2021/6/20

明けない夜はない(56)<「打ちてし止まん」の五輪強行反対行動(その12)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 新型コロナ感染が十分に終息しない中、菅政権は6月17日、▲ 東京、大阪などの7都道府県の「緊急事態宣言」を20日までで解除し、その後3週間の「まん延防止重点措置」を実施することになった。

 一方、スポーツイベントなどの人数制限は五千人から一万人にし、東京五輪もそれに基づくとした。
 スガ首相は「東日本大震災から復興を遂げた姿を世界に発信し、子どもたちに夢や感動を伝える機会になる」などと述べた。
 まさに、コロナ禍でも強行し、子どもたちを動員すると述べているのである。
 しかし、昨日(6月18日)、政府の「新型コロナ感染症対策分科会」の尾身会長ら26人の感染症を専門とする有志は連名で、「無観客が望ましい」とする提言を、政府と組織委員会に手渡し、IOCとIPCにも伝えるように求めた。

続きを読む

2021/6/18

「ICT教育推進・文科省の教育改革は何をもたらすのか」学習討論集会の案内  X日の丸・君が代関連ニュース
 ★ 予防訴訟をひきつぐ会 第9回総会・第12回学習討論集会
   会員以外の方・どなたでも参加できます。新規会員歓迎!


 コロナ禍で学習会を延期してきましたが、GIGAスクール構想に基づく教育改革なるものは前倒しですすめられています。
 広い会場(210名)とマイクを用意し、皆様にはマスクの着用、間隔をあけた着席等、感染防止にご協力をお願いします。
 学校現場の状況を把握し、国・地方自治体が迫る教育改革の狙いを理解しあい、対応を討議したいと思います。よろしくお願いします。

 日時:2021年6月20日(日)13時半〜(開場13・15)
 場所:文京区民センター2A会議室
 13:30〜 総会:活動報告・方針、会計報告・予算、質疑 *会場にて会費納入可
 14:40〜 学習討論集会 *資料代500円
 テーマ:コロナ禍の学校の実態とIT教育推進・文科省の改革は何をもたらすのか


続きを読む

2021/6/16

明けない夜はない(55)<「打ちてし止まん」の五輪強行反対行動(その11)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 6月13日▲ イギリスで開かれていたG7が閉幕した
 「中国への対抗姿勢鮮明」(実質は米英日が主導)したなどと報じられている。
 しかし必ずしも一枚岩ではなさそうだ、Brix問題ではEUはイギリスともめているし、中国問題ではフランス・ドイツなどは米英日ほど強行ではない。
 そもそもG7は一部の金持ち国のサークルだと言われている。

 ただ、「東京五輪」のスガ首相にとっては、「新型コロナウイルスの克服と世界的な団結の象徴として、安全に開催することへの支持」が盛り込まれたとして、「東京大会をなんとしても成功させなければならない。そういう決意を新たにしました」ということで<大成果>だったようだ。
 しかし、人間のやることは必ずしも思い通り行くとは限らない。
 それはこの間のスガ政権下のコロナ対策を見ても明らかである。

続きを読む

2021/6/12

梅原聡さん「再任用拒否をめぐる国賠訴訟の控訴審」第1回弁論のお知らせ  X日の丸・君が代関連ニュース
 いよいよ、梅原聡さん「再任用拒否をめぐる国賠訴訟の控訴審」が始まります!! 
 ☆ 第1回期日は、大阪地裁・高裁の中で最も大きな法廷202号大法廷で行われます!!
   6月24日(木)11:15〜

 緊急事態が延長されるというような状況ではありますが、可能な方は是非傍聴をお願いします。

  『梅原さんを支援する会ニュース 第33号』(2012年5月28日)
 ◆ 控訴審で逆転勝利判決をかちとろう!
   いよいよ控訴審が始まります


 新型コロナウィルスの感染拡大が続く中、会員の皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?梅原さんの再任用拒否に対する国賠訴訟への日頃からのご支援に心よりお礼を申し上げます。
 昨年11月26日、大阪地裁は梅原さんの訴えを退ける不当判決を出しました。勝利判決を期待していた私たちにとって、本当に悔しい思いをさせる判決でした。

続きを読む

2021/6/10

明けない夜はない(54)<「打ちてし止まん」の五輪強行反対行動(その10)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 ▲ スガ政権の「五輪命」のかたくなな姿勢は変わらない。
 6月3日、分科会の尾身会長「パンデミックの中で開催することが普通でない」と言ったことについて、


 田村厚労大臣「自主研究」だと述べた。
 また、昨日(6月7日)の参院決算委員会では、西村経済再生大臣は、「分科会は五輪の可否などを審議する場所ではない」と述べ、
 また、スガ首相「私は(大会の)主権者じゃない」と述べた。
 専門家の意見も聞かず、五輪強行の責任も取ろうとしないスガ政権。
 もはや「何をかいわんや」である。

 6月5日の「東京新聞 こちら特捜部」には、<本気?小中学生ら「動員」 都内公立校 五輪81万人観戦変えず>という記事が出た。

続きを読む

2021/6/6

明けない夜はない(53)<「打ちてし止まん」の五輪強行反対行動(その9)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 6月1日、3回目の「緊急事態宣言」が再延長されました。
 また同日、オーストラリアの女子ソフトボール選手団が来日し、日本選手団への優先的なワクチン接種も始まりました。
 これを受けて、官邸幹部「中止の選択肢はない」と反対意見を封殺するように断言しました。
 明らかにスガ政権「国民の命と健康より、五輪を優先」させているのです。

 しかし、3日の参議院厚生労働委員会で、政府の分科会の▲ 尾身会長は、「パンデミックの中で開催するということが普通でない」と言いました。
 これは、スガ政権の五輪強行に対する強い批判です。
 ところで、この間私たちは東京五輪への小中高校生の動員に反対してきました。

続きを読む

2021/6/4

明けない夜はない(52)<「打ちてし止まん」の五輪強行反対行動(その8)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 本日(6月1日(火))から、9都道府県の「緊急事態宣言」(4月25日〜)が6月20日まで再延長されることになりました。
 私も属する「戦争をさせない杉並1000人委員会」(毎週火曜日の昼、区内各駅をめぐり、駅頭宣伝を行っている)では、本日、地下鉄・東高円寺駅頭で▲ <東京五輪は一日も早く中止を!!>というビラを配りながら5人で街宣を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します

 3人がマイクを握り、口々に五輪強行に強く反対しましたが、かつて区内の小学校教員であった方は、「学校現場では真夏、かつコロナ下の東京五輪に子どもたちを動員することが大きな問題になっている」と訴えました。
 また、今回の特徴としては、若者のビラの受け取りが大変良かったことです。

続きを読む

2021/6/4

五輪観戦子ども動員に対する抗議文 by 「ひのきみ全国ネット・首都圏」  X日の丸・君が代関連ニュース
東京都教育委員会 様
◎ 都教委は子どもたちのオリパラ観戦を即刻中止すべきです。

 新型コロナ感染が収まりません。変異ウイルスの感染拡大も危惧され、「緊急事態宣言」が6月20日まで延長されることになりました。
 世論調査では、五輪中止・延期が八割という結果が出ています。
 すでに、海外からの五輪観客は入れないことになり、無観客試合も考えられています。

 にもかかわらず都教委は、オリパラ教育を見直しもせず、「観戦はオリパラ教育の集大成」として、小中高校生のオリパラ観戦を強行しようとしています。
 そのため、5月10,11日には、子どもたちのオリパラ観戦を前提に、都内の教職員770名を招集し「実踏」させました。

 しかし、この間、保護者や都民からも、「子どものオリパラ観戦については、危険だから中止すべき」という声が上がっています。
 また子どものオリパラ観戦に反対するネット署名も起きています。

続きを読む

2021/6/2

「大阪ネットワークニュース 第22号」から E  X日の丸・君が代関連ニュース
  =6・12大阪ネットまとめ集会にあたって=
 ◆ 身捨つるほどの祖国はありや
「日の丸・君が代」強制反対大阪ネット代表 黒田伊彦

 ◆ コロナ禍で、国家と人権のあり方が見えてきた

 演出家で歌人の寺山修司(1935〜85)の父は、秋田県の特高部長刑事であった。45年9月にセレベス島で戦病死し、送られてきた骨箱には石ころと一葉の枯葉が入っていた。母親は三沢基地の米軍将校のハウスメイドとして働く傍ら、米兵の接客をし、修司を早稲田大学に進学させた。
 修司は海岸に音もなく吹き寄せてくる夜霧を、父の霊魂のように感じ
   「マッチ擦る つかのま 海に霧ふかし 身捨つるほどの 祖国はありや」
 と詠み、56年に発表した。
 父を奪い貧困と苛酷な境遇を強いた国家への呪誼が込められている

 コロナ禍の第3次緊急事態宣言下で、医療崩壊しつつある大阪府の健康医療部医療監(次長級)は、

続きを読む

2021/6/2

「大阪ネットワークニュース 第22号」から D  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 《書評》ルポ「日の丸・君が代」強制
   −−戦後最大の思想弾圧事件−−

志水博子
クリックすると元のサイズで表示します

 ◆ ついに出版!

 「日の丸・君が代」強制反対運動を続けている私たちにとって待望の新刊本が昨年末に出版されました。
 『ルポ「日の丸・君が代」強制』です。著者は、長年にわたってこの問題を追求し取材を積み重ねて来られた永尾俊彦さんです。
 大阪にも何度も来られ、驚くほど多くの方から取材をされました。私自身も取材を受けたひとりとして、どのような本が完成するのだろうと心待ちにしていましたが、本書を手にしたとき、そのあまりの濃密な“重さ”に少したじろぐほどでした。


 ◆ この二十年

 「日の丸・君が代」問題を扱った本としては、2000年1月に出版された田中伸尚さんの岩波新書『日の丸・君が代の戦後史』があります。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ