2005/2/4

IOND大学(?)の助教授  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
2000年頃のIOND大学の講義紹介

現代政治学
●憲法とは何か;土屋 敬之(助教授) 4単位
 日本国憲法所定の平和主義とその矛盾点を中心に我国憲法を論憲する。
 テキスト:「憲法とは何か」、櫻井よしこ、小学館
●選挙入門;土屋 敬之(助教授) 4単位
 選挙民の政治意識は変わりつつある。選挙は、投票という方法を通じて、未来を選択することだ。
 無党派層の拡大を含めた、今日の市民の政治意識を分析し、明日を選択する。
 テキスト:福岡政行「日本の政治」早稲田大学出版部
●戦争論;土屋 敬之(助教授) 4単位
 日清・日露から大東亜戦争まで、私達日本人は何のために戦ってきたか。
 また、戦後の平和主義の虚構とは何かを考察する。
 テキスト:小林よしのり「戦争論」幻冬舎、藤岡信勝・東中野修道「『ザ・レイプオブ南京』の研究』祥伝社、
 土屋敬之「ストップ偏向平和祈念館」展転社、鈴木明「新南京大虐殺のまぼろし」飛鳥新社

当時、土屋都議はIOND大学の助教授として、上記のような講義をやっていたそうだ。
どなたか実際に受講した人がいたら、どんな内容だったか教えていただきたい。
現職都議が、憲法についてどんな講義をしたのかとか、大変興味深い。

2005/2/3

えっ!蓮舫さんが、土屋都議を支援??  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
土屋たかゆき都議は、来年の都議選に向けて、
板橋区内に、次々とポスターを貼りまくっている。
その中に、ひときわ人目をひく、ポスターがある。
土屋都議と、岡田民主党党首が並び、下の方には参議院東京都選出蓮舫議員も写っている。
まさか!蓮舫さんは、土屋の人物と政策を、本当に知っているの?

これをこのまま放置するわけにはいかないではないですか。
蓮舫さんと、岡田党首に、今こそ、土屋の実態を知ってもらいましょう。
皆さん、下記のメールアドレスに、真実をぶちまけましょう。
 ■蓮坊 ホームページ http://www.renho.jp/
      メールアドレス info@renho.jp

 ■岡田 克也 URL: http://www.katsuya.net/
       E-mail: g01083@shugiin.go.jp

■誰でも出来る一言抗議メールを今すぐ送ろう!例;
  極右偏向土屋都議の応援は止めて下さい。彼の言動は、
  民主党の政策集「私たちのめざす社会」と余りにも違いすぎます。
                    平和を愛する一市民より
                    自由を愛する民主党支持者より
これ以外のねたは、記事カテゴリ「T、極右都議を落選させよう!」をご活用下さい。

思い出すたび怒りがこみ上げる、土屋の悪行の数々。
足立十六中、国立二小、七生養護学校、板橋高校、反ジェンダー、反性教育、君が代の強制と強権的処分、生徒の自主性を認めず動物並みの調教教育、バックにいる間違った歴史教科書をつくる会やキリストの幕屋、英霊にこたえる会など。
これでも、あなたは、土屋を推薦しますか。

2005/1/6

蓮坊さん・岡田克也さんへのメール  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
蓮坊様
岡田 克也様

 私は、貴党の土屋たかゆき都議に人権を侵害され、最高裁も「土屋たかゆき都議は人権侵害した」と認定しました。これにつきまして、私は、下記に示しますように何度も民主党本部宛岡田党首にメールを差し上げ、善処を要請いたしましたが、全く無視されています。その上、伝え聞くところによりますと、お二方様には、事もあろうに人権侵害都議・土屋たかゆきのポスターに一緒に笑顔で写っておいでとか!?信じられません。民主党の党首と国会議員は、「人権侵害都議」を肯定し公認し推薦することを笑顔で表明されたのですよ。この行為は、貴党の基本理念と全く矛盾するのではありませんか?
 今、私は、この土屋たかゆき都議による俗悪本の出版により名誉毀損・プライバシー侵害をされ、第2弾の糾弾裁判を提訴しております。特にプライバシー侵害については、土屋都議が都教委に対して、東京都公開条例違反・東京都個人情報保護条例違反、地方公務員法第34条(守秘義務)違反を教唆扇動して、私・増田の個人情報の漏洩を実行させ、彼自身も特別地方公務員としてこの3種の法令に拘束されるところ、これも3重に破る、という実に6重の法令違反という悪質さです。これについては、分別があれば中学生にも理解できる明確な犯罪行為です。地公法違反については、「1年以下の懲役または3万円以下の罰金」と規定されている犯罪です。残念ながら、これについては時効が完成していますので、告訴できないのですが、しかし、時効になっていても犯罪は犯罪であって、この事実は永遠に消えることはありません。
 もし、本当にお二方が、自信を持って、この「人権侵害男」土屋たかゆき都議を板橋区民に推薦なさると言われるのなら、直ぐに、この土屋たかゆき都議に対して、己の犯した犯罪を認めさせ、私・増田に謝罪させてください。この「ケジメ」がつかない限り、お二方は、「不法行為」と「犯罪」の加担者であることを、天下に表明することになりますが、「それでも良い」とおっしゃいますか?
 岡田党首には、全く、これまで何回も民主党本部に送った私・増田のメールを全く無視されましたが、今回は、必ず、ご回答をお願いします。

民主党・岡田克也代表殿
                           都内中学校教諭・増田都子

 この意見メールに、私以外にもたくさんの批判が寄せられていると思いますが、貴党所属の、たいへん評判の良くない都議会議員・土屋たかゆきによって、私は人権侵害を継続反復して受けております。詳しくは拙著『教育を破壊するのは誰だ!ドキュメント・東京足立十六中学事件』(社会評論社)を是非、お読みいただきたいのですが、下記資料のように司法も都議・土屋が「人権侵害をした」と認定し、35万円の賠償を命令しました。しかし、この男は金だけは支払ったものの、謝罪要求をしても知らぬフリを決め込み、人権侵害という、この上なく悪いこと、人としての道徳・倫理に反すること(貴党の「基本理念」の「第4」は「『国民主権・基本的人権の尊重・平和主義』という憲法の基本精神をさらに具現化します」となっております)をしても、何らの反省もなく、道徳心の欠落を暴露しております。それでいながら「日の丸・君が代」の強制にだけは狂奔し、卒業式において、祝われるべき卒業生に『君が代を歌え』と来賓席から怒鳴るなど、教育を土足で踏みにじることに嬉々としております。
 下記資料に明らかなように、『平和教育を守る会』代表の大野昭之氏は、これまで貴党の基本理念に反して人権侵害を継続反復して実行しながら何の反省もしない厚顔無恥な土屋たかゆきという都議会議員に対して、調査の上、貴党のルールに基づき相応の処分を与えるよう、菅元代表や都議会民主党幹事長や海江田万里国会議員(秘書氏に会いました)らに請求してきましたが、全く、無視されてきました。
要するに民主党という政党は、党の『基本理念』に反する『人権侵害』を都議会議員などをしている男が実行してもまったくお咎めなし、ということでしょうか?それでいて「自由で安心な社会の実現をめざして」(貴党の基本理念のスローガン!)などと主張できるのでしょうか?貴党は、貴党所属都議・土屋たかゆきの人権侵害を公認しながら『自由で安心な社会の実現をめざして』いるのでしょうか?
貴代表の『まっすぐに、ひたむきに』(今回参院選スローガン!)という言葉が、単なる選挙目当てのカラ文句でないとおっしゃるなら、前任者たちとの相違を見せて、早急に調査の上、土屋たかゆきに相応の処分を与え、私・増田に謝罪させてください。岡田代表は無責任な前任者達と違うところをみせて、お返事をくださるものと期待しております。よろしく、お願い申し上げます。

<資料>
菅直人・民主党代表殿

 貴党の東京都議会議員・土屋敬之君は、下記のごとく司法権によって断罪される人権侵害事件を引き起こしながらなお謝罪せず、都議会議員の座に居座っています。よって都議会民主党幹事長宛、下記のように貴党規約に基づき速やかな調査と必要な措置を講ずるよう要請いたしました。「第1に透明・公平・公正なルールにもとづく社会をめざします」という貴党の基本理念が実行されますよう、都議会民主党に対する指導、監督をお願い申し上げます。

都議会民主党幹事長殿
貴党の都議会議員である土屋敬之君は下記のように司法権によって、現・東京都千代田区立九段中学校教諭(当時足立区立第十六中学校教諭)・増田都子氏に対する人権侵害の不法行為を行ったと断罪されました。しかるに彼は、このような人権侵害事件を起しながら、なお、謝罪もしない、という反倫理的態度をとって恥を知りません。土屋君の起こした、この人権侵害事件は、某党において辞職したセクハラ国会議員以上の悪辣、意図的な人権侵害事件であることは通常の判断力を持つ者にはあまりにも明白です。
この、土屋君による増田教諭に対する人権侵害は、貴党の基本理念である「私たちのめざすもの」の「第1に透明・公平・公正なルールにもとづく社会をめざします」「第4
に『国民主権・基本的人権の尊重・平和主義』という憲法の基本精神をさらに具現化します」に明白に違反しています。よって貴党規約第6章「(倫理の遵守)第25条、党員
は政治倫理に反する行為、党の名誉を傷つける行為、本規約および党の諸規程に違反する行為を行ってはならない」「党員が前項に違反した場合、・・・その他の党員の場合は
所属する県連の執行機関が、当該党員の行為について速やかに調査を行った結果にもとづいて、倫理規則に従い必要な措置を講じる」という規定を可及的速やかに実行してい
ただくよう、また、その結果について、文書にて可及的速やかに私・大野に通知くださいますよう御願い致します。

民主党都議会議員・土屋敬之君に対する謝罪と辞職要求書
君は、2000年7月1日、北千住街頭宣伝において増田都子教諭に対し、違法な人権侵害事件を起した。本件については、2002年7月17日、東京地裁は君の言動を明白に人権侵害と認定し、賠償金を課した。同年12月25日、東京高裁も原判決を支持し、本年5月30日、最高裁は、上告を受理せず、君による増田教諭への人権侵害・不法行為は、司法権によって断罪された。 しかるに君は金は支払ったが、未だ増田教諭に対し謝罪を行わず、都民の福祉のために活動すべき都議会議員の座に居座る、という恥知らずな存在であり続けている。人権侵害事件を起し、司法権によって断罪されながらも「金を払えばいいんだろう」などという態度で、なお謝罪もしないという反倫理、反道徳、ルール破りを行いながらなお恥ずることがない、などという者は都議会議員失格である。
君のような者が「心の東京革命を」とか「東京から教育を変えよう」などと言う資格は全くない。「心の教育」は、まず君に対して施されるべきものである。子どもたちの、あってはならない見本として都議会議員が存在するなど、言語道断である。君に、もし、まだ人間としての良心のひとカケラでも残っているなら、本状到達後直ちに、都議会において、増田教諭に対する人権侵害事件を起したことを謝罪し、都議会議員を辞職するよう要求する。
2003年7月31日
川崎市多摩区三田×-××-×-×-×××
増田さんとともに平和教育を進める会・代表
                     大野昭之

千代田区永田町1−11−1
 民主党代表            菅 直人殿

2005/1/2

土屋敬之が天皇の発言を批判  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
2004年12月20日(月)@ 土屋敬之が天皇の発言を批判

 ニューヨーク・タイムズ(12/16電子版)とのインタービューにおいて、土屋敬之・都議(民主党)は、天皇が「日の君の強制はよくない」と発言したことを次のような言い方で批判した。当該部分を翻訳・引用する。
 
 「どうして天皇は(日の君の強制はよくないという)考えを持っているのか尋ねられた土屋氏は、フィラデルフィアからやってきて、1946年から50年まで当時皇太子だったアキヒトを教えたエリザベス・バイニング−皇太子にあだ名までつけた−の影響を口にした。土屋氏は、『天皇は、かれのことをジミーと呼ぶバイニング女史に育てられた(からだ)』と語った」(カッコ内は翻訳上の補足)
 アメリカ人に教育を受けたので、天皇は、本来身に着けるべき価値観からずれてしまったという意味の発言である。言外に、現天皇は、天皇としてふさわしくなく、むしろ土屋などのほうが日本人としてあるべき価値観をしっかり持っているというニュアンスがほのめかされている。うーん。しかしこれは、一昔前であれば「不敬」な発言ではないのか。「一介」の都議が、そんなに簡単に天皇(の発言)を批判してしまっていいのか?それは、土屋が憎む日教組的な自由主義ではないのか。
 結局、土屋や米長は、自分達(の発言)に権威を与えるために天皇を利用しようとしているにすぎない。だから、自分達の気にいらない天皇の発言は全て、天皇としてふさわしくないこととして無視や批判の対象とされてしまう。今も昔も、天皇をかつごうとする人々の心性は同じということだろう。

 ちなみに、土屋は、同紙とのインタビューで次のようにも述べている。
 「日教組は、生徒に日の丸の白は骨の色で、赤は人の血の色だと教え続けてきた。かれらは、(卒業式などで)生徒が起立する権利を剥奪している。かれらは天皇を憎み、日本を憎んでいる」
 これはいくらなんでも誇張しすぎではないのか?

(「日々悶々」URL:http://www32.ocn.ne.jp/~everydayimpress/monmon/page1.htmから転載)

2005/1/1

岡田、民主党党首への抗議メール紹介!  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!

要請について、次の通りメールを出しておきました。
 レンボーさんのHPを見たところ、台湾出身のビジネスマンを父に持ち、中国のこと
に対して前向きな評価をしていないように思いました。土屋と余り変らぬ考えの持ち
主なのではないかと感じます。だとするとメールの出し甲斐が無いので、岡田氏だけ
にしました。

都議候補として「土屋たかゆき」氏の貴党公認の再考を強く求めます。
岡田克也様

 千葉市在住で、民間の製造企業に長く勤め、今は退職後の人生を送るものです。始めてメールを差し上げます。
 あなたのことをテレビや新聞で拝見しております。その上で、「土屋たかゆき」氏とは異なる識見・人格をお持ちと信じ、民主党のために敢えて苦言を呈します。この上は、氏の公認のご再考を強くお願いする所存です。
 土屋たかゆき氏は、戦前の日本の国家としての誤りを正当化するなど、私たちの子どもの将来を考える上で誤った選択を民衆に強いる言動を行っています。
 明治維新から先のアジア/太平洋戦争に至る日本の植民地政策によるアジア侵略の歴史は世界の人々の前で「なかったこと」と言い逃れることは到底できません。まして、直接その被害を受けた中国・朝鮮半島・東南アジアの人々は決して忘れることなどできるはずもありません。
「植民地政策を遂行したのは何も日本だけではないのになぜ日本だけが責められるのか」というのが彼らの主な言い逃れの論拠です。しかし、これも一部は当たっていますが事実ではありません。第一次世界大戦後、当時の欧米諸国は戦争の悲惨さを認識して国際連盟を作り、人種差別の撤廃・植民地の門戸開放・公正な経済競争を目指しましたが、日本はあくまで満州の権益を守ることしか考えませんでした。
 その後の日本はナチスドイツやファシズムが支配するイタリアと同盟して戦争の坂道を転がり落ちてゆきました。このような国家体制とその行ってきたことのどこに正義というものがあったのでしょうか。この史実を認識することを「自虐的」と言うのでしょうか。元ドイツの大統領の演説を引くまでもなく、私たちのこどもたちに罪はありませんが、正しい歴史の認識の上にアジアや世界の人々と付き合ってゆかなければ真の友好は生まれません。私は平安時代の僧侶が中国で勉強した足跡を訪ね旅行をしております。中国の多くの人々は親切にしてくれ、不快な思いをすることはありません。
 しかし、わが政府が過去の歴史をきちんと正視し、行うべきことは行ってくれていたら、もっと心の通う交流ができるのにと思わずにはいられません。小泉「首相」の靖国参拝を強く非難する次第です。また、「自虐的」とは、小泉「首相」が行う国民を犠牲にしての対米隷従外交を云わずして、何を言うのでしょうか。
 土屋たかゆき氏らの「自由主義史観」(この程度のものに「史観」と称するのは如何なものかといわざるを得ませんが)を称する人々の行っていることは、良心的な教育を行なう教員へ不当極まる干渉を行い、同教員への名誉毀損行為によりこれが「人権侵害」と最高裁で認定される、日の丸・君が代を学校式場の現場で生徒へ強制する、親と教員が話し合って行われている養護学校の優れた性教育に不当極まりない干渉を行う、などなどです。
民主党の党是、民主主義社会の理念と到底相容れるものではありません。
 貴党に対する私たちの希望をずっと持ちつづけることができますように、同氏の公認をご再考くださることを強く願って「送信」ボタンを押す次第です。

2004/12/8

都教委が「おそれ」るもの  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
こんばんは。3悪都議&犯罪都教委と断乎闘っている増田です。昨日は、お忙しいところ、都教委個人情報漏洩糾弾裁判に多数、傍聴参加いただき、たいへん、ありがとうございました。
今回、都教委が裁判所に提出した「意見書」には、またまた、きわめて興味深い内容が書かれてありました。我々は、横山洋吉教育長、近藤精一指導部長はじめ、土屋たかゆき都議や伊沢けい子都議らを証人申請しているのですが、都教委によれば、彼らはみーんな証人として必要でなく、都教委が考える下っ端の他の「二人だけで十分」と主張します。その内容が本当に笑えるので、以下、ほんの一部をご紹介します。


・「指導部管理課は・・・指導部における、都議等の対外的な折衝の窓口ともなっている。・・・なお、議員への資料提供等については、指導部内において協議された上で、指導部としての判断のもとに、行われていたものである」
◎そこで、我々は、すかさず、この「指導部内において協議された」その記録を提出するよう要求しておきました。是非、これを読んでみたいですね!

・指導部長・近藤精一が証人として必要ない、という理由
「指導企画課は、教科指導の企画調査、道徳・特別活動の指導、学校経営・教育方針、教員の研修等を所管する。・・・しかしながら同課は、道徳・特別活動の指導(例えば国旗・国歌の指導)、学校経営・教育方針なども所管している。このことから、原告側の尋問が、原告の教育方針の正当性を主張して証人非難に終始する可能性もあり、証人尋問の体をなさなくなるおそれも大きい」
◎笑っちゃいますね!? 「おそれ」てますよ!? でも、もちろん、絶対に近藤精一・現指導部長は証人として必要という意見書を提出

・教育長・横山洋吉が証人として必要ない、という理由
「・・・公文書の保管等の管理は課単位で行われ、その開示・非開示についても、担当課長の判断と責任で行われるのであり、教育長などのトップが関与することはあり得ない。・・・しかも、原告の主張によれば、本件各文書の提供は『守秘義務に違反する犯罪行為』だというのであるから、横山氏の最高責任者としての責任追及に終始し、証人尋問の体をなさなくなるおそれも大きい」
◎笑っちゃいますね!? 「おそれ」てますよ!? でも、もちろん、絶対に横山洋吉・教育長は証人として必要という意見書を提出

・土屋たかゆきが証人として必要ない、という理由
「・・・本件訴訟の争点に関する限り、前記教育庁の職員でこれを十分解明することができるものと思われることから・・・必要はない。にもかかわらず、あえて同氏を申請しているのは、本件訴訟における証人尋問の場を利用して、むしろ、土屋敬之氏本人に対する個人攻撃を考えているものと思われ、このことからすれば、土屋氏の証人採用は、無意味なだけでなく有害であると考える」
◎大笑いですよね!? 「証人尋問の場を利用して、むしろ、土屋敬之氏本人に対する個人攻撃を考えているものと思われ」だなんて、まぁ、何たる思いやりの深さ!? 土屋と心身一体化している都教委!? でも、もちろん、絶対に土屋は証人として必要という意見書を提出

・伊沢都議が証人として必要ない、という理由
「都議会第3回定例会で一般質問を行っている。その中で同氏は『日常的に都教委では、都議の権力を使えば個人情報が流れる、手に入れることができる』『本当に恐ろしい話が通用するということです』などと都教委を非難している。このことからも分かるとおり、伊沢氏が原告を支援する立場から都議会で活動していることは明らかである。したがって、原告側の尋問では、個人情報の取り扱いについて同氏の意見を求めることに終始し、証人尋問の体をなさなくなるおそれも大きい。被告としては、伊沢氏の意見を求める必要は全くない。条例上の取り扱いについての伊沢氏の意見等については、本件訴訟では単なる参考意見にすぎないものである。以上より、伊沢けい子氏は、証人として不適当である。」
◎笑っちゃいますね!? 都教委が本当に「おそれ」ているのはなにか、ミエミエです! 
もちろん、原告としては絶対に「伊沢氏の意見を求める必要」を力説した意見書を提出


都教委が戦々恐々としていますよ! ここまで追いつめました! 今後とも、ご支援、ご協力をよろしく!

2004/12/6

土屋の言行不一致 投稿者:石頭  

東京都議会の極右トリオの一人で知られる土屋敬之。板橋選挙区。
元は自民党員(白川勝彦の秘書)だが、今はなぜか民主党。

言行不一致とは、ウソつきのこと。
鶴田博和(Who?)が、大嫌いと言ってる言葉。
この二人、同じ民主党で大丈夫?

ある筋からの情報によれば、
「偏向教育で学級崩壊・不登校・非行が増えている」というようなことを主張しているが、
彼自身、会議中にウロウロ歩き回ったり、堂々と居眠りしたり、
目を覚ましたと思ったら口汚いヤジ(というか怒声)をとばしたり、
しょっちゅう外に出ていったりと、自ら「学級崩壊」を演じている。
採決のときぐらい起きてろよな。
ってな有様らしい。

いるんだよな、こういう口先ばかり格好いいこと言って、
集団のルールを全然守らない生徒が。
君が代さえ大声で歌ってさえいれば何やっても許されると思うな!
って叱りとばしてやりたい。

------------------------------------------------------------------------------
都政新報00/07/14 コラム「記者席」より
 第二回定例都議会の最終日は情報公開条例改正案などの議案を次々と可決したが、民主党の土屋議員は、起立すべき議案のときに起立せず、深い眠りに。同僚の和田議院が後ろから扇子で頭をたたいてみても、いっこうに起きる気配がなく、結局、賛成すべき議案に「反対」の意思表示をしてしまった。
 これをつぶさに見ていた石原知事は、議会終了後の各会派あいさつ回りで、「立たないからどうしたのかと思った。頭をたたいても起きないんだから」と指摘。河合幹事長も「総括しないといけない」と苦笑いだったが、当の土屋議員は廊下で知事とすれ違った際、知事からとがめられても「面白くないので寝てました」とケロリ。

2004/11/27

土屋の後援会の顔ぶれ  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
右翼偏向土屋都議(5)〜後援者 投稿者:石頭  投稿日:11月18日(木)23時26分40秒

怪しげな顔ぶれ満載の、土屋都議の後援会(東京敬友会)、
およそ民主党の支持者とは無縁の肩書きと名前が並ぶ。
<http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/enter.html>

「新しい歴史教科書をつくる会」の副会長2名。
  ■東京大学教授 藤岡信勝(正確には元東大教授、現拓殖大教授)
  ■明星大学教授 高橋史朗
皇室を敬愛し、憲法と教育基本法の改悪を目指す「日本会議」の東京都本部副議長でもあり
  ■日本を考えるMC東京会 児玉久寿
靖国参拝をすすめ、百人斬り訴訟を起こしている
  ■英霊にこたえる会 倉林和男
怪しげな新興宗教
  ■キリストの幕屋 河合一充
本宮ひろ志の「国が燃える」を攻撃した
  ■国民新聞代表取締役 山田惠久
短時間では調べ尽くせない。要するに、札付きの右翼のオンパレードである。
本人は、旧民社党系の民社協会の民社人権委員会のメンバーでもあるそうだが、
まともな(普通の、正統な)人権団体の名前は皆無である。

ところで、前回の選挙の時、こんなことがあったようだ。
> 土屋のHP見てご覧よ。
> 選挙に不利だからと、「おすすめリンク」を閉鎖したぜ。
> 「自由主義史観研究会」「南京大虐殺はなかった」とかの
> HP薦めていたくせに、選挙で連合の協力を得ようと
> せこいこと考えたもんだ。

ということは、前回は、連合の支援も取り付けたようだ。
すると、連合の政策との齟齬も検証しなければならない。

2004/11/26

マニフェストだとかほざいていた民主党も  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
選挙民の愚弄、許せない! 投稿者:海月  投稿日:11月20日(土)02時50分44秒

土屋君は、皇民党か反民主党を名のるべきだな。
マニフェストだとかほざいていた民主党も、選挙民・選挙制度・民主主義を愚弄しているこのひどい現状にしっかりと責任を取るべきです。私たちも二枚舌に愚弄されているままではいけません、きっちりとカタを取らせなければ、ロゴスでは動かない情けないこの国の腐敗ぶりはますます進行していくでしょう

2004/11/26

土屋のここが許せないシリーズ  Tこんな極右偏向都議を許せるか!!
極右偏向土屋都議(1)〜台湾問題 投稿者:石頭  投稿日:11月14日(日)

民主党公認として、何かおかしい土屋都議。そのおかしさを時間をかけて検証していって見ましょう。とりあえず、分かりやすく「台湾問題」のズレから。

[土屋都議の主張](土屋HP がんばれ!台湾!)
・台湾の正名運動を支持します。
・台湾は完全な独立国家です。
・早期に台湾との国交回復をすすめましょう。
・台湾海峡の安全はわが国の安全にもつながります。
  日米安保条約発動の範囲であることを宣言すべきです。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/enter.html

[民主党の政策](民主党政策集【8】外交・安全保障)台湾問題
 民主党は、台湾の一方的な独立を支持せず、同時に中国の台湾に対する武力行使については断固反対します。わが国は、台湾海峡をめぐる緊張が生じないように中国・台湾にあらゆる予防的働きかけを行うことを最重要課題の一つに位置づけるべきです。その際には、1972年の日中共同声明が前提となることは当然のことです
http://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/manifesto/index/index.html

-------------------------------------------------------------------------------
極右偏向土屋都議(2)〜ジェンダーフリー 投稿者:石頭  投稿日:11月15日(月)

◆民主党の政策集には、「ジェンダーフリー」の文言がしっかり載っている
【2】消費者・人権・共同参画 「男女共同参画 」
 人生80年時代、ライフスタイルの多様化は、いまや男性にも及び、性別・年齢にかかわらず多様なライフスタイルを生きる時代になりました。しかし、私たちの社会システムは、旧態依然としたままで、社会の活力を失わせています。時代と社会の変化に適合した新しい女性政策が必要とされています。多様なライフスタイルを前提に、性別や年齢を問わず、自立した男女がともに参画できる社会システムづくり、そんな新しい女性政策(男女共同参画)が日本に活力を蘇らせます。老若男女が、それぞれ生きがいを感じる社会システムづくりが社会全体を豊かにするのです。性別役割分業を固定化しない(ジェンダーフリー)社会こそ、日本を再創造するカギとなります。
http://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/manifesto/index/index.html

◆対する土屋都議は、この言葉がお嫌い。都議会の議事録から引用。女性財団も目の敵
2000.02.02 : 平成10年度_各会計決算特別委員会(第8号) 本文
◯土屋委員 そろそろ質問を終わりますけれども、財団を指導するというと、何か第三者的なんだよね。そうではないじゃない。全額税金で運営されているんだ。ですから、私の支援者の中でも、シングルマザーの人もいるし、この前も陳情に来て、生活が大変だ、だけど、まじめに国民健康保険も納めている。一方でそういっておいて、一方で、同じ東京都の懐、同じだから、その予算の中で、こんなわけのわからない団体に三百万も金出しておいて、やっている内容を見たこともない。もう済んじゃったことは仕方ないかもしれないけれども、今後、女性財団のあり方について、石原知事とよく相談してくださいよ。(略)
 だから、平和とか民主主義とか、それから、いわゆる男女平等というのは、そういう特定の勢力に利用されやすい項目なんです。(略)
 ですから、局長答弁は形式的な答弁しかないんだろうから、それは必要ないんで、生活文化局の助成のあり方、それから、ジェンダーフリーの考え方、これを、しつこいようだけど、知事が変わったんだから、青島じゃないんだから、だから、やっぱり行政は知事の政策を実現することが第一の目的だと僕は思うから、ぜひそれはしっかり受けとめてやってください。これは意見です。
2000.11.07 : 平成12年総務委員会 本文
◯土屋委員 僕は、今若い男の子が非常に無責任だと思うのは、行き過ぎたジェンダーフリー教育の結果ですよ。だから、そこら辺は少し反省したらいいんじゃないですか。何でも人権だとかジェンダーフリーだというと、それに正当性があるといって行き過ぎたらだめですね。それについては十分協議してください。
 それと、平成11年11月27日、ここにも問題があるんだな。制服は本来強制されるべきではないといいますといっているんだよ。制服は人権を抑圧するものなんですか。では、私立高校や私立中学では、生徒の人権が抑圧されているということになるじゃないですか。これについてはどうお考えですか。
http://www2.gikai.metro.tokyo.jp/

最近は盟友の古賀俊昭都議(自民)が前面に出ているようだが、思想は同じ。

-------------------------------------------------------------------------------
極右偏向都議土屋敬之(3)〜教育基本法 投稿者:石頭  投稿日:11月16日(火)23時22分2秒

■都議会民主党も賛成して、教育基本法改正の意見書採択(2004-07-01)、に関する土屋の意見
第二回都議会定例会で、民主、公明、自民などの賛成多数で教育基本法改正に関する意見書が採択された。教育基本法は、アメリカ占領軍によって作られた教育政策で、占領政策の一環として作られたものである。戦後、占領憲法と並んで、不磨の大典として今日まで存在した来たが、ここに来て、議論の対象となった。(略)今、憲法論議が盛んになり、教育基本法改正が俎上に載っている。戦後体制打破の視点からは、歓迎すべきことではあるが、一方で、八木秀次高崎経済大学助教授のように、「改正」が「改悪」に走る危険を予測する識者もいる。つまり、教育界の一部に今もある、サヨク思想が進入すると言う危惧だ。確かにその通りで、何を保守すべきかを自覚しない「保守」の下での改正は、男女共同参画が家族解体勢力に利用されている二の舞になりかねない。教育基本法改正論議に当たっては、何を保守すべきかのガイドラインを設定して議論をしてもらいたいものだ。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/enter.html


■民主党教育基本問題特別調査会「21世紀の教育のあり方について(中間報告)」2001年2月27日
(はじめに)
 このような中、昨年、総理の私的諮問機関として教育改革国民会議が発足し、12月に最終報告が打ち出されました。その中で、「新しい時代にふさわしい教育基本法を」という一つの項目を立て、「教育基本法の見直しに取り組む」必要性を説いていますが、極めて曖昧な表現で説得力がありません。
 これに対して私たち民主党では、昨年より教育基本問題調査会を設置し、民主党の教育ビジョンや教育基本法のあり方について議論を重ねてきました。
 もちろん民主党は、一部の保守勢力が志向する「国家至上主義的」「全体主義的」改悪に反対です。民主党はあくまでも、時代の変化に逆行するのではなく、明日の日本の教育理念を作り上げたいと考えます。社会の荒廃の一部である教育の荒廃は、教育基本法の改正で解決するものではありません。この視点に立ち、ここに、民主党の21世紀の教育のあり方について提案します。
http://www.dpj.or.jp/seisaku/kyoiku/BOX_KK0015.html

都議会民主党も、公明党より右寄りのようで、どうしようもない決議に賛成している。
民主党本部も、はっきり「教育基本法改悪反対」を打ち出せないのは情けない限りだが、それでも土屋が目指す「保守(=国家至上主義)」とは反対方向であることは明らかだろう。

--------------------------------------------------------------------------------
極右偏向土屋都議(4)〜学習指導要領 投稿者:石頭  投稿日:11月17日(水)23時38分6秒

既に何人かの方が、指摘している教育政策の根本矛盾。
学習指導要領については、教育界に、大綱的基準か、法的拘束力か、の長年の議論があるが、
民主党は、将来的に学習指導要領の廃止を視野に入れ、その大綱化をうたっている。
それに対し、土屋都議は、一字一句違反は処分にあたるような金科玉条ととらえている。

■民主党政策集【6】教育・文化・科学技術
学習指導要領の大綱化
 地域・学校・学級の個別状況に応じて、学習内容・学校運営を現場の判断で決定できるよう、学習指導要領の大綱化と最低基準性の明確化を行い、現場裁量権を大幅に拡大します。また、高校の学習指導要領については速やかに廃止します
http://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/manifesto/index/index.html

■土屋たかゆき 東京・国旗国歌騒動と偏向マスコミの扇動(「正論」平成16年6月号)
高校の学習指導要領には何と書いてあるか。さすがに小中学校と違って、詳細な規定はないが、国歌斉唱の指導はしっかり記載されている。
土屋委員:一般論として、学習指導要領に基づく教育が行われていなければ、教員がその職責を果たしていないと言うことであり、処分の対象となるのではないか
横山教育長:学習指導要領に基づく教育が為されていなければ、処分の対象となる。(平成16年予算特別委員会3月16日総括質疑)


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ