2021/4/14

中教審“令和の日本型学校教育”答申の問題点  ]Vこども危機
 ◆ 「デジタル教科書」の罠
   政府見解を児童に注入
(月刊『紙の爆弾』)
取材・文 永野厚男

クリックすると元のサイズで表示します
経団連副会長の渡邉光一郎・中教審会長(中央左)から答申を受けた、田野瀬副大臣
(中央右)は5日後、深夜の銀座クラブ会食問題で更迭(文科省HPから)

 文部科学大臣の諮問機関・中央教育審議会は一月二十六日の総会で、“令和の日本型学校教育”と題する答申(以下、答申)を了承。渡邉光一郎会長(経団連副会長)が田野瀬太道(たいどう)文部科学副大臣(当時)に手渡した。全九十二頁の膨大な答申から、大きく二つの柱に絞り、分析・批判する。

 ◆ 管理職候補増員の一方で英語専科教員は?

 マスコミ各社は、二〇二二年度目途の「小学校5・6年生の算数・理科・英語の3教科での教科担任制導入」答申の目玉だ、と大きく報じた。

続きを読む

2021/4/14

社会権規約第13条の締約国として、大学教育まで無償化を直ちに実行せよ  ]Vこども危機
 ◆ ご一緒に大学と高校、教育の完全無償化を実現しませんか? (『今 言論・表現の自由があぶない!』)

 ブログにご訪問いただき、大変ありがとうございます。
 高校生と大学生のみなさま、18歳以下のこどもの権利条約対象のすべてのみなさまと、大学の奨学金を返済し続けているみなさま、および保護者のみなさまへ

2021年4月11日
国連経済社会理事会特別協議資格NGO
言論・表現の自由を守る会

 コロナ禍の今朝、「共通テスト、大学からの手数料倍増へ」のニュース報道がありました。
 みなさまは、日本国憲法と憲法第98条に基づき、日本政府がすべての日本市民に人類普遍の基本的人権を保障していることをご存じでしょうか?
 日本政府は2012年9月12日、社会権規約第13条 第2 b項、c項の批准手続きを完了し、日本市民に、この効力が発効しています。

 市民がこの条文を素直に理解し、日本政府首相と文部大臣に対し、「高校と大学の授業料を無償化せよ」と要求すればよいのです。

続きを読む

2021/4/12

こどもに必要なのは、金と人をつける真っ当な政策であって、役所いじりではない  ]Vこども危機
 ◆ まやかしの「子ども庁」 (東京新聞【本音のコラム】)
前川喜平(まえかわきへい・現代教育行政研究会代表)

 「いい加減にしろ」と言いたい。
 自民党「勉強会」の提案を受け、菅首相が「子ども庁」の創設に向け党内準備組織の設置を指示。そのトップは二階幹事長。骨太の方針に盛り込み、来年度予算に計上するという。
 必要なのは真っ当な政策であって、役所いじりではない。役所は今のままで何の問題もない。
 厚労省と文科省を中心に関係省庁が協力すればいいだけのことだ。

 安倍・菅政権の子ども政策は極めて貧弱だった。
 安倍前首相が「新三本の矢」で「希望出生率1.8の実現」を公言し「夢をつむぐ子育て支援」を約束したのは2015年9月。
 しかし出生率は15年の1.45からダダ下がりし、19年には1.36になった。

続きを読む

2021/4/8

文科省は新教科「公共」「歴史総合」「地理総合」に、どのような検定意見を付けて書き換えさせたのか  ]Vこども危機
 ◆ 高校教科書検定結果に対する私たちの見解
   〜新教科「公共」「歴史総合」「地理総合」について

2021年4月5日
子どもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会

 2021年3月30日、文部科学省は2022年度使用高校教科書の検定結果を公表した。
 「現代社会」が廃止になって新設された「公共」は8社12点、近現代史を中心とした「歴史総合」は7社12点、「地理総合」は5社6点が検定合格した。「歴史総合」では、日本会議系の明成社も合格した。

 今回の高校教科書は、安倍「教育再生」の集大成でもある高校版新学習指導要領が2022年度から実施されるに伴って編集されたものである。
 社会科では地理歴史が「歴史総合」と「地理歴史」に、公民が「公共」に再編され、必修教科となった。

続きを読む

2021/4/6

一般社会ならセクハラや犯罪になることが、「指導」「教育」の名の下でまかり通る日本の学校  ]Vこども危機
  《The Interschool Journal から》
 ◆ 川崎市立小学校34校で肌着着用禁止!? 保護者や市議から批判の声
   平松けんじ 石川遥樹


 川崎市立の小学校34校で体育の授業の際に体育着の下に肌着を着ないよう求める指導が行われていることがわかった。

 発端は川崎市議会での山田えり市議(自民党)の質問。
 山田市議は「先日、小学生のお子さんの保護者から『体操服の下の肌着着用を禁止されている』と相談を受けた。大変驚いた。小学生という時期は性意識が芽生えだす非常に重要なタイミングだ。その性意識をしっかり育てるべき時期にも関わらず、それに逆行するような指導、間違っていると言わざるを得ない。」と厳しく批判した。

 答弁に立った市教育委員会の教育次長は事実関係を認め、「運動後の汗等によって身体を冷やさない等の児童の健康面や衛生管理面の配慮」だと説明した。

続きを読む

2021/4/6

憲法は未成年者には適用されない?世界の潮流とは逆行する学校の管理と規律の強化  ]Vこども危機
 ◆ 「人権無視生む憲法より校則」のままで良いのだろうか?
   室橋祐貴 | 日本若者協議会代表理事 (Yahoo!ニュース - 個人)
クリックすると元のサイズで表示します
日本若者協議会 第五回学校内民主主義を考える検討会議ヒアリング(古田雄一 大阪国際大学短期大学部准教授)

 ◆ 子どもの人権侵害を許容する特別権力関係論・学校部分社会論

 「中学生のころ、私を含む大部分の生徒が、憲法は未成年者には適用されないと思っていた。・・・・・本当にそう信じていた。

 丸刈りの強制や体罰は、憲法で保障された基本的人権を侵害するものではないか、との問いに、教師は『権利とは決められた義務を果たした後に、初めて与えられるものだ。納税、勤労の義務を果たしていないお前らに、権利を口にする資格はない。子どもにとっては校則が憲法であり、法律だ。校則を守ることを考えろ』と言った。

続きを読む

2021/4/2

『産経』が、戦時中の中国人強制連行・強制労働の話題という”寝た子を起こす”行為に踏み切った  ]Vこども危機
 ◆ <情報>『産経』による山川版中学歴史教科書への批判を逆手に活用する素材紹介
   皆さま     高嶋伸欣です


 『産経』が電子版で、「従軍慰安婦」を明記した山川出版・中学歴史教科書を”目の敵”にするかのような嫌味、攻撃を展開しています(下のURLです)。
https://news.yahoo.co.jp/articles/27b6d730bfe8dca09c92f5067703cd85f7e75551

 同中学歴史教科書(この4月から使用されます)の見本本に、戦時中のこととして「多くの朝鮮人や中国人が日本に徴用され、鉱山や工場などで過酷な条件の下で労働を強いられた」とあったのに対し、「徴用」は中国人には当てはめられず、この記述は事実に反するものだったということをことさらに、読者に気づかせようとしている記事のように読めます。

 記事では、山川出版がどのように記述を是正したのかを、きちんとは明らかにしていませので、是正後の記述の確認は、生徒が手にするのと同じ供給本を手にするまで、できません。

続きを読む

2021/3/30

当初から指摘されていた弊害が露呈、10年で見直しを迫られる「教員免許更新制」  ]Vこども危機
  《尾形修一の紫陽花(あじさい)通信から》
 ◆ 中教審、「教員免許更新制」を抜本的見直し


 2021年3月12日に第11期の中央教育審議会(中教審、渡邉 光一郎会長)が開かれ、@「令和の日本型学校教育」を担う教師の養成・採用・研修等の在り方A第3次学校安全の推進に関する計画の策定について文部科学大臣から諮問があった。
 「学校安全」の問題も大切だが、@で「教員免許更新制」の抜本的見直しが議論されるので、それについて書いておきたい。

 文科省ホームページには、報道発表として「第128回中教審総会にて「「令和の日本型学校教育」を担う教師の養成・採用・研修等の在り方について」等を萩生田大臣が諮問」がある。
 また「中央教育審議会(第128回)配付資料」がアップされていて、非常に貴重な情報がある。細かくなりすぎるのでここでは省略するが、今まで見たことがなかった免許取得状況などが紹介されている。以下、そこにでている問題意識を紹介したい。

続きを読む

2021/3/28

「学び舎歴史教科書」をともに作る仲間に!  ]Vこども危機
クリックすると元のサイズで表示します

 ◆ 民主主義を未来につなぐ学び舎歴史教科書の3回目の制作にご支援を!

 子どもと学ぶ歴史教科書の会(「学ぶ会」)は10年前、子どもたちが主体的に楽しく学べる歴史教科書をつくろうと志した社会科教員たちが立ち上げました。この会で研究・編集した学び舎教科書は、2015年と2020年の2回、文科省の検定に合格し、毎年5000名を超える中学生に届けられています。多くの先生方や研究者から注目や評価を受け、市民の学習会にも使われています。

 学び舎教科書には、庶民や子ども、女性がたくさん登場します。生徒が歴史を身近に感じながら、歴史のさまざまな場面に引き込まれて、自ら感じ考える教科書を目指しました。
 戦争と平和についての学習や、現代の課題につながる学びも充実させました。主権者として未来を担う子どもたちに、自分自身で感じ考え、社会への目を培う学び舎教科書を届けていきたいと考えています。

続きを読む

2021/3/22

人権侵害ブラック校則の廃止は、校長の責任か?文科相の責任か?  ]Vこども危機
  《The Interschool Journal から》
 ◆ 文科相「人権、人格を否定するような校則望ましくない」も
   文科省主導での是正は否定 校則理由の不登校は5572人

   平松けんじ


 萩生田光一文部科学大臣は、16日に開かれた参議院文教科学委員会で「人権、人格を否定するような校則というものは望ましいものではない」と述べた。
 一方で「積極的校則改正をするように文部科学大臣通知みたいなですね、そういうのはちょっとやっぱりなじまない」とも述べ、文部科学省主導での校則の見直しの推進には消極的な見解を示した。吉良よし子議員(共産党)の質問に答えた。

 吉良議員は冒頭、日本テレビの情報番組「スッキリ」の報道に言及。同番組では小学校で体育の授業の際に児童が肌着を着用することが禁止されていて、男性教師が女子児童の胸の成長をチェックして許可を出せば着用が認められる事例などが報じられている。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ