2008/2/23

氏素性…?  複数

外での野良歴が長い(であろう)グレさんは、それなりの高齢です。
表情が読み取りにくい目をしているけれど、
彼にも彼なりの感情の起伏はあるわけで。

「オレはそんなもの食わん!」と言いたいのか、
食べ物に好みと食べる流儀があるようです。

調子の悪いときはミルクしか口にしない日が続き(エイズキャリア、口内炎)。
かと思いきや、「オレが食いたいのはコレだよ!」とばかりに
こちらが唖然とするくらい、ドライフードをバリバリ食べたり。

いそいそとケージに入るので、フードをデリバリーしても
すぐ食べるわけでもなく…。

たぶん、私たち人間もそうだけど、空腹も大変だけど、
同じものばかり食べ続けるのは「いい加減飽きるゼ!」とでも言いたいのでしょうか。

そんなわけで、とりささみをゆがいたものを細かく裂いたもの、粗く裂いたもの
両方用意して差し出したところ。

どちらもすごい勢いで食べる、食べる。はずみがついたのか、
お湯でのばした缶詰フード(「タマの伝説」、ヒルズのa/d缶)も食べる、食べる。

食後、満足そうに体をのばし、思い出し反芻するかのように毛づくろい。

こちらもちょっとばかり、幸福になりました。

で、昨夜は牛ひき肉に挑戦!

グレさん。食べる、食べる。

(生食は1日100gらしいので、充分量食べてくれました。
食べてくれるかどうか半信半疑だったので準備不足だったけれど、
次回は野菜と卵をまぜてみよう。)

やはり、外でそれなりに生き抜いてきた猫は頼もしい〜。

で、ほかの猫たちも相伴にあずかるわけですが。

牛ひき肉をよく食べたひと(猫)たち

グレ、ちゅら一家(ちゅら、ミニョン、ひばり)、デール

まあまあ食べたひと(猫)たち

ななぼ、くーまん、ぴあ、ぜん

まったくダメ、なひと(猫)たち

ヴァンサン、ミレーユ、こぶ、トリノ


改めて、ちゅら一家は繁華街・居酒屋路地裏育ちなのだなあと思いました。
おいしいものを食べていたのでしょう。
食いつきがドライと明らかに違いました。
コンビニ育ちのデールちゃんも、味わうように食べました。

精進料理を食べてたわけでもないのに、やはりお寺猫出身の
ヴァンサン、ミレーユはダメでした。
ヴァンサンは、ミニョンたちの食いつきにつられて顔をお皿に突っ込むものの、
どう食べていいのかわからないようでした。

クリックすると元のサイズで表示します
もっと肉食!(ミニョン ♂)


クリックすると元のサイズで表示します
ボ、ボクは…ノーサンキューかなあ(ヴァンサン ♂)


クリックすると元のサイズで表示します
鶏でも牛でもなんでも持ってこいや(グレ ♂)


*****

去年の秋、保護猫たちの間で「かぜ」が大流行したとき。
真っ先にかかったのがくーまん(入院治療)。
次に、ミニョンとヴァンサン。
いずれも体が頑丈そうな、屈強の若者たちで、
症状もえらく派手?(盛大)なものでした。

ミニョンなど、苦しそうに咳をし、「ひー、どうしよう…」とかなり
焦ったものの。
激しい咳とともに、立派な回虫さまを数匹吐き出したのにはびっくりしました…。
保護して駆虫して、完全室内飼い歴まっしぐらで1年以上もたってから。
おそるべし回虫。読んで字のごとく、体内を回っているんでしょう。
弱った状態のときに、こうして現れてくれてよかったといえばよかったのだけど。

それをきっかけに、ミニョンは回復へと向かっていったようでした。

最後のほうにかかり、食欲がまったくなくなったちゅらにも心配させられました。
エイズキャリア組を除けば、実はちゅらだけが三種混合ワクチンを接種していません。
だから症状が重いのかと心配しましたが。
点滴と強制給餌により、復活してくれました。
強制給餌がきっかけで食欲が戻ることもある、と先生が言ったとおりの経過でした。

漢方でいう「風邪(ふうじゃ)」。
かかる側も見守る側も大変だけど、一年に一回、こうして体の大掃除をするのは
ある意味必要なことかもしれませんよ、とも先生は言いました。

たしかに。大掃除してすっきりした猫たちは、
以前にもまして食欲旺盛。
それまで食が細かったちゅらなど、見違えるくらい食べることに意欲的になりました。

しかし風邪に席捲されるなか、風邪にかからず過ごした連中もいるわけで。

ぴあ。ななぼ、グレ、トリノ、ぜん。

風邪をひく、ひかない。こればかりは人間もわからないけれど。

食事のこと、健康管理のことは難しいです。

ワクチンについては、いずれまた。




0
タグ:  里親募集 東北



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ