2022/5/18

明けない夜はない(126)<新しい公共の在り方、日本でも狼煙(のろし)>  X日の丸・君が代関連ニュース
クリックすると元のサイズで表示します

<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 私たちの多くは現在、新自由主義によるグローバル化・民営化で、貧富の差の拡大や軍拡・改憲、さらには戦争の危機という大変困難な状況に置かれている。
 そうした中、東京・杉並区で6月19日に行われる区長選に、「住民思いの杉並区長をつくる会」の思いを受け止めてくれた▲ 区長立候補予定者・岸本さとこさんが現われた。
 現在、殆どの野党も参加し、多くの仲間たちが「杉並、新時代」のスローガンの下日々奮闘している。

 岸本さんのチラシには次のようなことが述べてある。
いま、杉並で起きていること。
例えば児童館や小中学校、高齢者施設の統廃合。
福祉や公共サービスの民間委託と非正規化
人の営みと居場所を奪う再開発。
これらは日本各地、さらには世界中で問題になっている事です。

2022/5/18

コロナ在宅勤務不払い裁判第8回口頭弁論  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 大阪市役所庁内メール非公開部分の文書提出命令申立書を提出
   新裁判長 大阪市に「承認研修を認めなかった理由」の説明を求める
(教職員なかまユニオン)


 5月11日(水)16:00から大阪地裁809号法廷でコロナ在宅勤務不払い裁判第8回口頭弁論が行われました。今回も18席の傍聴席満席の中で弁論を行うことができました。傍聴支援、ありがとうございました。

 4月の人事異動で、裁判長が中山誠一裁判長から横田昌紀裁判長に代わりました。新裁判長の下で行われた第8回口頭弁論では、被告(大阪市)が第5準備書面を陳述しましたが、反論に値する内容は何もないものでした。
 また、市教委が承認研修を認めない判断をした経過・理由にかかわる庁内メール(校長の問い合わせ内容とそれへの市教委担当者の回答を記載したメール)のマスキング部分の開示請求に対しては、「すでに被告として非開示理由に該当するとの判断をしているところであり、訴訟になったからといって開示に至ることはない」と拒否するものでした。

続きを読む

2022/5/16

「競争・強制でなく 命と人権を守る教育を!5・7集会」資料C  X日の丸・君が代関連ニュース
  《2022.5.7 大阪ネット集会資料から》
 ◆ 「君が代」調教NO!松田処分取消裁判にご支援を
   ・「君が代」起立・斉唱は「慣例上の儀礼的所作」ではない
   ・不起立を生徒の目から隠すのは子ども権利条約違反だ

グループZAZA・元大阪市立中学校教員 松田幹雄

 本日は、集会にでることができず、紙面でアピールさせていただきます。
 2020年12月17日に大阪地裁に提訴した、大阪市を相手とする「君が代」調教NO!松田処分取消裁判は、次回6月6日(月)の法廷で8回目となります。裁判はそろそろ証人尋問の段階に移ろうとしています。

 大阪市では、大阪市国旗国歌条例(2012年2月29日制定)に基づくとする
 「@ピアノ伴奏等によって児童・生徒が国歌をしっかり斉唱するよう指導、
 A自らが起立・斉唱することが教育効果を高めることを教職員に周知、

続きを読む

2022/5/14

「競争・強制でなく 命と人権を守る教育を!5・7集会」資料B  X日の丸・君が代関連ニュース
  《2022.5.7 大阪ネット集会資料から》
 ◆ 政治が教育から奪ったもの、そして特別支援教育の今
奥野泰孝(「君が代」不起立者)

 教員離れの原因は、長時間労働などの厳しい環境のせいだけではない。一番大きいのが、仕事を通しての希望を政治が奪ったからだと思う。
 建築家の安藤忠雄が今の日本社会で、「一番問題なのは、希望を感じている人が少ないこと」と言っている。「希望」とは「生きる誇り」とも言っている。

 教員免許更新制度は教員のプライドを奪った。
 研修は主体的にするもの。職業の専門性はどのように維持されるのかということの受け取り方を政治家が間違っていた。
 現在受け持っている児童生徒の課題の必要に迫られてする研修、長期的な教育ビジョンのための研修、など。免許更新制のために大学や教育研究機関などで用意された講座は、一般的、概論的なものが多い。

続きを読む

2022/5/12

「競争・強制でなく 命と人権を守る教育を!5・7集会」資料A  X日の丸・君が代関連ニュース
  《2022.5.7 大阪ネット集会資料から》
 ◆ 2022年大阪での卒業式・入学式等の現状
2022年5月7日現在
日の丸・君が代」強制反対大阪ネットワーク

 (1)国旗国歌条例施行後の「君が代」不起立処分など
クリックすると元のサイズで表示します

 (2)今年の卒業式・人学式での府立校等でのビラ配布活動等について

 1月11日の交渉では検討中としていた府教委は、24日に起立・清聴(または斉唱)の通達・通知を発出しました。
 これは昨年とほぼ同様の内容で、「清聴」が基本だが、可能なところでは「斉唱」というもので、学校長・教職員それぞれに、二通りの通達を出しています。
 これまでも批判してきたように、式場で斉唱による飛沫感染が起こらない条件があるかどうかはチェックしない、との校長・現場まかせの無責任な対応であること。

続きを読む

2022/5/10

「競争・強制でなく 命と人権を守る教育を!5・7集会」資料@  X日の丸・君が代関連ニュース
クリックすると元のサイズで表示します

  《2022.5.7 大阪ネット集会資料から@》
 ◆ 2017年再任用拒否国賠訴訟控訴審で逆転の勝利判決!
元大阪府立高校教員 梅原聡

 ◆ 控訴審までの経過

 私は、2017年の定年時に再任用を申請しましたが、大阪府教委がこれを拒否したので、国家賠償請求訴訟を起こしました。
 再任用拒否の理由は、卒業式の不起立で二度の戒告処分を受けていたことに加えて、「今後、卒業式等の国歌斉唱時の起立斉唱の職務命令を含む上司の職務命令に従うか?」と問ういわゆる「意向確認」に答えなかったことが決め手でした。
 2020年11月、大阪地裁が私の訴えを全面棄却したため控訴し、結論ありきで一連の最高裁判決を大量にコピペし府教委の主張を丸呑みにした地裁判決を批判して、きちんと裁判官自らの頭で考えて判決を出すように求めました。
 控訴審で第一に訴えたのは「意向確認」の問題です。

続きを読む

2022/5/10

明けない夜はない(125)<杉並、新時代。草の根から世界は変わる>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 東京都・杉並区では現在区長選(6月19日)に向け、多くの仲間たちが日々活動しています。
 昨日(5月8日)は井の頭線・高井戸駅近くのスーパー前で、▲ <住民思いの杉並区長をつくる会>の仲間約30人と、昨年10月の衆院選で石原伸晃候補を大差で破った「吉田はるみさん」と区長選立候補予定者の「岸本さとこ」さんが並んで、街宣しました。

 現在の田中区長は、新自由主義路線で住民の声を聴かず公的施設の統廃合と民営化、駅前再開発、道路拡張などを強行しています。
 また、コロナ緊急事態宣言下で、パラリンピックに子どもたちを動員(都内62自治体のうちの4自治体の一つ)したり、業者と軽井沢に公用車で出かけたり、この4月の小中学校の入学式には区長挨拶ビデオメッセージを流したり(これまでなかった)、区政を私物化し、選挙運動まがいのことまでやっています

続きを読む

2022/5/6

最後の3年生担任の卒業式では、職務命令で式場内には入れず  X日の丸・君が代関連ニュース
  《予防訴訟をひきつぐ会通信「いまこそ」から》
 ◆ 君が代5次訴訟で再処分を勝ち取る!
5次原告 山口美紀

 2003年の10.23通達発出からはや18年が過ぎた。君が代5次訴訟の原告は全員が複数回職務命令に反して処分を受けているが、15人の多くは最後の不起立からかなりの年月が経っている。なぜなら一度ならず不起立をした者は、受付や裏門警備などを命じられ、式場内に入れないことが多いからだ。
 私なども万年受付担当で、遅刻した保護者の誘導、空席へのご案内等はお手の物である。
 (ところで保護者の遅刻が多いと、君が代の最中に何度となく式場に入ることになり苦痛だったが、いつの頃からか『国歌斉唱時は入場を控える』と指示されるようになった。『え一、40秒ほどお待ちください』などと言って保護者を待たせるのである。当たり前だが「卒業生呼名」の時も「学校長式辞」中でも保護者の入場をとどめることはない)

続きを読む

2022/5/2

明けない夜はない(124)<戦争反対!改憲阻止!4・30集会の報告>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 ウクライナ戦争が長期化する中、4月26日アメリカのオースティン国防長官はドイツの米空軍基地でNATO加盟国など40カ国以上と会合、ウクライナがロシアに勝利できるとの認識を示した。
 ここには、もはや停戦の選択肢はない。アメリカが主導する40か個以上の国々(日本も参加)の同盟でロシアを倒すという姿勢を明らかにしたのである。

 同時期、国連のグテーレス事務総長は、26日にロシア(プーチン大統領)、28日にウクライナ(ゼレンスキー大統領)と会談したが、どちらにも「人道停戦」の提案をすることすらできなかった。
 こうして戦争は40の同盟国とロシアの全面的な戦争に拡大しつつある
 当然、戦火は40か国にも拡大することになろう。

 こうした状況下、本日(4月30日)、▲ <戦争反対!改憲阻止!4・30集会>(主催:都教委包囲首都圏ネットワーク)が開かれた。

続きを読む

2022/5/2

東京「君が代」裁判・第五次訴訟/第三回口頭弁論原告側意見陳述要旨B10・23通達の異常性  X日の丸・君が代関連ニュース
  【五次訴訟/第四回口頭弁論原告側意見陳述から】
 ◆ 代理人弁護士・白井 剣 意見陳述要旨
   (2022年4月28日 東京地裁709号法廷)


 このほど提出した準備書面(6)では、国旗国歌法の立法趣旨からして起立斉唱の義務づけは許されないことを述べました。6分のお時間を頂戴いたします。
 国旗国歌法の法案作成過程では、国旗国歌の尊重義務が条項から慎重に除外されました。2009年8月18日付朝日新聞には、法案作成に携わった人たちのインタビューが載っています。
 当時の官房副長官はこう述べています。「尊重義務などを書けば,罰則がなくても『義務を守らないのは,けしからん』などと言い出す人がいるかもしれない。そうした余地はないほうがいい』」。
 当時の内閣法制局長官はこう言っています。「君が代を歌わないことをとやかく言われたり,国旗に敬礼しなければいけなかったりする社会は窮屈だ。歌いたくなければ歌わずに済む社会が私はいい」。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ