2019/12/31

安倍を倒そう!(566)<アフガン文書に関して>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 2001年から始まった▲ 「米国史上最長の戦争」と言われるアフガン戦争について、本日(12/27)の「朝日新聞」に、<アフガン文書 暴いた戦況>という記事が出ていた。
 それによると、アフガン戦争は実際には泥沼状態に陥り、ブッシュ、オバマ両政権でアフガニスタン担当の特別代表を務めたジェームズ・ドビンズ氏は、
 「我々は暴力が絶えない国家に平和をもたらそうとして侵攻したが、アフガニスタンでは明らかに失敗した」と述べている。
 また、この文書のことを「米政府が対外的にウソをつき続けていた証拠だ」という声も出ているようだ。

 ところで2001年当時、「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページに掲載されている『ひのきみ通信』第69号(2001年9月28日)には、以下のような記事が載っていた。

続きを読む

2019/12/29

安倍を倒そう!(565)<安倍内閣の支持率低下、「オリンピック教育」批判ビラまき(153)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 公私混同甚だしく、政治と税金を私物化し、公選法に明らかに反し、反社会的勢力の人まで招待する。このようなことが明らかになった▲ 「桜を見る会」
 しかもその資料はすべて廃棄し、何を聴いても知らぬ存ぜぬ。
 安倍政権は政権ぐるみで人に知られてはまずいことをしていた。
 まさに「隠すより現れたるはなし」である。
 その結果、最近のさまざな世論調査では、共通して安倍政権の支持率が低下している。
 昨日(12月24日)の「朝日」には、支持率は前回(11月)より6%も下がり38%に、不支持率は逆に6%上がり42%になったと書いてあった。
 安倍首相は「信なくば立たず」とか「築城3年落城1日」などと言っていたが、自らそのような状況に陥りつつある。

続きを読む

2019/12/27

処分撤回を求めて(509)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 再処分をするな!都教委要請行動を実施

 被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団は12月26日、「再処分をするな!都教委要請行動」を実施し25名が参加しました。ご協力に感謝します。
 都教委側は、教育庁総務部教育情報課長、同課長代理が対応しました。
 要請では、被処分者の会、同弁護団に加えて、河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会練馬教育問題交流会も要請書を提出しました。
 なお、都教委が私たちの要請を無視して、早ければ1月9日の教育委員会定例会で処分を決定することを懸念しています。

 長くなりますが、被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の要請書をお読みいただければ、この不当極まりない再処分の動きもご理解いただけると思います。以下全文です。

続きを読む

2019/12/27

ひのきみ全国ネット・大阪ネット、田中さん「再処分」するな都教委要求書  X日の丸・君が代関連ニュース
東京都教育委員会 教育長 中井敬三 様
2019年12月26日
許すな!「日の丸・君が代」強制、止めよう!安倍政権の改憲・教育破壊 全国ネットワーク
「日の丸・君が代」強制反対、不起立処分撤回大阪ネットワーク
★連絡先:大阪ネットワーク事務局・山田光一(略)

◎ 東京都教育委員会は、最高裁の上告却下により確定した
東京都立特別支援学校教員田中聡史さんへの減給処分取り消しへの謝罪と、
新たな「再処分」をしないことを要求する!

 最高裁は今年の3月28日、東京「君が代」裁判四次訴訟について都教委の上告受理申立を不受理とし、都教委が敗訴し、都立特別支援学校教員田中聡史さんの4回目・5回目の不起立に対する減給処分の取り消しが確定しました。
 ところがこれまで都教委は、勝訴が確定した現職の教職員に対して、違法な処分を行ったことを一切反省せず、都民・原告らに謝罪することを拒み続けてきました。それどころか、「減給処分がダメなら戒告処分ならいいだろう」と改めて戒告処分を発令(以下「再処分」という)しています。

続きを読む

2019/12/27

解雇させない会、田中さん「再処分」するな都教委要求書  X日の丸・君が代関連ニュース
2019年12月23日
 東京都教育委員会
教育長 藤田裕司様
河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会

◎ 田中聡史さんへの再処分をしないこと

 「君が代」起立を拒否し続けてきた田中聡史さん(石神井特別支援学校教諭)に対する減給1月処分は、最高裁第一小法廷が2019年3月28日、東京都の上告を棄却し上告受理申し立てを不受理したことで、上告人田中聡史さんの減給処分取り消しが確定しました。
 しかし、12月19日、都教委は再処分を前提とした事情聴取をするために田中さんを呼び出しました。今後都教委は、田中さんに対して戒告処分を出すつもりなのでしょう。

 私たちは、都教委が強行している「君が代」不起立処分に心底反対しています。再処分にも反対です。

続きを読む

2019/12/27

T教諭の聴聞手続(「事情聴取」)における弁護士の法的助言を受ける権利を奪うことは許されない  X日の丸・君が代関連ニュース
  《澤藤統一郎の憲法日記から》
 ◎ 東京都教育委員会に、東京「君が代」裁判弁護団から、抗議と要請を申しあげる。


 以下は、弁護団会議の議論にもとづいて、私が起案した飽くまでもドラフトである。もちろん、まだ弁護団の正式文書ではない。これが正式文書になるまでには、幾重もの加除添削が行われることになる。その議を経ていない、私個人の考え方を示すものとしてご理解願をお願いしたい。
 私としては、またまたの都教委の理不尽な蠢動をこの時点で、多くの方に知って欲しい。

********************************************************************

 私どもは、都立校において教職員に対する国旗・国歌(日の丸・君が代)への敬意表明強制の事態を深く憂慮する立場の弁護士で構成している弁護団です。
 「10・23通達」発出以来の、入学式・卒業式における国歌斉唱時の起立・斉唱命令に従いがたいとする教職員の皆さんからの委任を受け、「職務命令予防訴訟」、「懲戒処分取消訴訟」、「再雇用拒否違法訴訟」を始めとする数々の訴訟を受任してまいりました。

続きを読む

2019/12/27

大阪「君が代」不起立戒告処分取消訴訟上告棄却を受けて 7人の原告それぞれの思い  X日の丸・君が代関連ニュース
◎ 最高裁第三小法廷による上告棄却決定に抗議する
上告申立人 井 前 弘 幸

 私は、2014年入学式の「国歌斉唱」の際に「不起立」であったとして、同年6月に「職務命令違反」として戒告処分を受けました。処分後1年以上も経ってから、処分に関わる「研修」(2016年1月)が行われ、そこで「意向確認書」なる文書が手渡されました。このようなことは、国歌斉唱時の不起立による被処分者に対する以外には一切行われていません。
 大阪府は、同文書にあらかじめ「今後、卒業式・入学式等における国歌斉唱を含む上司の職命令に従います。」という内容を記載し、これに署名捺印するか、校長からの記載内容と同じ質問に「はい」と答えない限り、再任用を認めませんでした。
 上告人梅原は、2016年度末に退職し、「再任用」を拒絶され、大阪府の非常勤講師の職からも排除されています。私は、大阪高裁において請求が認められ、校長が職務命令を行わなかったこと及び私への戒告処分の取消しが確定しました。

続きを読む

2019/12/25

大阪「君が代」不起立戒告処分取消訴訟上告棄却に抗議する 原告団声明  X日の丸・君が代関連ニュース
◎ 最高裁棄却決定を受けて
2019.12.23
「君が代」不起立戒告処分取消訴訟 原告一同

 12月17日、最高裁判所第三小法廷は私たちの上告を不当にも棄却しました。
 大阪地方裁判所への提訴から高等裁判所への控訴、そして最高裁判所への上告を通して、私たちが一貫して司法に求めたことは、全国で唯一大阪だけにある、いわゆる「君が代」強制条例の違憲性の判断でした。さらには、3度の「君が代」不起立により免職を規定する、職員基本条例の不当性でした。
 しかし、司法の場では、それらが憲法に違反するかどうかについて一切真摯な議論はなされませんでした。私たちは、今、怒りと不信感を禁じ得ません。

 戦中、侵略戦争のシンボルとして使われた「日の丸」と「君が代」は、戦後しばらくすると、再び学校に入ってきました。

続きを読む

2019/12/25

大阪「君が代」不起立戒告処分取消訴訟上告棄却に抗議する 弁護団声明  X日の丸・君が代関連ニュース
◎ 「君が代」不起立戒告処分取消共同訴訟 弁護団声明
2019.12.23

 このたび,最高裁判所は,君が代斉唱時に起立しなかった教員らに対する戒告処分の取消し等を求める訴えについて,私たちの上告を棄却する判断をしました。
 今回の裁判で,私たちは,大阪府における卒入学式での君が代斉唱のあり方が極めて異常であることを訴え続けてきました。

 2011年6月13日,大阪府国旗国歌条例が成立しました。その直後の2011年8月19日,大阪維新の会が発表した大阪府教育基本条例案では,教員が同じ内容の職務命令違反を3回繰り返したときは免職とするという規定が盛り込まれました。この条例案は,まさに,君が代斉唱時に起立斉唱しない・できない教員を狙い撃ちにして学校から排除することを目的とするものでした。

続きを読む

2019/12/25

安倍を倒そう!(564)<膨れ上がる五輪経費、「オリンピック教育」批判ビラまき(152)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 当初、▲ 「世界一コンパクトな大会にする」とし、7300億円で出来るといわれた2020東京五輪。
 昨日(12月20日)に公表された経費はその倍近い1兆3500億円。
 IOCの上限1兆3500億円に配慮した額だという。
 しかし、実際にはすでに2016年末には1兆5000億円に膨らんでいる。
 そして会計検査院は今月上旬、「国は関連経費として、すでに1兆600億円を支出した」と公表している。
 これに今回の予算を合わせると2兆4100億円。
 さらにこれに都の関連予算を合わせれば、総額3兆円超になることは確実だ。
 これは当初予算の4倍超の額になる。
 「世界一コンパクトな大会にする」は全くのウソだった。
 たった数週間の五輪のためにこれだけの金をつぎ込む。
 そしてこれらに使われる税金は五輪に群がる企業に流れていく。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ