2019/5/17

教職はなぜ魅力的な職場ではないのか  ]Vこども危機
 ◆ 小学校採用倍率最低 (毎日新聞)
クリックすると元のサイズで表示します

 全国の公立小学校の教員の採用倍率が過去最低を更新し、3.2倍にまで落ち込んだ。「教員は多忙」。そんな学校の実態が問題視される中、教員養成系大学・学部に進学したのに教員の道を選ぶことをためらう学生も少なくない。【伊澤拓也】

 ◆ 教員免許取ったけど
 「心のゆとりがない教員がきちんと指導できるのだろうか」−。京都教育大大学院2年の遠藤寛佑さん(24)は小学校教諭を志して大学に進学したが、小学校や中学校の教員になったOBらの話を聞き、最近、疑問を感じるようになった。
 OBの多くは残業代が出ないのに夜遅くまで働き、土日の部活動も熱心に指導していた。遠藤さんは、仕事と同じように趣味の時間も大切にしたいと考えている。教員免許を取得したものの教員になるかどうか踏み切れず、大学院に進み、専攻を幼児教育に変更した。

続きを読む

2019/5/17

大阪弁護士会が“大阪市の学力向上に向けた総合的な制度案に関する会長声明”  ]Vこども危機
◎ 大阪市の学力向上に向けた総合的な制度案に関する会長声明

 1 大阪市は、2019年(平成31年)1月29日に開催された大阪市総合教育会議にて提案された内容を踏まえて、学力向上に向けた新たな制度を本年度にも試行しようとしている。
 この制度の概要は、学力向上に関する目標を設定してその成果が得られれば学校に予算(校長裁量予算・研究活動費)を付与し、また小学校学力経年調査ないし中学生チャレンジテスト(以下、合わせて「学力テスト」という。)の結果における学力向上の程度を校長の人事評価の一部へ直接反映させ、また、教員の人事評価の参考とするというものである(以下「新制度」という。)。

 2 しかしながら、そもそも学力テストは、授業改善や指導充実を図るために実施されているものであって、校長や教員の人事評価に用いることは予定されていない。それどころか、新制度を実施した場合は、かえって次のような弊害が生じるおそれがある。

続きを読む

2019/5/15

今回の大阪市学テ・給与反映方針が、教育への政治介入である証拠のメール開示  ]Vこども危機
 ◆ 大阪市学テ結果で校長・教員評価を行う新人事評価制度の試行案作成過程の問題点
   メールで明らかとなった吉村市長(当時)・大森特別顧問による市教委への露骨な介入

   (子どもをチストで追いつめるな!市民の会 伊賀)


 5月8日、子どもをチストで追いつめるな!市民の会では、学力テスト結果を校長・教員評価反映方針を巡って大森顧問と吉村市長大森顧問と教育長大森顧問と市教委事務局メールでのやり取りを情報開示することができました。

 非公開部分が多くありますが、公開された部分だけからも、大森不二雄特別顧問がたんに顧問というだけではなく、吉村市長(当時)と一体となって、教育長をはじめ市教委に露骨に指示をだしていたことがよくわかります。

 今回の学テ・給与反映方針が、吉村市長と大森顧問によって教育委員会の独立性を定める教育委員会制度を完全に乗り越えた政治介入によって推し進められようとしていることが明らかです。

続きを読む

2019/5/15

教員の過労問題で、顔と名前を出して正々堂々と大阪府を訴えた府立高校の若手教員  ]Vこども危機
 ◆ 顔出し会見 共感よぶ 教員の過労問題 (Yahoo!ニュース - 個人)
内田良 | 名古屋大学大学院教育発達科学研究科・准教授

 「恥ずかしいことは、いっさいありません。顔と名前を出して、正々堂々と闘おうと決意しました」――今年の2月、大阪府立の高校に勤務する現役の若手教員が、実名・顔出しで記者会見に臨んだ。
 覚悟の訴えをおこなったのは、西本武史さん。長時間労働により適応障害を発症したとして、損害賠償を求めて、府を提訴した。
 西本先生は休職を経て、いまは職場に復帰して2年目である。現役の教員が実名・顔出しで裁判報道に応じるのは、異例といえる。

 じつは、記者会見の数日前に先行報道があった時点では、西本先生は匿名で対応していた。ではなぜ、実名・顔出しを決断したのか。
 先月23日に第1回の口頭弁論を終えた西本先生に、その覚悟に至った思いを取材した。その語りからは、生徒の前に立つ「教師」としての思いが見えてくる。

続きを読む

2019/5/9

学習指導要領に縛られず教員が自由に発想することを勧める公立の中学校  ]Vこども危機
 ◆ 全国の中学校で「教科書をなぞるだけの授業」が行われる理由 (幻冬舎ゴールドオンライン)

 旧来型組織の改革が進んでいくなか、なかなか変わらないと揶揄される「教育現場」。しかし、常識に捉われず改革を進めている千代田区立麹町中学校の手法は、あらゆる組織の改革にも通じると話題を集めています。本連載は、千代田区立麹町中学校長・工藤勇一氏の著書『学校の「当たり前」をやめた。』(時事通信社)から一部を抜粋し、麹町中学校の「学校改革」について紹介していきます。
 今回は、学校教育において学ぶ内容(カリキュラム)を定める「学習指導要領」と「いじめ調査」の意義ついて考えていきます。

 ◆ 「カリキュラム」が教師の自由な発想を阻害している
   学習指導要領は何のためにあるのか


 次に、「学ぶ内容(カリキュラム)」と「学び方」の観点から、現代の学校教育を考えてみましょう。

続きを読む

2019/5/7

新宿山吹高校自治委員会が都教委指導主事に学校運営の民主化を直談判  ]Vこども危機
  《YAMABUKI JOURNAL ONLINEから》
 ◆ 自治委、都教委主任指導主事と会談


 新宿山吹高校自治委員会の磯田航太郎議長兼会長が、20日朝、東京都教育委員会高等学校教育指導課の山田道人主任指導主事と会談したことがわかった。自治委員会がホームページ上で明らかにした。

 自治委員会の報道発表によると、会談では自治委員会が学校当局の暴力的「指導」に関する見解や、学校当局との現在の紛争状況等を伝え、学校当局と都教委両方に対する要求を行った模様だ。
 自治委員会は都教委主任指導主事に対して、学校当局への要求と都教委への要求と題して合計9項目の要求を行った模様。

 学校当局への要求では、これまで2018年5月と今年1月に発出された要求書から次の4項目を示した。


2019/5/7

保育士は子どもが「ああいう大人になりたい」という存在でなくてはならない  ]Vこども危機
 ◆ "全員号泣"中目黒の保育園のすごい運動会 (President Online)
   野地 秩嘉 (のじ・つねよし)ノンフィクション作家


 運動会のフィナーレで、園児、保育士、保護者の全員が号泣するという保育園がある。全国で32施設を運営し、約3000人の子供を預かるコビーアンドアソシエイツでは、職員がプロとして運動会を準備する。そのため保護者に手伝いを求めることはない。ノンフィクション作家の野地秩嘉氏は「現場には感動があった」と語る――。

 ◆ 「割れる食器」だから大切に扱うようになる

 保育施設「コビープリスクールかみめぐろ」は東急東横線中目黒駅から歩いて12分の場所にある。通っている子どもは生後57日の乳児から就学前児童までの85人(2019年2月現在)。朝7時15分から夜の9時まで保育している。
 施設の特徴をひとことで言えば、「大人が働いているところより、はるかにいい環境」であり、しかも、子どもたちは大人より、いいものを食べて一日を過ごしている

続きを読む

2019/5/7

保育料無償化の財源があるなら、保育士の待遇改善に充てて「待機児童」解消を優先せよ  ]Vこども危機
 ◆ 幼児教育無償化の愚 (東京新聞【本音のコラム】)
前川喜平
(まえかわきへい 現代・教育行政研究会代表)

 安倍首相は、消費税率引き上げ分の使い道を変更して、今年の十月から三歳以上の子どもの保育料を一律に無償化する方針を打ち出した。実に愚かな政策だ。優先順位が完全に間違っている

 教育の無償化とは本来、全員が無償で教育を受けられるようにすることだ。それは学習権を保障することであり、その大前提として全員に確実に教育機会が保障されていなければならない。
 ならば一律無償化よりも前に待機児童の解消を行わなければならないのは、理の当然というものだ。

 待機児童の解消のためには認可保育所の増設が必要だが、保育所不足の最大の原因は保育士不足であり、保育士不足の最大の原因は勤務条件の悪さだ。

続きを読む

2019/5/5

教職の不人気と教員不足が深刻に  ]Vこども危機
 ◆ 教員試験の競争率が4.9倍 小学校で2倍切る自治体も (共同通信)

 都道府県教育委員会などが2017年度に実施した小中高校、特別支援学校など公立学校の教員採用試験で、競争率の全国平均が前年度より0.3ポイント減の4.9倍だったことが19日、文部科学省の調査で分かった。
 学校種別で見ると小学校が全体で3.2倍(0.3ポイント減)と低迷し、新潟県と福岡県で2倍を切った

 受験者総数は3.3%減の16万667人、採用者数は3.2%増の3万2985人だった。
 採用者数は16年度実施の試験で17年ぶりに減少したが、今回再び増加に。
 ほかの学校種別の競争率は、中学校が6.8倍(0.6ポイント減)、高校が7.7倍(0.6ポイント増)。

続きを読む

2019/5/5

理想と現実のギャップから、転職を希望する先生が急増  ]Vこども危機
 ◆ 学校教師の転職希望者が急増、
   エージェントが語る先生たちの事情と進路
(週刊女性PRIME)


 『ごくせん』(日本テレビ系)の仲間由紀恵、『3年B組金八先生』(TBS系)の武田鉄矢、『GTO』(フジテレビ系)の反町隆史……、数あるドラマのジャンルの中でも人気ドラマとなる作品が多い学園もの。つい最近も菅田将暉が型破りな教師役を務めた『3年A組』(日本テレビ系)が大反響を得た。
 このようなドラマを見て、“ヤンクミみたいに熱い教師になりたい!”“金八先生みたいに生徒に向き合える教師になりたい!”など、自身の理想や教育理念を持って教師を志す人は多い。そんな教師は“聖職”とも呼ばれ、辞める人が少ない業界と思われていた。しかし─。

 「ここ2〜3年、転職サイトにエントリーされる教師が多くなってきた印象ですね」
 そう話すのは、これまで複数の教師の転職を支援してきた転職アドバイザーの男性。教師はなぜ今、転職エージェントに駆け込むのだろうか。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ