2022/5/24

東京「君が代」裁判・五次訴訟第4回ロ頭弁論の概要  X日の丸・君が代関連ニュース
  =『リベルテ』から=
 ◆東京「君が代」裁判・五次訴訟 第4回ロ頭弁論報告と今後
原告 鈴木 毅

 4月28日に五次訴訟の第4回口頭弁論が行われました。
 今回は担当裁判官の異動があったことから、冒頭で加藤弁護士が新任裁判官に向けた説明をしたのち、準備書面の陳述、書証の確認が行われ、次いで原告2名と弁護士1名による意見陳述が行われました。
 それらの概要について報告させていたたくほか、原告意見陳述については、それぞれの内容を要約したものを個別に紹介します。

 【裁判官異動と冒頭の陳述】

 五次訴訟は東京地裁民事36部に係属していますが、今回の弁論に先立って、3名の担当裁判官のうち2名に異動があり、裁判長は三木素子さんから小川理津子さんに交代しました。

続きを読む

2022/5/24

事実歪曲報道・流言飛語を拡散する報道・言論人の責任追及  ]Vこども危機
クリックすると元のサイズで表示します
  <MBSドキュメント『バッシング』考>
 ◆ 花田紀凱氏は”嘘つき”と暴かれたのに、なぜ今もそのままでいられるのか!?
   皆さま     高嶋伸欣です


 映画『教育と愛国』の上映開始に合わせ、各紙誌には斉加尚代監督のインタビュー記事などが相次いで掲載され、関心の喚起、観客の増加が期待されています。
 でも、マスコミは同映画への共感表明だけで良いのでしょうか。
 映画の上映と並行して、斉加尚代氏の新著『何が記者を殺すのか・大阪ドキュメンタリーの現場から』(集英社新書)が発行され、同書にちなむトークイベントも各地の書店等で開催されています。

 同書は、映画の原版となったドキュメント番組制作の様子が改めて詳しく紹介され、ジャーナリズムここにありという観を深められる書です。
 ただし私の場合、映画『教育と愛国』に係る部分に加えて、別に大いに衝撃を受け、こだわっている部分があります。
 そこに多くの方が注目されることを期待しています。

続きを読む

2022/5/24

逮捕されない山口敬之レイプ犯、河井元法相夫妻、桜を見る会関係者。逮捕された電子計算機使用詐欺。  ]平和
  =たんぽぽ舎です。【TMM:No4485】「メディア改革」連載第98回=
 ◆ 誤振込返金拒む男性の逮捕・実名報道は必要か
浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

◎民放テレビ各局は連日、山口県阿武町が8日に4630万円のコロナ給付金を誤って個人に振り込み回収できなくなっている問題を大きく報道してきたが、山口県警は振り込みを受けた24歳の男性を電子計算機使用詐欺の疑いで5月18日夜、逮捕した。
 県警は20日、山口南署に留置されていた男性を山口地検に送致した。最近、警察はキシャクラブに対し、被疑者の顔を送検時に撮らせるよう仕組んでいるが、さすがに、この事件では、移送の車両の窓をカーテンで閉めて、撮影させなかった。メディアの取材報道は異常だ
 共同通信(電子版)は<送検のため山口南署を出る□□○○容疑者を乗せた車=20日午前8時25分>(記事では実名)という説明を付けて写真をアップした。
https://nordot.app/900173733532532736?c=39546741839462401

続きを読む

2022/5/24

中国を念頭に置いて米国が旗を振る「経済安保」下で「肥大化する公安警祭」  ]平和
  《月刊救援から》
 ◆ 【焦点】公安警察が一企業を狙い撃ち
   〜「経済安保」の裏側のねらい


 開会中の第二〇八通常国会(六月一五日か会期末です)は、次年度(二〇二二年)予算案が三月中に成立。「サイバー警察局」の新設を決めた警察法の改悪も成立。「侮辱罪」の重罰化と「拘禁刑」に呼称を一本化した刑法の大幅「改正」案の審議が始まっている。
 さらに、岸田文雄自公政権は、摩詞不思義な「経済安保推進法案」を閣議決定の上、国会に上程。この法案、ろくな審議もせぬまま、維新、国民民主、立憲民主も賛成(共産党と、れいわが反対)て四月七日には衆院を通過し、参院で審議中。

 今年二月に公刊された月刊『世界』三月号は、「経済安保の裏側」を特集し、
   @ナショナリズムの論理を経済分野にまで及ほそうとするものではないのか。
   Aアカデミズムや企業の研究・技術開発を軍事に動員しようとするものてはないのか。そして、

続きを読む

2022/5/24

黒田日銀総裁が辞任するまで円安は続く  ]U格差社会
  《MAG2 NEWS》
 ◆ 安倍氏の責任重大。日本衰退の原因が「アベノミクス」であるこれだけの証拠
by 津田慶治『国際戦略コラム有料版』

 ◆ 日本衰退の原因はアベノミクスだ

 世界はインフレで日銀以外の中央銀行は利上げを行うが、日銀は利上げができない。なぜかと対処策を検討する。
 NYダウは、コロナで2020年3月23日に18,591ドルまで急落したが、2022年1月4日に36,799ドルと最高値更新となり、3月8日は32,632ドルまで下落したが、4月14日は34,451ドルで、18日は39ドル安の34,411ドル、19日は499ドル高の34,911ドル、20日は249ドル高の35,160ドル、21日は368ドル安の34,792ドル、22日は981ドル安の33,811ドル。
 4月22日に、パウエルが初めて議長として0.5%利上げを示唆し、それを受けて、年末政策金利予測は2.74%まで上昇した。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ