2020/7/7

「パワハラ防止法」が施行されて何が変わる  ]U格差社会
  =6月から「パワハラ防止法」施行=
 ◆ 罰則・禁止規定なし
(週刊新社会)

クリックすると元のサイズで表示します

 6月1日に「パワハラ防止法」(改正労働施策総合推進法)が施行された。
 まず、大企業を対象にパワハラ防止措置が義務付けられ、22年4月には義務化の対象が中小企業にも広がる。
 パワーハラスメントについては、これまでガイドラインがなく、今回の法律で初めて国がパワハラの具体例を示すことになった。

 しかし、同法はパワハラを「行ってはならない」とするにとどまり、行為そのものを禁止する措置は見送られた。そのための罰則規定もなく、第三者からのハラスメント規制もない。
 被害者救済の機関も盛り込まれず実効性が問われる内容になっている。
 ただし、事業者にはパワハラ禁止を就業規則などに示すことや、加害者の処分方針の明示と相談窓口の整備を義務づけた。

続きを読む

2020/7/3

オンライン講座で大学非常勤講師の金銭的な負担や労働時間が無限に増加  ]U格差社会
  《労働情報−特集:各労組のコロナ現場報告:非常勤講師》
 ◆ オンライン講習で負担増
   今のところ賃金減はなし

松村比奈子(首都圏大学非常勤講師組合・副委員長)

 首都圏大学非常勤講師組合では、幸運なことに、今のところ深刻な相談はありません。従って団交も行っていません。
 当組合では、組合員の無期転換権の行使について、労働契約法の改正直後から積極的な活動を進めてきました。
 委託契約を主張する大学に対しては団交を要求し、労働契約であることを認めさせてきましたし、5年上限も阻止し、無期転換の実現に腐心してきました。
 そのため、コロナ感染事情を理由とした雇い止めの相談はありません。
 ただし、留学生に対応する日本語講師の一部は、留学生が激減し講義が閉講されたことで減給が心配されています。

続きを読む

2020/6/21

感染リスクと貧困化リスクの双方にさらされる非正規労働者  ]U格差社会
  《労働情報−特集:各労組のコロナ現場報告:飲食》
 ◆ 富士そばアルバイトが全額給与補償を獲得
栗原耕平(首都圏青年ユニオン事務局次長)

 新型コロナウイルスの影響が広がるなか、飲食産業が大きなダメージを受けています。
 観光客の減少、外出自粛要請により来客数が激減し、また休業要請も出され、店舗の休業や時短営業を余儀なくされています。
 これらが労働者にしわ寄せされ、労働者の労働時間・シフトが大幅にカットされているにもかかわらず給与補償がされない例が多く、生活困難が広がっています。

 雇用調整助成金を企業が活用すれば給与補償の大部分について助成金が支給されますが、手間を嫌って給与補償をせずに済ましている企業がほとんどです。
 しかし、労働者がユニオンに加入して企業と交渉すれば、給与補償を勝ち取ることが可能です。

続きを読む

2020/6/15

都立病院だったから迅速なコロナ感染症の受け入れができた、地方独法化されたらもう無理  ]U格差社会
  《労働情報−特集:各労組のコロナ現場報告》
 ◆ 弱小労働組合は都立病院独法化を止められるのか?
   〜コロナに翻弄される看護師書記長の毎日

大利英昭(都庁職病院支部書記長)

 2月21日(金)
 勤務病棟がコロナ対策のために閉鎖。それぞれのスタッフは、コロナ対応病棟を運営するために各病棟から引き抜かれたICTメンバー(感染症対策チーム)の穴を埋めのためバラバラに配属。午後、空っぽになった病棟で各病室に設置してあった手袋などを回収する。

 2月25日(火)
 朝、閉鎖された病棟のナースステーションに全員が集合する。配属先は、コロナ対応病棟、血液内科、外科病棟、HCU(ハイケアユニット)など様々。「とりあえず1月頑張ろう」と、それぞれ新しい配属先に。
 駒込病院は、それぞれの病棟は臓器別に特化していて専門性が高い。それが突然、思いもよらない診療科の病棟に配属され、スタッフのストレスは限りなく大きい。

続きを読む

2020/6/7

知事や市長の思い付きで振り回される現場、医師・看護師らと裏方とでは取り扱いが差別的  ]U格差社会
 ◆ コロナ専門病院で働く「裏方」労働者の悲痛な訴え (Yahoo!ニュース - 個人)
   幸田泉 | ジャーナリスト、作家
クリックすると元のサイズで表示します
雨合羽を着て市役所に向け訴える十三市民病院で働く女性=大阪市北区で、筆者撮影

 新型コロナウイルス禍の4月半ば、大阪市の松井一郎市長は突如、大阪市立十三市民病院(大阪市淀川区)を「コロナ専門病院する」と発表。
 入院患者や出産予定者は急きょ、別病院に転院しなくてはならず対応に追われた。
 コロナ専門病院になることは事前に病院関係者に周知されておらず、現場では戸惑いが広がった
 専門病院の設置は専門家からも評価する声が出ているが、十三市民病院で働くスタッフの話からは、医療現場の抱える矛盾が浮かび上がる。

 ◆ 病院を支える裏方に危険手当はない
 昨年5月から十三市民病院で働く50代の女性は「重要なことが事前に何の説明もなく、テレビニュースで知らされる」と嘆く。

続きを読む

2020/6/5

デモ・リサラジオ放送=コロナ問題第8弾  ]U格差社会
 友人・知人の皆さまへ!
 またまた、デモ・リサTV(ラジオ)の新作が出来ましたので、ご案内いたします。
 コロナ騒ぎの中で困難を極める外国人労働者(研修生)の問題を扱った、その続編です。
 以下、新作・前作そうしてバックナンバーのご案内をさせていただきます。
 「民主主義研究所・デモ・リサTV」

 《デモ・リサラジオ放送!》コロナ問題第8弾!!
 ◆ 「私たちは人間だ!動物ではない!!」
 コロナ禍の外国人労働者たちの今!《後編》


https://youtu.be/_f3wngOi6vc

 コロナ問題 第7弾!!(前作もよろしく!)
 ◆ 「私たちは人間だ!動物ではない!!」コロナ禍の外国人労働者たちの今! 《前編》

https://youtu.be/aUhAVpyJb4g
  ※ ご友人・知人への拡散・転送をお願いいたします。
  ※ご迷惑の折は、ご一報ください。
  ・お願い!!チャンネル登録もよろしくお願いします!!

続きを読む

2020/6/5

郵政過労自死「困難事案」、労働裁判勝利和解から労災認定獲得までの粘り強い闘い  ]U格差社会
  =さいたま新都心郵便局過労自死事件労災認定獲得=
 ◆ 遺族+弁護団+労働運動が切り開いた (労働情報)
郵政産業労働者ユニオン中央本部争議法対専門委員 倉林 浩

 東日本大震災から間もない2011年4月、旧郵政ユニオン本部にメールが寄せられます。前年12月8日さいたま新都心局で亡くなられたTさんのおつれあいAさんからでした。
 お父さんが亡くなった時お子さんは小学6年、5年、4年でした。
 Tさんが所属していたJP労組支部幹部に真相解明の協力を要請してもなしのつぶてで、昼夜を問わず突然とめどもなく涙があふれるというような心身の変調の中からやっと私たちのアドレスを探し出してくれました。

 ◆ トヨタ方式の下で

 03年の郵政職場へのトヨタ生産方式導入以来、秒単位の作業管理や立ち作業とともに自己責任追及の職場風土作りが進められます。モデル局となった越谷局、さいたま新都心局はじめ犠牲者が相次ぎました。

続きを読む

2020/6/3

制服に着替える時間は労働時間と認めさせた郵政労働者の闘い  ]U格差社会
 ◆ 郵政ユニオン完全勝利和解
   〜更衣は時間内
(週刊新社会)
クリックすると元のサイズで表示します

 郵政ユニオン静岡協議会の「更衣時間は労働時間だ。割増賃金を支払え」の要求から始まった更衣時間裁判(静岡地裁浜松支部)は、約4年間の法廷闘争を経て4月14日、完全勝利和解を勝ち取り、原告3人には解決金として過去2年分の更衣時間未払い割増賃金相当が支払われることになった。

 ◆ 最高裁判例を踏襲 静岡地裁浜松支部

 会社の主張は、@更衣自体は仕事ではないため、勤務中の更衣は服務規律違反、A社員は始業時刻定刻までに出勤し、始業時には仕事に着手できる状態でなければならない、というものであった。
 しかし、2000年3月9日の最高裁判例では、@着替えが仕事の準備行為であること、A制服着用が義務づけられていること、B会社内の所定の更衣室で着替えなければならないことの3つを充たせば、

続きを読む

2020/6/1

武健一関西生コン支部委員長が、逮捕から約2年ぶりに保釈  ]U格差社会
  =関西生コン弾圧ニュース34号(2020年5月30日)=
 ★ 【速報】武委員長が保釈(5/29深夜)
   2018年8月いらい641日ぶり

クリックすると元のサイズで表示します

 5月29日深夜、武建一委員長がようやく保釈された。
 最初の逮捕が2018年8月28日、滋賀県警組対課によるフジタ事件だったから、じつに641日ぶりだ。
 大阪拘置所から出てきた武さんは、「応援してくれたみなさんのおかげ。ありがとう。感謝しています」と元気な声で笑顔を見せた。
 一方、もう1人の湯川副委員長も同時にとならなかったが、そう遠くない時期の保釈が見込まれている。

 ★ 「ただちに保釈せよ」の運動の高まり

 異常な逮捕劇の連続、そして、600日を超す長期勾留。これに対し、地元大阪や京滋の労組・市民団体による弾圧反対実行委員会は5月18日から、京都地裁前で連日の抗議行動にとりくんだ。

続きを読む

2020/5/31

デモ・リサラジオ放送=コロナ問題第7弾  ]U格差社会
友人の皆さまへ!
 YouTube「民主主義研究所・デモリサTV」森正孝です。
 《デモ・リサラジオ放送!》 新作のご案内です。


  =コロナ問題第7弾!!=
 ◆ 「私たちは人間だ!動物ではない!!」
   コロナ禍の外国人労働者たちの今! 前編
(後編は次週)


 https://youtu.be/aUhAVpyJb4g

  =コロナ問題第6弾!!=(前作もよろしく!)
 ◆ 大阪の現役教師が語る!!
   「コロナ禍の吉村大阪府の教育の現実」

https://youtu.be/nPZ7xHfHpm8

 ※ご友人・知人への拡散・転送をお願いいたします。
 ※ご迷惑の折は、ご一報ください。
 ※お願い!!チャンネル登録もよろしくお願いします!! 森正孝

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ