2008/9/27

お誕生日おめでとう!  プチ里親便り

ちゅらの子供たちの1匹、うなたまちゃんから2歳になったよ〜メールをいただきました! 4きょうだい、クララちゃん、天くん、JIZOくん、うなたまちゃん お誕生日おめでとー

身ごもっているのを知らずに保護したちゅらは、プチポンで4匹の赤ちゃんを産みました。みんな、とっても美猫に成長し、とてもかわいがっていただき、幸せに暮らしています。ちゅらも頑張って本当のお家を見つけるのだ!

うなたまちゃんのお家には、他にプチポン出身の十らちゃんと、三っくんが行っています。当初里親さんのジェミーさんには、一時預かりをお願いするつもりだったのですが、三っくんがどうしてもうなちゃんをコブンにすると駄々をこねたので、そのままジェミーさんの家のコになりました。

三っくんのスパルタ教育のおかげで、うなちゃんは天真爛漫な黒い天使に成長しました
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
猫又城の城主、三っくんと一緒に。てかセットらしいです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
総取締役の十ら様とも仲良し!

城主の三っくんは、ご乱心気味なようなのでうなちゃん頑張ってね!

しかし、2年って早いなぁ。ということは、ちゅら、ひばり、ミニョンは2年募集してるのか・・・クララちゃんの足の怪我を見つけた時は頭が真っ白になった。夜で、かかりつけの病院じゃないとこに行った。手のひらくらいの大きさのクララを震えながら車に乗せて病院へ行った。母猫が人になれてない場合、違う匂いがつくと育児放棄する可能性があるからと、授乳のしかたを説明されて、足は成長しないとなんとも言えないという診断だった。

戻ってきたクララちゃんをちゅらは普通に受け入れた。なぜ、毎日お世話をしてるのに気付かなかったか、後悔して後悔して明け方まで見てた。結局あんよは1本なくなったけど、何度かの手術に耐えて本当のお家を見つけ、大切にされている。

好きでしてることとは言え、保護活動(と言うのか)は、大変だ。大変と言う一言で片付けられない気持ちのほうが大きい。正直何が自分を頑張らせてるかよくわからない気もする。けど、こうやって1匹でも飢えや寒さから開放されて、かわいがられ甘え、我がまましほうだいをしてるのを見たいが為にやってるんだと思う。ブログや里親さんたちからのメールは、本当に何よりの励み。

みんな後に続け、頑張るのだ〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ