2009/12/6

土屋敬之都議 除名処分  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
 ※『TOKYO MX NEWS』の動画へのリンクあり

 ◆ ついに、極右都議・土屋、民主党から除名!

皆様
 こんにちは。犯罪都教委&2悪都議と断固、闘う増田です! これはBCC送信しています。重複、ご容赦を。
 昨日の決定ですので、既にご存知の方も多いかと思いますが、「除名覚悟で」と自分では言いながら、除名されないようにと必死にジタバタと醜悪な悪あがきをしていた件名悪都議が、ついに民主党をクビになり、自分のブログで民主党に毒づいています。懲りないヤツですねぇ・・・
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/

 これまで、さんざん、私・増田を誹謗中傷し、名誉毀損裁判では人権侵害男と確定し私に賠償金を払いながら何の反省もなく、都教委&産経紙とツルンで東京の平和教育・民主教育・真っ当な性教育潰しに狂奔してきた土屋たかゆきは、本来なら、都議などには全く不適格で、都議も辞職すべきなのです。でも、無所属都議では質問などもほとんどできませんから、もう、ほとんど、教育への介入はできないでしょう・・・といって、もう、東京の教育はこの極右悪都議らに荒らしまわられて、介入する分野も残ってはいなさそうですけど・・・

2009/11/5

土屋敬之都議への離党勧告書  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
 ◆ 「年貢の納め時」の極右・土屋の醜いジタバタ!?

皆様
 こんにちは。犯罪都教委&2悪都議(古賀俊昭・自民&土屋たかゆき・民主)と断固、闘う増田です!

 以下の土屋のブログ日記で、民主党からの離党勧告に対して土屋がどんなにジタバタ焦りまくっているか、支離滅裂な文章を書き散らしていることでよく分かります。みんなで笑ってあげましょう!? 『「ふざけれるな!革命法案」位、言って見ろ。』って・・・プッ(笑)・・・もう、日本語さえ分からなくなっているようです。
 
 『「いや、僕は知らなかった。私は知らない」では、民主主義は済まない。高校で習ったはずだ。民主国家を形成する国民には権利と義務があると言うことを。その義務の中には勉強をする義務もある。』
 なんて書いてますけど、土屋よ!? 「勉強をする義務」はキミが一番、負ってるよ。

 しかし、『民主党』の看板に騙されて土屋に投票した人たちは、「土屋には言われたかない」と思うでしょうねぇ・・・
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/

2009/11/3

民主党都連、マニフェスト批判の都議に離党勧告  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
 ◆ 民主党都連、マニフェスト批判の都議に離党勧告

 民主党東京都連は28日、常任幹事会を開き、衆院選マニフェストを「(耐震)偽装マンションのパンフレット」などと痛烈に批判してきた同党都議の土屋敬之副団長に対し、離党勧告することを決めた。
 土屋氏は、永住外国人地方参政権付与や選択的夫婦別姓制度などを政策集に明記しながらマニフェストに盛り込まなかったことを「国民の目を欺くものだ」などと批判してきた。
 離党勧告について、土屋氏は「聴聞を受けておらず、処分の手続きに問題がある。批判があってこそ政党は育つものだ。法的措置も含め徹底的に戦う」としている。

『産経ニュース』(2009.10.28 20:07)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091028/stt0910282007009-n1.htm

 ◆ 都議会のアホの右翼が、泣きながら脅迫しています。
 そもそも、こんなゴロツキを公認してた事自体が、民主党の汚点なのですが…

 アホの戯言
 ◆ 今日のつっちー、2009年8月31日の日記 によりますと

 「土屋を除名しろ」と言う声が一部にあると聞いた。

2009/10/13

「主権回復を目指す会」事務局と土屋氏関連団体の住所が同一  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
 ◆ 「主権回復を目指す会」事務局と土屋氏関連団体の住所が同一

皆様
 こんばんは。増田です。これはBCCでお送りしています。重複・長文、ご容赦を! 以下、転送許可を得たのでご紹介し、---で補足します。

 「主権回復を目指す会」事務局と土屋氏関連団体の住所が同一だと分かりました。
 以下、情報源です。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200910/article_34.html

 主権回復を目指す会 事務局 〒101-0065 東京都千代田区西神田1−1−2パトリス26−502号
 電話 03(5281)5502 Fax03(5281)5603
http://www.shukenkaifuku.com/

---------------------------------------------------------
 ◎増田の補足

●「在特会」代表・作桜井誠らと、ほとんど行動をともにしている西村修平の事務所住所・電話番号と、民主党都議・土屋たかゆきが会長をしていた「北京オリンピックに反対する地方議員と市民の会」の住所と電話番号が同一でした。ま、土屋も西村もお互い「親友だ」と公言はしていましたが・・・

2008/1/25

杉並和田中「夜間授業」右翼都議土屋の暗躍  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
 ● 杉並区夜間塾に便乗する土屋の無節操を許すな
投稿者:北の良心 投稿日:2008年 1月20日(日)09時16分53秒

 <転送・転載可>
 杉並区和田中の夜間塾は、民間人校長による教育の民営化路線そのものであり、そこまでやるかと驚いた。
 しかし18日の報道で、記者会見にあの土屋敬之都議が東京教組の谷口委員長と同席していたのにはもっと仰天した。土屋は何を考えているのだ。

 土屋敬之といえば、今更言うもでもなく、「君が代強制」の急先鋒で、横山教育長を突き上げて「10・23通達」を出させた黒幕で、国立二小土下座事件でっち上げや、板橋高校卒業式での起立強制の怒声、七生養護学校性教育への介入、九段中増田教諭の分限免職、「ながら条例」廃止など、民主教育や組合活動をことごとく敵視し、今日の東京の教育を破壊してきた張本人である。そのいくつかは今も裁判で、「組合」や「良心的不服従者」たちが闘い続けている当事者でもある。彼の後援会には藤岡信勝らが名を連ねているように、「つくる会」の歴史教科書を礼讃する国家主義教育を目指す人物でもある。
 よりよってこんな極右と東京教組の委員長が記者会見に同席するなんて目を疑った。杉並区で土屋と足並みを揃えるなら、民間塾問題より、まず扶桑社の歴史教科書採択撤回でなければいけないし、もし土屋が教組に支援を求めてきたとしたら、これまでの数々の組合敵視、民主教育攻撃を改めることが先決だろう。彼のこれまでの所業に目をつぶり手を結ぶなどあり得ないことだ。

2006/11/5

東京都男女平等参画企画審議会  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
 古賀都議「男らしく務めたい」「平等参画」で迷言

 東京都の第三期男女平等参画審議会委員に、一〇月二四日付で古賀俊昭都議(自民)が就任した。
 古賀氏はジェンダーフリーと性教育バッシングの急先鋒の一人で、二〇〇三年七月には都立七生養護学校を田代博嗣(自民)、土屋敬之(民主)の両都議と「視察」し、教材を没収している。
 五月に委員になった高橋史朗氏と共に、現在見直し中の都の男女平等参画プランを逆行させる方向で影響力を行使すると考えられる。
 二四日の第五回総会では、新しい委員として「男らしく務めていきたいと思っている」と挨拶。
 それに対し福沢恵子委員が「男らしくやるとはどういう意味か」と問うと「ジェンダーフリーという言葉に疑問を持ってきた。男女がそれぞれの特性を活かしてやっていく社会が望ましいという立場でやっていきたい。女性が社会に出ることが進んでいるという風潮だが、家庭や地域に貢献することも社会参加」と持論を展開した。
 さらに「男らしさとは何か」と問われると「え一、自己犠牲を厭わない、公のためにつくすとか。『らしさ』というのは歴史の風雪に耐えてきた」などと述べた。

2006/11/3

山谷えり子と統一協会  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
2004年7月5日(月)
■ジェンダーフリー・バッシングの真実?


 先日、たまたま amazon の広告で「ジェンダーフリー・性教育バッシング ここが知りたい50のQ&A」と言う本を見かけ、なんとなく買ってみました。そもそも、ジェンダーフリーなんてものに興味が無いので、まるっきり偶然なのですが、読んでみると、実に驚くべきことが書いてありました。
 この本によると、ジェンダーフリー思想への根拠の無いバッシングは、統一協会が裏で糸を引いて行っているそうです。突然、カルト宗教の名前が出てきて、ビックリです。
 該当部分を、誤解の無いように全文引用してみます(元は縦書き。数字を算用数字に変換、およびリンクしたのは、私)。

 で、表立ってバッシングしているのは、主に「産経新聞」「新しい歴史教科書をつくる会」「構造改革急進派」などの新保守主義勢力なのらしいですが、統一協会と繋がっているってことでしょうか?
 そう言えば、山崎拓・自民党幹事長と統一協会関係者が愛人関係にあったと言う報道もありましたね。なにがなんだか、良く分かりません。
 ちなみに、googleで「ジェンダフリー」を検索すると、統一協会系サイトが一番上に出てきます。

Q:統一協会、国際勝共連合、それらの関連団体などは、今回のバッシングどうかかわっているのでしょうか?

 統一協会とその政治部ともいうべき国際勝共連合は、これまでのジェンダーフリー・性教育バッシングにも深く関連してきましたし、むしろ原動力としての役割を果たしてきたといえます。

2006/10/27

難波裁判長への誹謗中傷集会!?  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
 難波裁判長への誹謗中傷集会!?

こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です! (これはBCCでお送りしますので重複ご容赦を)
 毎度おなじみ!? 三悪都議の一人、土屋が都議議会棟で行った「9・21名判決を出した難波裁判長を誹謗中傷するための集会」について、お知らせします。
 これは、三悪の熱烈なる応援団長、神奈川は平塚市の中学校の右翼女性教員(音楽専科・日教組組合員・・・情報を取るために入っているのでは、といわれている)のサイトにあったものです。聞くところによると150人くらい参加していた(今までの実績!? では200人くらいは動員されていますが)、という話です。

―東京都教育委員会への緊急要望集会―
  10月24日(火) 午後1時会場  午後1時開会
  都議会議会棟 6階  第一会議室に結集しよう!
    都議会へは、JR、丸の内線「新宿」西口下車
    大江戸線では「都庁前」下車  京王プラザホテルの先です。

            皆さんへのお願い   
                       都議会議員  土屋たかゆき
□ 東京地裁でとんでもない判決が出ました。国旗、国歌は軍国主義の精神的支柱だったと言う前提で、卒業式などで教員が国歌を斉唱することを命じることは「憲法違反だ」と言うものです。
□ 東京都の都立高校では、平成11年当時、国歌斉唱をする学校は12校しかありませんでした。国旗の掲揚も全国ワースト1です。
□ その不正常な状態を私や、都議会三羽烏の都議が質問をして是正させて来ました。やっと正常化に向けてスタートした教育改革が、ストップしたら大変です。
□ 他の裁判では、組合側は連敗続きですが、ひとつでも勝つと「勝った、勝った。憲法違反の君が代斉唱強制は止めろ」と言います。
□ 教育委員会は控訴しました。この教育委員会を応援する意味と、不当判決を出した難波裁判官の罷免を求めて、緊急の集会を開催します。

2006/9/10

注 目 判 決 紹 介 (3)  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
南京大虐殺生存者、名誉毀損で日本人著者に勝訴

 南京大虐殺の生存者・夏淑琴さんが、日本の東中野修道氏と松村俊夫氏を名誉毀損で訴えていた裁判で、南京市玄武区人民法院は23日、原告勝訴の1審判決を言い渡した。中国の裁判所が南京大虐殺に関する民事訴訟で判決を言い渡したのは初めて。新華社のウェブサイト「新華網」が報じた。

 同法院は被告である東中野氏と松村氏、およびその出版元の展転社に対し、原告である夏さんの名誉を毀損する本の即時出版差し止め、すでに出版された本の回収および廃棄、中日両国の主要メディアの目立つ位置への謝罪広告の掲載、慰謝料160万元の夏さんへの支払いを命じた。判決に不服がある場合、被告は30日以内に南京市中級人民法院に上訴することができる。今年77歳の夏さんは「裁判所は公正な判決を下した」と判決に満足を示した。

 被告側は出廷しなかった。

 亜細亜大学の東中野教授は1998年、「『南京虐殺』の徹底検証」、自由主義史観研究会の松村氏は「『南京虐殺』への大疑問」をそれぞれ展転社から出版した。これらの本は夏さんら南京大虐殺の犠牲者を「偽の証人」「政府にそう仕立て上げられただけ」と説明し、特に夏さんについては「故意に事実を捏造し、人々をだまして有名になった」「その証言は、ある人がある時期に想像で作り上げたもの」としている。

 夏さんは2000年に両氏と展転社を名誉毀損で同法院に訴え、名誉毀損行為の即時停止、中日両国の主要紙上での謝罪、160万元の賠償を求めた。同法院は2004年9月15日と16日に反対尋問、同11月23日と25日に公開審理を行ったが、被告側はいずれも出廷しなかった。

2006/4/29

右翼偏向都議による都教委引き回しの実態(3)  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
職務命令の形骸化をすすめる校長

 では、教育庁はこんな校長を放置していたのか。実際はそうではない。
 当時の高等学校指導課長が「形式を伴わない職務命令書は認められない」と、西高の校長を厳しく指導している。当時の高等学校指導課長に聞いてみると、こんな指導が行われていたことになる。
--------------------------------------------------------------------------------
メモ
(注「私」とあるのは当時の高等学校指導課長)
 平成16年4月の入学式に向け、高等学校教育指導課は、通達後初めての入学式でもあり、課長の指示の下、入学式正常化の取り組みを卒業式同様行った。
 4月当初から、3地区担当指導主事から、「西高校が職務命令を出さないでいる」旨の報告を受けた。その場で、担当指導主事に、「校長が変わったことでもあり、この入学式には必ず出すよう指導せよ。最後は私が指導する」旨指示をした。
 指導主事の度重なる指導にも関わらず、「西高校長が指導に従わない」旨の報告を受けたことから、課長として指導することとした。
 4月6日夕刻、校長に電話をした。やりとりは以下の通りである。

課長 個別的職務命令を文書で出していただきたい。
校長 出すつもりはない。
課長 困難な中で他の校長たちががんばっている。管理主事出身の先生が出さないことはおかしいのではないか。
校長 そんなこと言っても、この学校なりの難しさがあるんだよ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ