2021/6/22

人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を求めます キャンペーンについてのお知らせ  ]平和
 ◆ ジュールズ・ボイコフ教授との対談「犠牲の祭典──オリンピックの真実」アーカイブ動画公開しました。
   宇都宮けんじ Kenji Utsunomiya 日本(2021年6月20日)

 先日、6月13日(日)にオンラインで実施されました、『オリンピック 反対する側の論理』著者でパシフィック大学教授のジュールズ・ボイコフ氏宇都宮健児の対談イベント「犠牲の祭典──オリンピックの真実」(主催:東京五輪を問う緊急講演会実行委員会、共催:チーム宇都宮けんじ)のアーカイブ動画を公開しましたので、お知らせいたします。

 対談の内容は以下の記事にも一部掲載されています。
 ※【東京五輪】中止決定のリミットは6月末! 米政治学者が警鐘「この機会を無駄にすべきでない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f7c77b3be7e61d9b8d0f6e000a3031a9cdd581e

続きを読む

2021/6/22

日本学術会議の学者パージ(学問の不自由)と「土地利用規制法案」(居住の不自由)は、軍事国家の復活  ]平和
 ◆ 戦争政策の挑発 (週刊新社会【沈思実行】)
鎌田 慧

 学術会議六人の学者をパージした、菅政権初発の弾圧にいまだ反撃できないうちに、こんどは悪法「土地利用規制法案」がもちだされた。
 米軍基地や自衛隊基地周辺に「注視区域」や「特別注視区域」を設定、建物の所有者や賃貸人の調査、監視、さらには利用を規制する、治安立法である。

 もう政権に屈服しない。まして軍事研究は行わない、という学者の痛恨の反省が、学術会議の基本理念だ。
 が、菅首相は、公然とこの理念を足蹴にして恥じることはない。無知ほど怖いものはない。

 軍事施設周辺住民を強権的に規制する新法案の狙いと合わせると、この二つの新たな挑発をみるだけでも、菅内閣のファッショ体制の露骨さがわかる。
 前者は思想、言論の自由への弾圧であり、後者は居住の自由の制限と公安警察に新たな活動の場をひらく、基本的人権の抑圧。

続きを読む

2021/6/20

【ご案内】 デモ・リサ新作につきまして!ノー東京オリパラ Part1 Part2  ]平和
  =【ご案内】 デモ・リサの新作=
 ◆ 今どきオリンピックやってる場合か! 東京オリパラは中止しかない!!
クリックすると元のサイズで表示します

みなさま
 バタバタして誠にすみません。飾りも付けずに贈る「特番」です!
 静岡の山河進です。新天皇のお披露目「オリ・パラ」は何が何でもやらねばならない、ということでしょうか?
 「現代のインパール作戦」と言われるこの愚行を京極さんが斬って伐って切りまくります!
クリックすると元のサイズで表示します
Part1 https://youtu.be/cB633ycsFLI

続きを読む

2021/6/20

セカンドレイプの町「草津町議会の請願審議を傍聴して」感想  ]平和
皆様 こんにちは。
 「新井祥子元草津町議を支援する会」事務局の増田です。これはBCCでお知らせしています。重複、ご容赦を!
 会員のオーストラリアから留学中の女性から「草津町議会の請願審議を傍聴して」という感想をいただきましたので、以下、ご紹介します。
 それにしても来日3年で、こんな日本語文章を書けるなんて、凄いですね!

 ◆ 草津町議会の請願審議を傍聴して

 この一年間、新井祥子さんが巻き込まれている状況を愕然としたい思いで見てきました。従軍慰安婦問題について研究しにオーストラリアから東京に来ましたが、紙に書かれた資料よりも新井さんの生きた事例から学ぶことが多いという思いが強まるばかりです。

 増田都子さんが事務局をされている「新井祥子元草津町議を支援する会」に参加させていただいて、先週、草津町で11日に開かれた議会を傍聴しました。傍聴したきっかけは「支援する会」が出した請願をめぐる議論が行なわれる予定だったからです。

続きを読む

2021/6/18

強行採決されてしまった「土地規制法」はいかに危険か  ]平和
 ◆ 「重要土地調査規制法案を廃案に!」官邸前・緊急集会 (多面体F)
クリックすると元のサイズで表示します

 6月16日の通常国会会期末間際に、自公政権が重要土地調査規制法案をゴリ押しで成立させようとしている。この法案には、米軍基地がたくさんあり島ぐるみで米軍基地・自衛隊基地反対闘争を続ける沖縄の人びとは大反対だ。それを衆議院ではわずか12時間の審議で5月28日委員会通過、6月1日本会議で成立させてしまった。参議院では8日に審議入りした。

 沖縄のみならず東京でも反対者が多く6月8日夕方18時半、官邸前で「重要土地調査規制法案を参議院で廃案に!」緊急抗議集会が開かれた(呼びかけ団体:「重要土地調査規制法案」反対緊急声明事務局、フォーラム平和・人権・環境、安保破棄中央実行委員会、たんぽぽ舎、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック 参加200人)。

続きを読む

2021/6/16

「重要土地調査規制法案」は戦時中の治安立法への逆行  ]平和
 ◆ 監視国家への道 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

   怒濤(どとう)をおさえで聳(そび)え立つ
   朝鮮海峡制扼(やく)の 務めは重し、わが対馬

 朝鮮半島に近い対馬要塞(ようさい)重砲兵連隊の連隊歌の一節である。
 対馬は戦時中「日本第一の要塞地帯」(大西巨人『神聖喜劇』)と言われていた。

 大西の小説は、軍隊内での補充兵の抵抗を詳述した力作長編だが、軍隊内がばかばかしい規則に支配されていたように、塀の外もまた「要塞地帯法」や「建設物制限規則」や「軍機保護法」などに制約された、不条理な厳戒態勢にあった。
 たとえばその地域では新増設は禁じられ、写真撮影は論外、子どもたちの写生も取り締まりの対象になり、地図の作製などはスパイ扱いだった。

続きを読む

2021/6/14

九条の会事務局の声明 : 改憲手続法改正案採決強行に抗議する  ]平和
 高田健です。
 九条の会事務局が、改憲手続法の採決に抗議して声明を出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
「レイバーネット日本」から

◎ 改憲手続法改正案採決強行に抗議する
2021.06.12 九条の会事務局

 6月11日、参議院本会議で、日本国憲法の改正手続に関する法律(改憲手続法)改正案が市民や法律家団体の反対の声を押し切って可決、成立しました。
 改憲手続法は、公務員や教育者の運動規制、組織的多数人買収・利害誘導罪などにより市民の運動に厳しい規制を科す一方、投票日14日前まではラジオ・テレビCMを解禁しインターネット広告も規制せず企業などの資金力に任せた宣伝を容認し、最低投票率も設けないなど、自由で公正な国民投票の保障とはかけ離れた欠陥法ですが、今度の改正は、こうした同法の欠陥を何一つ改善していません。

続きを読む

2021/6/14

オリンピック・デーの6月23日に、NOlympics 全世界同時行動の呼びかけ  ]平和
 ◆ オリパラ反対!6・23全国・全世界同時行動呼びかけ
クリックすると元のサイズで表示します

 オリパラ強行開催が一か月余り後に迫っています。わたしたちは開催一か月前の6月23日に全国全世界に同時行動を呼びかけています。

   #オリンピックより命を守れ
   #CancelTheOlympics
   #AbolishtheOlympics
   #NOlympicsAnywhere

 などのハッシュタグとともに、オリンピックに反対するメッセージ、画像、動画、プラカードなどで一緒に意思表示しましょう。
 ご近所や最寄り駅などで同時スタンディングも大歓迎です。ぜひSNSでシェアしてください。
 以下の呼びかけ文に賛同いただける方や団体はこちらのアドレスまでお知らせください。(info@2020okotowa.link)

 東京では18時から都庁第一庁舎の2階(都庁通り)正面玄関前で抗議スタンディング&アピール、

2021/6/14

URは直ちに欠陥マンション大久保団地の劣化アスベストスレート瓦解体工事を中止せよ!  ]平和
  《今 言論・表現の自由があぶない!から》
 ★ 習志野の空からアスベストが首都圏の人々に降りそそいでいる!
   超危険!URが、大久保団地クボタの劣化アスベストスレート瓦解体強行中


超危険なクボタの劣化アスベストスレート瓦解体工事・撤去現場:本日6月11日2021年

 コロナ禍に、確実に
 中皮腫・肺がん患者を急増させる
 アスベスト暴露 警戒警報!

 UR マンションの屋根は、
 クボタの劣化アスベストスレート瓦 a !

 違法・欠陥マンション大久保団地の住民説明会と住民に対する謝罪を拒否、

 500世帯の団地住民に説明せず、住宅が密集し、0歳児から200人もの幼児たちがいる”杉の子こども園”や富士見公園・だんち公園、松信産婦人科:松信ウィメンズクリニック・こどもクリニックもあるというのに!

 URは、直ちに大久保団地マンション・アスベスト解体工事を中止せよ!

続きを読む

2021/6/12

広島の"日本会議支部事務局"が"産経新聞福山支局内"と同一!  ]平和
 ◆ 憲法・軍事問題で政府・自民党寄り報道増すNHK (マスコミ市民)
永野 厚男(教育ジャーナリスト)
クリックすると元のサイズで表示します
"日本会議支部事務局"の電話が"産経新聞福山内"となっているビラ

 ◆ 憲法記念日なのに改憲派集会を護憲派より先に報じる

 5月3日の憲法記念日集会の各紙報道は、朝日・毎日・東京が現憲法を守り活かす側(護憲派)の集会を先に報道し、改憲派の集会はその後で報じた。読売・産経は逆の順番であり、改憲派の集会のボリュームが大きい。新聞は各自がお金を出して購入する(ネット記事は一部無料のものもあるが)媒体だから、この順番の違い等は、多様であっていいと考える。
 しかし、公共放送を謳(うた)うNHKが、「憲法記念日 改正求める立場・守る立場 集会やフォーラム」と題する5月3日19時7分のオンラインニュース以降の報道で、

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ