2021/10/24

ダイバシティと相容れないオリパラ教育の目標「日本人としての自覚と誇り」  Y暴走する都教委
 ◆ 都教委がパラ観戦動員を強行
   〜小池都知事に忖度
(週刊新社会)
永野厚男・教育ジャーナリスト

クリックすると元のサイズで表示します
堀内詔子新五輪相との10月7日の会談で、オリパラ教育の内容に介入する発言をした小池百合子都知事

 東京都教育委員会がパラリンピック大会への小中高校生等の観戦動員を決定した、8月18日夜の臨時会の詳細が明らかになった【追記1を参照下さい】。

 コロナ禍がオリンピック開催時より更に悪化していた8月16日、東京都と政府、大会組織委員会、国際パラ委員会の代表者による4者協議【追記2を参照下さい】は「パラは無観客」と決定。一方4者協議は、学校連携観戦と称する児童生徒動員は"教育的意義"を理由に【追記3を参照下さい】、「都県をまたがない範囲で希望校・希望者を」との条件付きで、「自治体や教育委員会等の判断で実施できる」としていた。

続きを読む

2021/10/24

品川区教委は、ブラック校則を正当化  Y暴走する都教委
 ◆ 品川区教委、下着の色を検査する指導を「適切」と答弁
   「しながわトリエンナーレ」発動
(『校民日報』)
クリックすると元のサイズで表示します
品川区役所

 日本自治委員会は先月29日、品川区教育委員会の米田博教育次長が区議会で校民の人権を軽視した答弁を行ったことを受け、品川区立の学校前で人権特別啓発行動「しながわトリエンナーレ」を開始しました。

 米田次長は、先月17日の区議会本会議で生徒に下着の色を聞くことも見ることも重大な人権侵害であり、セクハラではないか」との質問に対し、「まだ心身の発達の過程である生徒に対する適切なもの」「セクハラのご指摘とは別次元」「人権侵害等のご指摘には当たらない」と答えました。
 「目視で目立つような形であれば指導をしているものであり、特に直に見てというようなことを行っているわけではないので、人権侵害等のご指摘には当たらない」として、校民の下着を教員がみだりに見る行為は何ら問題はないとの見解を示しました。

続きを読む

2021/10/18

根津公子の都教委傍聴記(2021年10月14日)  Y暴走する都教委
 ◆ 闘いの成果!
   〜小山台・立川高校夜間定時制は来年度も生徒を募集
(レイバーネット日本)


 今日の議題は、公開議案
   @来年度都立高校等の第1学年募集人員等について
   A来年度都立特別支援学校高等部等の第1学年募集人員について、
 公開報告
   B請願について
   C「2021年度児童生徒の問題行動・不登校生徒指導上の諸課題に関する調査」について。
 非公開議案は3件の懲戒処分等について。

 @来年度都立高校等の第1学年募集人員等について

 ・懸案とされてきた小山台高校定時制及び立川高校定時制は、来年度も生徒を募集する。
 ・両国高校、大泉高校は高校段階での募集を停止し、附属中学校の生徒募集を拡大する。再来年度は白鴎高校も同様に募集停止とする。

続きを読む

2021/10/18

都教委指導主事が北園高校3年生の授業を視察  Y暴走する都教委
  《interschool journal》
 ◆ 頭髪検査阻止の北園高校に都教委が指導主事派遣
   学校・都教委は関連否定

平松けんじ

クリックすると元のサイズで表示します
都立北園高校(2021年9月27日、日本自治委員会提供)

 9月27日に生徒などの抵抗で頭髪検査が事実上阻止された都立北園高校に、10月6日、東京都教育委員会の指導主事が派遣されていたことがわかった。

 ※ 関連記事:都立北園高 頭髪検査強行も生徒の抵抗で失敗 副校長も生徒との対話路線へ

 派遣されたのは東京都教育庁指導部高等学校教育指導課に所属する小林一人指導主事。小林指導主事は3年7組の授業を視察した。北園高校の齋藤栄昭副校長は「(頭髪検査とは)全然関係ない」と述べ、頭髪検査との関係性を否定した。

続きを読む

2021/10/16

頭髪検査をめぐって「自由の北園」で学校側と生徒側が攻防  Y暴走する都教委
  《interschool journal》
 ◆ 都立北園高 頭髪検査強行も生徒の抵抗で失敗
   副校長も生徒との対話路線へ

平松けんじ

 「自由の北園」で有名な東京都立北園高校で、9月27日、3年生を対象に髪の色を検査する頭髪検査が再び行われ、生徒をはじめ同校OBなどから批判の声が上がっている。

 ※ 関連記事:生徒会選挙公報を問題視 生徒部が会長候補を呼び出し 都立北園高

 同校ではこれまでも髪染め規制への反対の声が生徒から強く上がっていて、2019年4月に行われた頭髪検査でも生徒側からの強い反発を受けた。
 しかし学校側はあくまで「明るい髪の色の生徒は指導する」という方針を曲げず、髪染め規制に反対する生徒会を中心とした生徒側との攻防が続いていた。
 こうした中、同校生徒の有志がドキュメンタリー映像「北園現代史」を制作・公開。5万再生を記録し、大きな話題となったが、学校側は再び頭髪検査の強行を図った。

続きを読む

2021/10/10

小学校養護教諭分限免職取消訴訟第13回弁論・傍聴のお願い  Y暴走する都教委
皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。BCCで配信。重複はご容赦を。)
東京・被処分者の会・近藤 徹

 東京では、都教育委員会が、校長のパワハラや嫌がらせにあった教員を無理矢理指導力不足と認定して分限免職にする事件が複数起きています。
 その一人・小学校養護教諭のWさんの分限免職処分取消訴訟第13回口頭弁論が、10月12日(火)に東京地裁で行なわれます。理不尽にも職を奪われたった一人で闘うWさんを私も応援しています。多くのの傍聴・支援をお願いします。

 ★ 小学校養護教員(Wさん)分限免職取消訴訟・第13回口頭弁論
クリックすると元のサイズで表示します

   日時:10月12日(火)13時15分
   場所:東京地裁611号法廷
(定員42名→半数の21名)

   (裁判所への行き方)地下鉄霞ヶ関A1出口。1分。
 *裁判所より。傍聴の際はマスクの着用と熱があるときには傍聴をご遠慮していただいております。

続きを読む

2021/10/2

条件付採用音楽教員免職取消請求ふじのまい裁判進行協議第8回報告  Y暴走する都教委
  【条件付採用音楽教員免職処分取消請求事件】
 ◆ 進行協議期日 第8回報告 (2021年9月28日)
クリックすると元のサイズで表示します

 原告から報告をさせていただきます。
 期日は非公開ということもありますので、期日の中での、裁判官や被告、原告の発言等の詳細はお知らせせず、大まかに話し合ったことや次回の期日日程等をお知らせいたします。この報告については、代理人と相談したうえで、お送りさせていただいております。

 9月14日(火)の11時30分から、東京地裁の13階にある民事第19部で、第8回進行協議期日が行われました。出席者は、当事件担当裁判官3名と被告側は被告代理人・被告指定代理人2名、原告側は原告及び原告代理人2名の計9名でした。テーブルを囲んだ期日は、約15分間にわたって行われました。

 今回の期日では、前回、被告側が提出を約束していた管理職2名の手帳について、裁判所の合議体で確認がなされたことが伝えられました。

続きを読む

2021/9/28

練馬区立小学校養護教諭分限免職取消訴訟第13回口頭弁論傍聴案内  Y暴走する都教委
 ◆ 小学校養護教諭分限免職裁判のお知らせ
クリックすると元のサイズで表示します

 ☆ 次回の日程 : 10月12日火曜日 13時15分〜 611法廷

 裁判の現状 : 裁判所は証人尋問に校長は許可しましたが、原告側としてはその他、指導力不足教員研修中に私の担当であった研修センターのT教授、審査委員会委員長の2名を尋問の対象とその必要性を提出しました。副校長は必要ないことを付け加えました。

 研修の結果、指導が改善されなかったと判定をした中に専門的知識を要する人の意見が必要であったのにその痕跡がないことや、本人の意見を聞いていなかったことも違法として弁護士の先生が提出して下さいました。

続きを読む

2021/9/26

根津公子の都教委傍聴記(2021/09/24)  Y暴走する都教委
 ◆ 英語スピーキングテスト事業は、都教委をアピールするためか? (レイバーネット日本)

 公開議題議案が@「杉並区学校教育職員の教育管理職(副校長)任用審査に係る事務の杉並区の議案提出依頼について」、
 報告事項がA「都中学校英語スピーキングテスト事業について」 B「来年度都立高校入学者選抜実施要綱・同細目について」 C「学校における新型コロナウイルス感染症対策の状況について」 D「第11期都生涯学習審議会建議(都における今後の青少年教育振興の在り方)について」ほか。
 非公開議題では、「元都公立学校教員の退職手当支給制限処分について」という、いったい何、という議題があがっていた。

 A「都中学校英語スピーキングテスト事業について」

 昨年度は公立中学校3年生600人を対象にして試験的に行ったスピーキングテスト。これを今年度は3年生全員8万人を対象に9月25日から行い、来年度からは翌年の高校入学者選抜に使うという。

続きを読む

2021/9/22

都立高入試に、民間の英語スピーキングテストが導入される現場の困惑  Y暴走する都教委
  《子どもと教科書全国ネット21ニュースから》
 ◆ 2022年度の都立高校入試に「英語の民間テスト」を活用
   〜現在の進行状況とその問題点を考える

片桐育美(かたぎりいくみ・東京都公立中学校教員)

 コロナ禍は続いているため入学式などには制約があったものの、2021年度は平常にスタートした。それは本当に当たり前なのに、職員室にはホッとした空気があふれていた。
 そんなある日、同僚の英語科の教員が「片桐さん、スピーキングテストはやはり実施するらしい。国は大学入試では英語の民間テストをあきらめたのに、東京都は実施するらしい。本当にわけわからない」と言ってきた。
 私も英語科のことだろうと簡単に考えていた節があり、あまりよくわかっていなかったので、英語科の教員に聞いて初めて、大変さや問題の多さが見えてきた。

 ◆ そもそも、そのテストはいつ、どこで決まったのか

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ