2020/9/29

学校に自由と人権を!10・25集会の成功にお力をお貸しください!  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。
クリックすると元のサイズで表示します

 命令と処分の東京の権力的教育行政の抜本的転換をめざし毎年行なわれてきた「学校に自由と人権を!10・25集会」。現下の新型コロナ感染拡大により、様々な困難に直面していますが、実行委員会は集会の成功のため全力を挙げています。

 今学校教育はこれまでにもまして子どもたちの気持ちに寄り添うことが求められている中、香山リカさん(精神科医)の講演に期待が高まっています。
 豊田勇造さんのライブは感動を呼ぶでしょう。
 都立高校現職教員で、新たに起ち上げる五次訴訟の原告予定者の鈴木毅さん、川村佐和さんによる学校現場の実態を踏まえた特別報告もあります。
 是非集会を成功させるため、賛同と参加を心より訴えます。

―「日の丸・君が代」強制反対!10・23通達撤回!―
★ 学校に自由と人権を!10・25集会
憲法を変えさせない! 誰も戦場に送らせない!


続きを読む

2020/9/25

保育希望者は受け入れていた都立特別支援学校のコロナ禍の1学期  X日の丸・君が代関連ニュース
  《被処分者の会通信から》
 ◆ 都立S特別支援学校、2020年度の1学期
田中聡史(都立特別支援学校教員)

 私の働くS特別支援学校での、今年度の1学期の様子を報告する。
 4月と5月は休校だが、保育希望の児童生徒は登校できた。休校ではない普段の通学ではほとんどの児童生徒がスクールバスを利用しており、保育でもスクールバス利用。事前申し込み制で給食が出された。3月の休校時も保育を受け入れたが給食はなかった。
 保育希望者は各学年児童生徒のうち1〜2割。S特別支援学校は小中学部のみだが、毎日20〜30人程度。それ以外の児童生徒は放課後等デイサービスなどに朝から通所するか自宅で過ごしていたようだ。

 教員は概ね週2〜3回の「自宅勤務」が奨励された。「自宅勤務」では一日3回メールで管理職に報告し、簡単な報告書1枚を提出。教員自身やその家族が発熱した際には出勤停止(職免)になった。

続きを読む

2020/9/23

コロナ禍での学校の“新しい日常”。でも学校でソーシャルディスタンスは無理だ  X日の丸・君が代関連ニュース
  《被処分者の会通信から》
 ◆ 今、都立高校が“暑い”
   平常授業開始後の全日制都立高校の状況

川村佐和

 6月29日から都立高校は平常授業を開始した。といっても状況は学校によって違う。
 私の職場では生徒は9時登校で45分6時間授業を行っているが、10時登校40分6時問授業の学校もあれば、9時登校50分6時間授業の学校もある。8時30分登校50分6時聞授業の学校まである。
 A高校では、授業日数を確保するために、海の日もスポーツの日も授業をし、終業式の日まで考査で、夏休みに答案返却や通知表配布を行ったということだ。

 授業日数確保と言っても、都立高校では3〜5月は考査や行事等で、もともとそんなに授業は多くない。文化祭もないから2学期はずっと授業だけだ。しかも3学期はなんと1月4日から始まるのだ。
 これでは授業確保しすぎてしまうのではないだろうか。

続きを読む

2020/9/21

明けない夜はない(3)<戦争法強行から5年、政治風土の変革が生まれた>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 本日(9月19日)、国会正門前で、▲ 『戦争法強行からまる5年 戦争法は廃止!いのちをまもれ!改憲発議とめよう!
#0919国会正門前行動』
(主催:総がかり行動実行委員会)
が行われ、3500人が集まりました。

 コロナ下ということで、シュプレヒコールはありませんでした。
 しかし、行き詰まったアベの辞任と二番煎じのスガ政権の発足、それに対するこの間の市民と野党共闘の新たな流れ、を受け、気合の入った行動となりました。
 以下、発言を紹介します。

 <主催者挨拶・ 小田川義和さん>
 戦争法の後は、アベの9条改憲阻止が大きな課題だった。
 そのアベの野望を押し返し、5年間の闘いで退陣に追い込んだ。
 アベは立ち往生し、行き詰まったのだ。

続きを読む

2020/9/19

第10回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会2020大阪の報告  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ コロナ危機で明らかになった教育の大分岐
   今こそ子どもと向き合う学校を!!

石井 泉(天羽高校分会)

クリックすると元のサイズで表示します
「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会(7.24エルおおさか)

 毎年夏休みに東京と大阪交互に開催される標記全国集会が、7月24日(金)、エルおおさか南館5Fホール(10:00〜16;30)で開催された。
 新型コロナウイルス感染第2波の拡大で、講演はズーム(リモート)・座席は一つおき・マイクの頻繁な消毒などに配慮しての開催だったが、全国各地から94名の参加者が集った。
 4連休やGoToトラベル開始だったが、「不要不急」「県をまたぐ」遠出の自粛傾向が強まり、新幹線やホテルは異常なほど空いていた。千葉からは渡部秀清さんと高木正さんとの3人が参加し、大阪市内の帝国ホテルに安く宿泊できたのも思い出となった。

続きを読む

2020/9/19

大阪府教委の「意向確認書」は、厚労省の示す公正な採用選考にもろに違反する就職差別である  X日の丸・君が代関連ニュース
  《再任用拒否国賠訴訟証人尋問 補足説明》
 ◆ 「意向確認」とは?「違反質問」とはとは? (グループZAZA)


 9月9日の再任用拒否国賠訴訟の証人尋問法廷は圧巻でした。それは原告梅原聡さん、そして被告側証人であった当時の管理指導主事陳述書を読み比べてくだされば、いくらかは、わかっていただけるように思います。
 ただ、そもそも「意向確認」とは何か?「違反質問」とは何か、少しわかりにくいかもしれません。原告梅原聡さんの補足説明を掲載します。どうかお読みください。

 ◆ 意向確認とは…

 大阪府では、卒業式などで「君が代」斉唱の際の起立斉唱の職務命令に従わず懲戒処分を受けた教員らに対して、研修を受けることを義務付けています。内容は、関係する法令や条例の条文を読み上げることが中心で、30分程度の非常に形式的なものですが、この研修の最後に「今後、入学式や卒業式等における国歌斉唱時の起立斉唱を含む上司の職務命令には従います。」とだけ書かれた文書を渡され、署名押印を求められます

続きを読む

2020/9/17

大阪私立中学校教員の「コロナ在宅勤務不払い」裁判、9/17提訴  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 【独自】帰国後“自宅待機で在宅勤務”により人事評価が最低ランクに
   〜教諭が市を提訴
(MBS)


 今年3月、スイスから帰国後、新型コロナウイルスへの感染を考慮して自宅で勤務を行った大阪市の中学校教諭の男性が、在宅勤務を認められず給与を減らされるなどの不当な扱いを受けたとして、市に対し損害賠償を求める裁判を起こすことがわかりました。

 大阪市立中学校の教諭・松田幹雄さんは、教職員組合の活動でスイスへ渡航して3月17日に帰国しました。
 松田さんは、直後に国の専門家会議が海外渡航者に対して2週間の自宅待機を要請したことから、自らの新型コロナウイルスへの感染を考慮して在宅で研修を行いました。

続きを読む

2020/9/17

明けない夜はない(2)<行き詰まった政権を継承する菅内閣>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 「コップの中の嵐」にもならなかった自民党総裁選で、▲ 「安倍政権の継承」をかかげた菅氏が総裁となり、本日(9月16日)、菅内閣が誕生した。

 自民党の役職や、内閣の顔ぶれをみると、まさに、「安倍政権の継承」である。
 ということは、基本的には「アベ政治」の体制と体質を継承するということだ。

 それを象徴するかのように、アベ(8月28日に病気で辞任)は、結論ありきの総裁選の公示(9月8日)を受けて9月11日に「談話」なるものを発表、辞任表明で述べた<敵基地攻撃能力の保有>を改めて強調した。
 <敵基地攻撃>となればそれは「専守防衛」どころではない。
 「先制攻撃」であり戦争を仕掛けることを意味する。
 病気で職務に耐えられないとして辞任したアベがこのような事を言う。

続きを読む

2020/9/15

9月9日再任用拒否国賠訴訟証人尋問(大阪地裁809号法廷)続  X日の丸・君が代関連ニュース
  《再任用拒否国賠訴訟証人尋問:府教委管理主事(当時)陳述書》

◎ 陳 述 書

令和2年7月17日
○○○○
 1 略歴
 (1) 私の略歴は、次のとおりです。
   昭和61年4月 大阪府公立学校教員に採用
   昭和61年4月 大阪府立○○高等学校教員に採用
   平成 6年4月 大阪府立△△高等学校教諭
   平成19年4月 大阪府立△△高等学校主席
   平成24年4月 大阪府立△△高等学校教頭
   平成27年4月 大阪府教育委員会事務局教職員室教職員人事課管理主事
   平成30年4月 大阪府立◇◇高等学校校長(現在に至る)

 (2)本件で原告梅原聡氏(以下「梅原氏」といいます。)にーー校長が意向確認をした平成29年1月24日当時、大阪府教育庁教職員室人事課教員力向上支援グループの管理主事として勤務し、教職員の研修、指導等の業務を担当すると共に、教職員室教職員人事課が所管する再任用教職員採用選考審査会(以下「再任用審査会」といいます。)の庶務の事務をしていました。

続きを読む

2020/9/13

9月9日再任用拒否国賠訴訟証人尋問(大阪地裁809号法廷)  X日の丸・君が代関連ニュース
  《再任用拒否国賠訴訟証人尋問:原告陳述書》

◎ 陳 述 書

2020年6月16日
梅原 聡

 私は府立高校の教員として36年間勤務し、2017年3月末に定年を迎え、再任用を希望しましたが、府教委はこれを拒否しました。府教委が私の再任用希望を拒否する理由は、総合的判断とはいうものの、「君が代」に関する私の思想良心を強制的に回答させるよう意向確認に私が応じなかったことのみを理由とするものであり、明らかに不当なものです。この裁判では私の再任用が拒否された過程を、嘘偽りのない形で検証し、事実に基づく公正な結論が導かれることを望みます。

 私は2012年3月の卒業式の「君が代」斉唱時に起立しなかったため戒告処分を受けました。さらに、2014年3月の卒業式でも同様の戒告処分を受けています。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ