2020/9/1

安倍を倒そう!(632、最終回)<行き詰まり再び政権投げるアベ(2)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 コロナ禍で、アベは政権を再び投げ出すことになったが、果してコロナ禍がそうさせたのだろうか。
 否、である。世界では日本よりひどくコロナ禍が猛威を奮っている国がたくさんある。にもかかわらず、政権を強めこそすれ、みずから投げ出す指導者はいない

 アベが政権を投げ出さざるを得なくなったのは、やはり、平和憲法を踏みにじり民主主義を踏みにじり、日本を再び戦前のような「戦争する国」にしようとすることに対し、この間▲ 多くの人々が反対の声をあげ闘ってきたことによるのではないだろうか。
 それは、秘密保護法・戦争法・共謀罪・改憲反対の闘いであり、辺野古基地・オスプレイ・軍拡反対の闘いであり、原発・核兵器反対の闘いであり、アベノミクスによる弱者切り捨て・格差拡大反対の闘いであり、

続きを読む

2020/8/31

安倍を倒そう!(631)<行き詰まり再び政権投げるアベ(1)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 昨日(8月28日)▲ 安倍首相が突然辞任を表明した。
 理由は、持病の潰瘍性大腸炎が再発し、国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなったから、だという。
 しかし、これを真に受けるマスコミや評論家はかなりの「お人好し」である
 第一次安倍政権でも彼は突然の政権投げ出しをやった。
 今回も結局は同じことである。

 第二次安倍内閣発足以来、彼はアベノミクスや東京五輪、そして9改憲を前面に出して政権を運営してきた。
 昨年までは不祥事がいろいろあったが、野党の弱体化もあり、何とか政権を維持し、今年年頭の所信表明演説は、これまでの実績を自画自賛し、夏の東京五輪を前面に出し、9条改憲を強調するものだった。

続きを読む

2020/8/21

「日の丸・君が代嫌やねん」〜「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流大阪集会  X日の丸・君が代関連ニュース
  =第10回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会=
 ◆ コロナ感染下に「君が代」強制
   〜感染防止より国歌斉唱を絶対視
(週刊新社会)


 ◆ 今こそ子どもと向き合う学校を
 東京と大阪で隔年ごとに開催される「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会。今年は7月24日、新型コロナウイルス感染第2波が憂慮される大阪での開催となった。

 集会タイトルは「コロナ危機で明らかになった教育の大分岐 ICT・オンラインでええのん?今こそ子どもと向きあう学校を」
 開会の言葉として、黒田伊彦大阪ネット代表が「君が代」強制現代史ともいうべきエピソードを紹介した。その最後の話が本年のコロナ危機の”遅れた入学式”の様子であった。
 感染防止よりも「君が代」斉唱を絶対視する教育行政に、いまさらながらであるが、「君が代」強制の本質が露わになったように思う。

続きを読む

2020/8/9

開示請求で明らかになった、都教委がコロナ禍でも“君が代”を強制した理由  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 都教委、生徒の命・安全より“君が代”優先の卒業式を強制 (マスコミ市民)
永野厚男(教育ジャーナリスト)

クリックすると元のサイズで表示します
7月1日、都教委指導部を訪れた永井さん(右)と増田さん

 コロナ禍なので今年3月は“君が代”なしの卒業式も可だ、と明確に読み取れる事務連絡を一旦、発出した東京都教育委員会(詳細は月刊『紙の爆弾』6月号で筆者が第一報)に対し、都立A高校のB校長が「飛沫感染を防ぐため、(校内放送を使い)各教室で“君が代”なしで行おうと考えている」と電話した。

 しかし、都教委の役人らは「それ(教室での実施)は、コロナ感染の状況が悪化した場合のことだ」と主張・“説得”し、体育館で“君が代”を斉唱する式を実施させていた

 こうした事実が、都教委に情報開示請求した増田都子(みやこ)元千代田区立中学校教諭(扶桑社社会科“教科書”批判の歴史・平和教育実践で06年3月末、分限免職)への、7月15日までの取材で明らかになった。

続きを読む

2020/8/7

安倍を倒そう!(630)<『国家と教育』>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 今回は、▲ 『国家と教育〜愛と怒りの人格形成』(中嶋哲彦著)の紹介です。

 筆者は「序論 新自由主義的国家改造と公教育」のところで、<本書の構成>を以下のようにわかりやすく紹介している。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 第T部には、橋下・維新の会による大阪府・市の教育「改革」を取り上げた論稿を二篇収めた。
 橋下・維新の会が大阪府・市で展開した教育「改革」は新自由主義的教育改革の実験であり、彼らにとって大阪府・市は、新自由主義改革の実行者として自らを政財界に売り込むための展示場だったのではないか、と私は考えている。・・・
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続きを読む

2020/8/5

処分撤回を求めて(516)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(一部BCCで配信。転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 今年も行います!「学校に自由と人権を!10・25集会」
クリックすると元のサイズで表示します

 命令と処分の東京の権力的教育行政の抜本的転換をめざし「学校に自由と人権を!10・25集会」を今年も開催します。集会の成功のため10・23通達関連訴訟団・元訴訟団が大同団結して実行委員会を起ち上げ準備が始まりました。
 今年の集会の概要は下記の通りです。香山リカさん(精神科医・立教大学教授)の講演、豊田勇造さん(シンガーソングライター)のライブ、都立高校教員2名の特別報告、があります。
 皆さんの賛同と参加を心より訴えます。

続きを読む

2020/8/5

安倍を倒そう!(629)<『教育・権力・社会』>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 すでに広く流れてますが、東京で中学校の近くの公道でビラまきをしていた都立高校生のI君が、7月8日に副校長に「私人逮捕」され、碑文谷警察に勾留され7月28日に釈放されました。
 その▲ 「私人逮捕」の様子が、インタースクールジャーナルに8月2日掲載されました。
 以下をご覧ください。
 ※記事URL http://interschooljournal.officeblog.jp/23761877archives/20200801html
 「転載・転送・拡散大歓迎」だそうです。
 (但しインタースクールジャーナルが報道している旨併記していただくようお願い申し上げます)とのことです。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 先日(7月24日)大阪で開かれた、▲ 『第10回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会』の大きなテーマは

2020/8/1

第10回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会:大阪からの報告(2)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 2020.7.24「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会2020へ報告
大阪市立中学校教員 松田幹雄(グループZAZA、教職員なかまユニオン)

 (1)「欠勤あつかい撤回して給料はらえ!裁判」へ

 ILO/ユネスコ合同専門家委員会(CEART)に要請に行って3月17日に帰国した後、コロナ感染症拡大状況の中での政府方針に沿って2週間在宅勤務したことを大阪市教委は8日間の欠勤とし、さらに人事評価を最低評価に落としました
 そのことによって、私は合計約15万円の実損を被りました。
 私は、今、「欠勤あつかい撤回して給料はらえ!」と裁判提訴を準備しています。詳しい経過は、配布している裁判支援の訴えを見てください。

 争いのポイントの1つは、教育公務員特例法第22条2項教員は、授業に支障のない限り、本属長の承認を受けて、自宅を離れて研修を行うことができる」に基づいて、

続きを読む

2020/7/31

第10回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会:大阪からの報告(1)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 2017年再任用拒否国賠訴訟報告
   梅原聡


 ◆ 再任用拒否までの経過と裁判の概要

 私は2012年、14年の卒業式の「君が代」不起立で二度の戒告処分を受けましたが、それ以降は、卒・入学式から排除される形が続き、新たな処分を受けることはなく、2017年に定年を迎えました。
 そこで、再任用を申請しましたが、これを拒否され、その理由については「総合的判断である」としか説明されませんでした。
 しかし、再任用審査会の議事録からは、再任用拒否の理由が「君が代」不起立処分と、その後の意向確認「今後、起立斉唱の職務命令を含む上司の職務命令に従いますか?」という問いにYesかNoで答えよという現代版の『踏み絵』)の結果だけであることは明らかで、2018年2月に国家賠償を求めて大阪地裁に提訴しました。

続きを読む

2020/7/31

「日の丸・君が代」強制と処分を隠して記述しない中学校公民教科書  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 国家意思を押し付ける検定教科書 (週刊新社会)
   「日の丸・君が代」被処分者 近藤順一


 ◆ 06年改定教育基本法の枠組

 1947年教育基本法は《国民全体に対し直接に責任を負って行われるべきもの》とされていた。
 改憲の一里塚として2006年改定では《この法律および他の法律の定めるところにより行われるべきもの》とされ、また、【教育の目標】において《五 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできたわが国と郷土を愛する》が明確にされた。
 いうまでもなく教科書には国旗・国歌法が反映され、“我が国を愛する”内容が強く盛り込まれている。
 さらに注目されるのは、「日の丸・君が代」強制を隠す記述が採られている。その典型が、1999年国会審議の答弁《職務命令・懲戒処分》であり、あたかも”強制がない”かのごとくカムフラージュされている。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ