデジタル化」が掲げられたのをうけて設置されたもので、

続きを読む

2022/5/22

原発のない国が地球上に存在しないことにして、原発推進を唱える細田博之電力安定供給推進議員連盟会長  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ まだまだあるぞ! セクハラ暴言大王・
   細田衆院議長の「文春も書かなかった暴言」
(レイバーネット日本)

クリックすると元のサイズで表示します

 本日発売の「週刊文春」をご覧になっただろうか。女性記者を深夜に自宅に呼び出す、プライベートに関することを執拗に聞くなどの女性蔑視・セクハラを続けていたという細田博之衆院議長の恥ずべき醜聞が踊っている。詳細は週刊誌をご覧いただくとして、この際、筆者はこれまで闇に埋もれて消えていった細田衆院議長の暴言をこの際、白日の下に晒しておきたいと思う。

 今からさかのぼること約9年前の2013年7月、BSフジの番組に出演した細田氏が、こんなことを宣っている。

   「原子力発電を推進しようって、みんな世界中が言っているんですよ」

 今さらながら、筆者は世界でどれだけの国に原発があるのか改めて調べてみた。
 やや古いが、2015年現在の外務省データによれば、世界には196の国があるという。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ