2020/1/13

根津公子の都教委傍聴記(2020年1月9日)  Y暴走する都教委
 公開議題は「都教委児童・生徒等表彰について」の1件のみ。
 非公開議題は懲戒処分の議案3件・報告。
 「表彰」について以下、報告します。

 ◆ 子どもたちの神社での活動を
   「伝統・文化の継承活動」とするのは憲法違反
(レイバーネット日本)


 今年の表彰対象者(個人、複複数人の組、団体)は225件。内訳は、
   @「地道な活動を継続的に行い、他の児童・生徒等の範となる者」が33件
   A「当該児童・生徒が行った活動が契機となり、その効果が波及し、他の児童・生徒等の具体的な行動や取組によい影響を与えた者」が23件
   B「環境美化活動や福祉活動、伝統・文化の継承活動、子供会等、地域における活動を継続的に実践した者」が22件
   C「スポーツ・文化活動において著しい成果を上げた者」が140件
   D「人命救助又はこれに類する行為を行った者」が8件

続きを読む

2020/1/13

生徒による敷地外チラシ配布活動に対する学校当局の「言論弾圧・妨害」を都教委が正当化  Y暴走する都教委
  《inter school journalから》
 ☆ 東京都教委、日本自治委に回答書 「言論弾圧」を正当化
クリックすると元のサイズで表示します
東京都教育委員会が入る都庁第2本庁舎(撮影=平松けんじ)

 先月25日、日本自治委員会は、9月以降断続的に東京都教育委員会(都教委)に対して提出していた抗議文や要求書に関し、都教委から14ページにわたる回答文書が郵送で届いたことを発表した。回答文書は先月20日付。

 日本自治委員会は、これまで新宿山吹高校紛争をめぐり団体交渉を求めていたほか、同校や他の都立高校の学校運営に関し、要求書を提出していた。
 また、日本自治委員会が10月7日から行っている都立高校前でのチラシ配布事業「とうきょうトリエンナーレ」の際、都立高校側が配布を妨害した事例について「言論弾圧である」として抗議文を都教委に提出していた。

続きを読む

2020/1/13

都教委回答に対する日本自治委員会の抗議文  Y暴走する都教委
☆ 【発表】宣伝活動妨害への抗議に対する都教委の回答について
2019年12月25日
日本自治委員会事務総局情報局
局長 上原 瑞貴
 1.概要
 当自治委員会が東京都教育委員会に対して発出していた、とうきょうトリエンナーレ事業における東京都立上野高等学校、東京都立白鴎高等学校、東京都立国立高等学校の3校当局(以下「当該3校当局」)による妨害行為およびその他不適切な行為に関する抗議文に関して、東京都教育委員会から12月20日付で回答文書が送られてきました。

 しかし、回答の内容は、当該3校当局による宣伝妨害およびその他不適切な行為について、具体的かつ合理的な根拠も示さずに「生徒の登下校中の安全面を確保する観点から行った」とし、当該3校当局の非を全く認めないものでした。

続きを読む

2020/1/11

都庁前通信 2020年1月9日号  Y暴走する都教委
  《河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会 都庁前通信》
 ● オリ・パラ競技観戦辞退続出の責任は都教委に


 都教委にとっては、子どもの命よりも「愛国心」の刷り込みが大事?と疑ってしまう。猛暑の中でのオリ・パラ競技観戦のことである。
 昨年12月、「53区市町村のうち24自治体で割り当てを辞退する小学校があることがわかった。検討段階も含めると、今月4日時点で計307校に上る」。辞退の理由は、「熱中症のリスクを考慮してのこと」(12月10日付け朝日新聞)と報道された。

 筆者が八王子市教委に学校から上がった「観戦希望について」の文書を開示請求したところ、全学校が「全学年観戦希望」を選んでいた。しかし「自由記述欄」には八王子からの移動(有明までおよそ40km)や熱中症に対する不安を107校中43校の校長が記述していた。

続きを読む

2020/1/11

生徒会に代わる新しい生徒自治運動「日本自治委員会」新年の辞:ブラック校則「僕は嫌だ!」と声をあげよう  Y暴走する都教委
☆ 日本自治委員会議長からの新年のご挨拶(2020年)

 全国の児童生徒の皆さん。
 あけましておめでとうございます。日本自治委員会議長、平松けんじです。
 2020年、新しい年を迎えました。皆さんのご支援のおかげで私も就任して7か月、無事に活動を続けることができました。ありがとうございました。

 さて、昨年2019年は学生が立ち上がり、一定の勝利を勝ち取った年でした。一方で、ブラック校則体罰と称する教師による暴力行為などが相次ぎ発覚し、児童生徒の皆さんが刑務所のような学校教育を受けている現状が明らかになった1年でもありました。

 大学入試改革をめぐっては、地方に住んでいたり、お金がなかったり、障害があったりする受験生が不利になってしまう格差が生じる恐れが指摘されていた「英語民間試験」

続きを読む

2020/1/11

「日本自治委員会」加盟「新宿山吹高校自治委員会」新年の辞:必履修ボランティアはただの「強制労働」  Y暴走する都教委
☆ 新宿山吹高校自治委員会 自治長演説 新年の辞2020

 ※ Youtube動画(7:49)

 新宿山吹高校校民の皆様、明けましておめでとうございます。
 新宿山吹高校自治委員会自治長、磯田航太郎です。2020年、新たな年の幕開けとなりました。

 さて、2020年と言えば、皆さん知ってのとおり、東京オリンピック・パラリンピックですね。世界最大のスポーツの祭典が、私たちの街・東京で開かれることは、とても歓迎すべき出来事です。一生の思い出にもなるでしょう。
 しかし、私たち高校生にとっては、それを残念な出来事にするようなことがありました。

 東京五輪に向け、東京都教育委員会は、「ボランティアとして6000人の中高生を募集する」と言っていますが、とある都立高校の教師が、自分のクラスの生徒を強制的に応募させたという話や、学校ごとにあらかじめ参加人数が決められているという話が上がっています。

続きを読む

2020/1/9

条件附採用音楽教員免職処分取消請求ふじのまい裁判第7回報告  Y暴走する都教委
 ☆ 第8回口頭弁論期日 2月17日(月)13:45〜 東京地裁527号法廷

  =免職処分取消訴訟支援者の会=
 ◆ 第 七 回 報 告
   二〇二〇年一月七日(火)


 十二月十九日(木)十三時十五分から、東京地裁527号法廷で第7回口頭弁論期日が行われました。当日は、原告・代理人3名を合わせて二十四名の方々に傍聴支援をいただきました。被告席には、代理人と事務方が3名出廷していました。傍聴をしていただいた皆様、ありがとうございました。

 開廷すると、まず、被告東京都の「準備書面(4)」原告の「第3準備書面」が、それぞれ陳述されました。また、原告提出の証拠として甲36〜47号証の取調べがありました。
 原告は、「第3準備書面」の中で、被告準備書面の主張内容が変わっていることに対する追及のために、被告東京都の釈明を求めました。

続きを読む

2019/12/27

新宿山吹高等学校をめぐる日本自治委員会の抗議・要請書に対して都教委の苦しい回答  Y暴走する都教委
● 【発表】団体交渉要求に対する東京都教育委員会の回答について
2019年12月25日
日本自治委員会事務総局情報局
局長 上原 瑞貴

 1.概要
 当自治委員会が東京都教育委員会に対して発出していた、団体交渉拒絶に関する抗議文41ヶ条の要求書に関し、東京都教育委員会から12月20日(金)付で回答文書が送られてきました。

 当自治委員会は、東京都教育委員会に対し、東京都立新宿山吹高等学校において新宿山吹高校自治委員会と同校当局の間で継続されている校内紛争を解決すべく、団体交渉を東京都教育委員会に打診していましたが、東京都教育委員会は9月26日付でこれを拒絶しました。これを受け、当自治委員会は東京都教育委員会に対し、抗議するとともに、改めて団体交渉を要求いたしました。

続きを読む

2019/12/17

根津公子の都教委傍聴記(2019年12月12日)  Y暴走する都教委
 ◆ 都教委「職員表彰」のねらいは? (レイバーネット日本)

 公開議題は議案「学校設置条例の一部を改正する条例の立案依頼外1件について」と報告「都教育委員会職員表彰について」。
 非公開議題は議案が「都指定文化財の指定等の諮問について」「校長の任命について」「教員の懲戒処分等について」「職員の懲戒処分について」と報告「懲戒処分者数等の推移及び服務事故防止に向けた主な取組について」。
 「懲戒処分者数等の推移及び服務事故防止に向けた主な取組について」は個人情報を出さなくても公開はできるはず。なぜ公開しないのか。
 服務遵守月間を設け研修を課しても、懲戒処分件数が少なくならないどころか、増えている。毎年、方針を出しても改善されないのだから、都教委の働かせ方に原因があるとまず都教委は認識すべきなのだ。

 ◆ 「学校設置条例の一部を改正する条例の立案依頼外1件について」
 赤羽商業高校を閉校にし、家庭・福祉高校として改編・開校する。

続きを読む

2019/12/15

2つの裁判傍聴のお願い  Y暴走する都教委
皆さんへ。(BCCで配信。重複はご容赦を。)
被処分者の会・近藤徹、個人としてのお願いです。

 都教委の理不尽な免職処分の取消を求めてたった一人で闘っている下記の★ 2つの裁判の傍聴・支援をお願いします。

 ★ 小学校養護教員(Wさん)分限免職取消訴訟・第4回口頭弁論
   日時:12月17日(火)10時 東京地裁611号

 ★ 条件付採用小学校教員免職処分取消訴訟第7回口頭弁論
   日時:12月19日(木)13時15分 東京地裁527号


 (裁判所への行き方)地下鉄霞ヶ関A1出口。1分。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ