イベントスケジュール  X日の丸・君が代関連ニュース
 【4月の裁判日程】
  ◇  4月 8日(月)杉並区教委「請願権」裁判(15:00〜東京地裁615)

 【4月の集会日程】
 ●  4月15日(月)都教委請願行動(四次訴訟・最高裁決定を受けて)
   16:00 都庁第2庁舎10階204会議室(15分前2庁1Fロビー集合)
 ●  4月19日(金)国際人権入門講座第4回(ILO条約と働く者の権利 布施恵輔)
   18:30 青山学院大学・総研ビル8階・第10会議室(渋谷宮益坂口10分)




2019/4/21

国旗国歌強制問題は今、どこにあるのか。  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 日の丸・君が代 問われた平成
   進んだ愛国心強制
(東京新聞【こちら特報部】)


 「日の丸」の掲揚と「君が代」の斉唱が学校教育で規定された一九八九年の学習指導要領改定から三十念。平成の時代教師らにとって、思想良心の自由に「踏み絵」を迫られた時間でもあった。卒業式などで起立せず、君が代を歌わなかったのは職務命令に反するとして、処分を受けた教師らがその違憲性を訴えた裁判は今春、終結。国際労働機関(ILO)は日本政府に改善を促した。国旗国歌強制問題は今、どこにあるのか。(安藤恭子、石井紀代美)

 ◆ 処分の教員「私の心変わらなかった」

 「私にとって『日の丸・君が代』は、日本の侵略戦争の象徴。職務命令には従えないと思った。子どもたちが主役の式を乱すのではないか。式のたび迷ったが私の心は変わらなかった」
 東京都内の特別支援学校の小学部教諭を務める田中聡史さん(50)は語る。

続きを読む

2019/4/19

処分撤回を求めて(504)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 都教委に謝罪を要求
   〜最高裁決定を受けて都教委を徹底追及


 ◆ 都教委は原告らに謝罪し、最高裁で敗訴したことを公表せよ!
 被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団は4月15日、都教委の上告受理申立を不受理とし減給1月の処分取消が確定した最高裁決定を受けて、17名が参加して都教委に請願書を提出しました。都教委は中西正樹教育庁総務部教育情報課長及び同広聴担当が対応しました。

 この行動は、最高裁第一小法廷が3月28日、東京「君が代」裁判四次訴訟(一審原告14名)において、
 原告らの上告を棄却し、戒告処分取消等を求める上告受理申立を不受理とする一方、
 減給処分取消を認めた東京高裁判決を不服とした都教委の上告受理申立を不受理とする決定をし、

続きを読む

2019/4/17

被処分者の会による都教委要請行動(2019年4月)  X日の丸・君が代関連ニュース
  《澤藤統一郎の憲法日記から》
 ◆ あやまれ つぐなえ そして なくせ『君が代強制』


 弁護士の澤藤から、「君が代裁判4次訴訟」の弁護団を代表して、東京都教育委員会の情報課長に一言申し上げる。
 「10・23通達」発出以来、私は毎年々々、この季節にはこの場にやってきて、歴代の情報課長にもの申してきた。いつも、情報課長の後にいる極右というべき知事や、無能な教育長やお飾りの教育委員に語りかけてきた。私は、陳情や要請をしてきたのではない。憲法を知らず人権を知らない都教委に、怒りの抗議をしてきたのだ。
 私は、本件のような行儀のよい原告の事件ばかりを担当してきたわけではない。不当労働行為や争議介入をする乱暴な企業、解雇事件や、公害や、消費者被害や、労災職業病などの事件で、悪徳企業・悪徳商法と果敢に闘う事件の担当を経験してきた。いま、東京都がしていることは、悪徳企業・悪徳商法並みの反憲法的違法行為以外のなにものでもなく、嘆かわしいというほかはない。
 本日の抗議と要請は、3月28日の最高裁決定を受けてのもの。

続きを読む

2019/4/15

吉村大阪市長は、「君が代」指導に関する公開質問書に、回答回避。  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 吉村洋文大阪市長あて公開質問書(2019.1.17付)
  への回答(2019.4.10付)について


 松田です。
 2019年1月17日付でD−TaCが吉村大阪市長(当時)あてに提出した「君が代」指導に関する公開質問書への大阪市教委指導部責任の回答が4月10日付で送られてきました。
 8項目の質問に対する回答はすべて
「市長個人の認識や見解についての回答を求められていますが、本市施策に関して、何らかの対応を求める要望ではないこと、また、本市として、個人の認識と見解を回答することはできません。」でした。
 なぜ、こんな前代未聞の恥ずかしい回答になったのか…それは、吉村市長の責任放棄の結果です。この公開質問書を目にしながら、無視し、質問書提出の窓口となった政策企画室秘書部に何らの指示も与えなかった結果なのです。

 力づくで「君が代」を学校に強制していることが、子どもたちの目をふさぎ真実を隠すことになっているのではないか、

続きを読む

2019/4/13

アベを倒そう!(491)<2019年度入学式ビラまき>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 入学式の日程はほぼ同じなので、多くの学校へのビラまきは 難しいのですが、
 そうした中でも、▲ <大阪>と<東京>でビラまきが行われました。


 <大阪>
 (4月1日)

 A高校では、ご丁寧に校門の左右に2本の日の丸が掲揚、しかし受け取りはよくて2人で計350枚配布。
 中には朝鮮の民族服で2人の保護者も。
 また3組の予備校・塾の宣伝(うちZ会はペンも付加)もされており、その配布者の中の一人の女性はビラを見られて「在日」なので共感できると〇〇さんと会話をされていました。
 午後のB高校でも2組の予備校宣伝(河合塾はバッグ付きで)とともに。
 例年通り、受け取りはよくない一方で学校の受付に行列、また校門近くでも記念撮影の順番待ちの風景が。
 配布は2人で140枚でした。

続きを読む

2019/4/9

処分撤回を求めて(503)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 都教委請願行動(四次訴訟最高裁決定を受けて)への参加のお願い

 ◆ 最高裁で敗訴した都教委は原告らに謝罪せよ!
 「処分撤回を求めて(502)」で既にお知らせのように最高裁は3月28日、東京「君が代」裁判四次訴訟について都教委の上告受理申立を不受理とし、都教委が敗訴し、都立特別支援学校教員Tさんの4回目・5回目の不起立に対する減給処分の取り消しが確定しました。

 これにより、卒入学式等で「日の丸・君が代」を強制する10・23通達(2003年)による都教委の処分のうち、延べ76件・65名という多数の処分が最高裁・高裁・地裁で取り消しが確定したことになります。

続きを読む

2019/4/9

アベを倒そう!(490)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 この間の「改元」の大騒ぎといい、統一地方選の結果といい、デマゴギー安倍政権と闘う私たちにとっては、何とも思わしくないことが続いております。
それでも闘いは続けられています。
 本日、▲ 「4・8宮古への自衛隊配備許さない、緊急防衛省抗議行動」が行われました。雨の中約50名が参加し、宮古島の方や、練馬(朝霞基地を抱える)の方の発言があり、以下のような抗議・申し入れ書が読み上げられ防衛省に渡されました。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 防衛大臣岩屋毅様
2019年4月8日
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック

 4月7日、防衛省は琉球・宮古島で陸上自衛隊宮古島駐屯地開設祝賀式典なるものを行った。
 それに先立つ3月26日、陸自警備部隊380人を配備、軍事車両も平良港から陸揚げした。ところが、同駐屯地に弾薬庫が設けられ警備部隊が使用する中距離多目的ミサイル迫撃砲が保管されていたことが分かった。

続きを読む

2019/4/5

3.30卒業式総括集会の報道記事  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 都教委による「新たな攻撃」
   卒業式「不起立」教員に再任用打ち切りの事前通告
(金曜アンテナ)
永尾俊彦・ルポライター

 卒業式などでの君が代斉唱時の不起立・不伴奏で東京都教育委員会から処分された教職員らの「被処分者の会」などは3月30日、今年の都立学校卒業式の状況を総括する集会を都内で開催。「再任用打ち切りの『事前通告』問題」という都教委の「新たな攻撃」が報告された。
 60歳定年後の再任用を希望する教員はこれまで通常65歳まで任用されていた。だが、今年から労使協定で年金支給開始年齢(経過措置で今年は63歳)に達する年度までは採用するが、定年前5年間に処分歴がある場合、任期を更新せず、非常勤教員としても採用しないと2人の教員に事前通告した。

続きを読む

2019/4/3

処分撤回を求めて(502)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ <速報>「君が代」四次訴訟・最高裁決定 減給処分取消・一部勝訴確定

 新元号「令和」を巡る報道が新聞、テレビなどマスコミを占拠する異常事態。あるテレビは「国民皆が喜んでいる」だと(怒)!この馬鹿騒ぎは統一地方選最中の安倍政権が仕組んだものに間違いない。元号=天皇制があの戦争の惨禍を招いたことを忘れてはならない。学校現場で元号使用の強制が強まることを危惧する

 ◆ 「君が代」四次訴訟・最高裁決定 減給処分取消・一部勝訴確定(3月28日)
 東京「君が代」裁判四次訴訟(一審原告14名、上告人13名。現職教員8名)は、東京地裁(2017年9月)・高裁(2018年4月)で減給・停職処分計6名・7件が取り消され、一部勝訴しました。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ