2015/2/26

2.23全国ネット(準)都教委要請報告(1)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京都教育委員会 教育委員長 木村 孟 殿
           教育長 比留間英人 殿
◎ 思想改造を強要する「再発防止研修」の中止に関する要請

 東京では、2003年「10・23通達」から教職員全員一律に「日の丸・君が代」に対して起立斉唱を命ずる「職務命令」が出されるようになった。
 不服従者は「職務命令違反」を理由に懲戒処分を科せられ、給与上・職務上の不利益を被る。それに加えて「再発防止」を名目に「反省」を迫られ、精神的苦痛を強いられている。これは、教員の思想・良心・宗教の自由の問題であると同時に、子どもの学ぶ権利を保障する教員としての責務に関わる問題でもある。
 そんな圧力の中でも、不服従を貫く教員は今なお存在しており、2012年最高裁判決で減給以上の重い処分が原則取り消されて以降、都教委はそれに替わる制裁措置のように「研修」を量的にも質的にも苛酷なまでに強化してきた。


 2014年該当者の例では、4月から10月半ばの長期にわたり、都教職員研修センターに呼ばれる「センター研修」が3回、都教委が学校を訪問する「訪問研修」が4回、そして週に1回程度の校長による「校内研修」で、併せて18回にものぼったのである。「思想・良心・宗教」が動機であることを表明している者に「反省」を迫ることは、「思想転向」を強いることに等しく、同一内容の「研修」を繰り返し課すことは精神的拷問であり、当該教員の苦痛と屈辱には忍びないものがある。

 「思想・良心・宗教」が不服従の動機であることは、最高裁が、「本人の歴史観ないし世界観及びこれに由来する社会生活上ないし教育上の信念」である、と認定してきた通りである(2011年6月6日)。
 また、東京地裁「何度も繰り返し同一内容の研修を受けさせ、自己の非を認めさせようとする」ならば「違憲・違法の問題を生ずる」と警告する決定を行っている(2004年7月23日)。
 加えて、国連自由権規約委員会からは、規約18条3項の「厳しい条件」を満たさないで「思想・良心・宗教の自由」を制限してはならないとの勧告も受けている(2014年7月23日)。
 このようにこの「研修」は、憲法19条のみならず、国際人権規約からも許されないことは明らかなのである。

 都教委は、あらゆる手段を用いて、良心的不服従教員を追い詰め、排除し、根絶を図ってきている。この弾圧に屈すれば、ますます子どもたちの教育を受ける権利は侵害され、社会から自由が奪われていくことになる。
 私たちは、当該教員の真摯な行動に敬意を表し、心から支援すると同時に、都教委が進める、「自分の頭で考えない、指示に従順な子ども」をつくる教育に強く反対するとともに、都教委に対して以下を要請するものである。

1.「日の丸・君が代」を強制する「10・23通達」を撤回し、職務命令を出さないこと。
2.「日の丸・君が代」不起立・不伴奏処分を撤回すること。
3.「日の丸・君が代」処分者に対して「服務事故再発防止研修」を命じないこと。
 以上の趣旨で、広く団体の署名を公布したところ、全国より以下の団体からの賛同の決定をいただいたのでここに提出するものである。
提出団体署名117件

 2015年2月23日
許すな!「日の丸・君が代」強制 止めよう!安倍政権の改憲・教育破壊全国ネットワーク(準)

 ※ 「都数委は『君が代』不起立・不伴奏教員を処分するな
   思想改造を強要する『服務事故再発防止研修』をするな」

   署名団体一覧:2月17日現在103(2月23日提出は117)
東京都職員労働組合病院支部、東京都職員労働組合大島支部、スタンダード・ヴアキューム石油自主労働組合京浜支部連合会、立川自衛隊監視テント村、目黒教育ネットワーク、放射性物質からいのちを守る会、「日の丸君が代」強制反対再雇用拒否撤回第二次原告団、「日の丸・君が代」強制反対予防訴訟をひきつぐ会、「君が代」強制解雇裁朝をひきつぐ会、板橋高校卒業式事件から「表現の自由」をめざす会、米山さんの「君が代解雇」を許さない会、東京・教育の目由裁判をすすめる会、河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会、東京琉球館、東京北区議会議員福田光一事務所、憲法を生かす北区市民の会、東京北区地域ユニオン、東京平和委員会、練馬平和委員会、ビデオプレス、「天理教」千代田分教会、脱原発護憲市民共同センター、新社会党東京都本部、東京都高等学校教育法研究会、都教委包囲首都圏ネットワーク、ふえみん婦人民主クラブ、戦争いらない多摩市民連合、多摩市高校教育研究会、多摩市民「九条の会」、原水爆禁止多摩協議会、国立の「日の丸」けいように反対しつづける会、沖縄を考える市民の会、多摩教組と共に歩む会、八王子市民のがっこう<まなびつなぐ広場>、破防法・組対法に反対する共同行動、学校と地域をむすぶ板橋の会、杉並病をなくす市民連絡会、杉並大気汚染測定連絡会、自治市民の会、岬の会(教員の業績評価を考える会)、

秋田県高等学校教職員組合、山形県教職員組合、山形県高等学校障害児学校教職員組合、山形県私立学校教職員組合、連合茨城県高等学校教職員組合、埼玉高等学校教職員組合、朝霞学校ユニオン、学校ユニオン埼玉、学校ユニオン埼玉・蕨、埼玉学校事務労働者協議会、志木市学校労働者組合、神奈川私学教職員組合連合、静岡県学校労働者組合、岐阜県私立学校教職員組合、連合石川県私立学校教職員組合、労働組合連合大阪教育合同労働組合高校支部、なかまユニオン大阪府学校教職員支部、なかまユニオン大阪市学校教職員支部、和歌山県教職員組合、島根県教職員組合、高知県教職員組合、

東京都学校ユニオン、東京都障害児学校労働組合、都教組太田支部、都教組世田谷支部、都教組港支部、都教組杉並支部、都教組目黒支部、都教組八王子支部、八王子市教職員組合、町田市公立学校教職員組合、多摩島嶼地区教職員組合、多摩島嶼地区教職員組合立川支部、多摩島嶼地区教職員組合三鷹支部、多摩島嶼地区教職員組合東村山支部、多摩島嶼地区教職員組合小金井支部、多摩島嶼地区教職員組合立川2小分会、多摩島嶼地区教職員組合小金井2小分会、多摩島嶼地区教職員組合八坂小分会、目白学園教職員組合、

秋田県高等学校退職教職員の会、秋田県ゆきとどいた教育をすすめる会、障害児の高校進学を実現する会in栃木、学校に対する君が代斉唱・日の丸掲揚の強制を憂慮する会、「日の丸・君が代」の強制と法制化に反対する神奈川の会、学習グループコスモス、未来に命をっなぐ会、糸魚川反原発の会、糸魚川動物愛護の会、「教育塔を考える会」、関西単一労働組合、開西単一労働組合兵庫県立こども病院分会、関西単一労働組合黒川乳業分会、関西単一労働組合大阪大学分会、関西単一労働組合地域分会、教育労働者全国交流会・関西、労働者共闘、戦争と「日の丸・君が代」に反対する労働者連絡会豊中北摂、「あぶネット」(教育が危ない!北摂市民ネットワーク)、「スクラムネット」(平和教育を求めてスクラムする府民・労働者ネット)、奥野さんを支える叫ぶ石の会、京都生協の働く仲間の会、北九州教科書ネットワーク、


トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ