2005/8/18

新入り  その他

クリックすると元のサイズで表示します
今夜、サヴァさんが保護しました。

以下、レポートお願いします〜<サヴァさん

--は〜い、サヴァです。今日、盛岡の古い町並みの残る地区で保護しました。光沢のあるキレイなグレーと白の男の子。1.8キロ、生後3−4ヶ月ぐらい。毛づやもよく健康状態も良好です。小さいながら賢そうで落ち着いた様子。じきに人なれしそうです。健康診断の診察台の上でもゴロゴロ・・言っていました。名前は・・ルウルウ。
0

2005/8/18

猫に猫友  プチ里親便り

タオ&キリ(元・シズマ&フレイア)の里親、モスさんがやっぱり「猫には猫友!」と言ったのを受けて、仲良し画像のお披露目。

猫と暮らしたいなあと考えている方、きょうだい猫でとか、仲良し猫でと、2匹一緒に迎えてくださることを考えてみてくださ〜い。
募集中の猫たちは画像一覧でチェックしてみてくださいませ。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ今、モス家には一時預かり中のシャムMIX(手前)のグラッチェくんがいます。グッちんの様子はお預かり日記で。

兄妹猫でもらってくれたひとり、Oさん。

クリックすると元のサイズで表示します
左から、ぺぺ、ヴィヴィ、ダダ。

Oさんは、長年飼っていたサビ猫姉妹を亡くして、それでも猫のいない暮らしは考えられなくて、里親募集サイトをあちこち探して、
さび猫のダダに目を留めてくださったのでした。
姉妹で飼うことの良さはすでに知っているので、姉妹猫のヴィヴィも…と、当初は2匹迎えたいという問い合わせでした。
ダメもとでぺぺ(当時の仮の名は鯉太郎。白茶の茶が濃くなりますようにと、
booさんが命名)も一緒というのは無理ですか…?と聞いたところ、
1匹だけ引き離すのはかわいそうと、3匹揃って迎えてくれることになったのでした。

「絶対、この子はもらわれなさそう…」と、booさんが心配していた鯉太郎だったけど、
意外にも、Oさんのお父さんの大のお気に入りになったようです。やった!


クリックすると元のサイズで表示します
先日、縁組成立したポンポン(右)。左は先住の小夏ちゃん。

ポンポン&りんごの姉妹猫を一時預かりしてくださったAさん。
当初からポンポンが大のお気に入り! 小夏ちゃんの友達にぜひ…と
決心はすでに固まっていたようでしたが、姉妹猫のりんごちゃんも一緒に…と決めるまでには、少し時間が必要だったみたいです。

「今まで2ニャン以上の家族になったことがないし、自分の生活形態やトシを考えると、
こんなに状態の良い小さい子を、そしてりんごちゃんまで迎え入れることについて、
かなり悩みました。けれど、この2カ月近く、3ニャンの様子を見ていて、手放しがたくなってしまい・・・すいません。

姉妹で迎えるのは楽だと聞いていましたが、まさにその通りですね。ポンポン&りんごちゃんは最初から自然な感じで寄り添い、日々、一緒に遊び回っています。
小夏も遊びの輪に混ざりたくて仕方がないようです。2ニャンは小夏をママだと思っているのか、いつも追いかけまわしています。小夏はそれに困惑しているような、まんざらでもないような・・・(笑)

勿論、まだ多少の小競り合いはありますが、仲良く並んで寛いでいる時間も長くなってきました。3ニャンが楽しそうに過しているのを見ていると私も嬉しいです。

booさんが苦労して保護してきた子達です。色々な皆さんの気持ちをもらって、うちに辿り着いた子達ですので、これからも一生懸命、大事に育てていきます。本当に色々、ありがとうございました。」

こちらこそ、本当にありがとうございます。

3にゃんが寝そべっている写真とかたくさん送っていただいたのだけど、
ポンポンのお手手がかわいいこの画像をぺったん。

人間と一対一という関係もいいけれど、
できれば同族の猫友を迎え入れてくださると嬉しいなあ。

私自身は、先住のたきに猫友のちーを迎え入れるのに4年の歳月を要したけれど、迎え入れてよかったなあとしみじみ思います。
フード代、トイレ砂代とかの猫の生活費は、1匹のときよりちょいかかるかな〜、でもあんまり変わりないかな…という感じです。

治療費など通院が重なるとあちゃ〜っというときもくるかもしれません。
そうならないよう、普段から健康管理に努めたいと思っています。

大変、というかこちらが思っていたのとは違う状況というのはまあありますが、猫だって感情があるのだから、当たり前です。
それにもまさる喜びがあります。猫に教えられること、たくさんあります。

というわけで、2匹(以上)飼い、猫に猫友のレポートでした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ