2012/7/1  9:14

造反?  政治

先日、消費税増税法案が衆議院で可決されました。
この時、民主党から多数造反者が出たことは、
もう皆さん周知のとおりです。


これに対し野田首相は、
「造反がでました、誠に残念な結果でございました。
政党でありますので党議拘束がかかっておりました。
幹事長とよく相談しながら党内の所定のルールにのっとり、
(造反者に対して)厳正に対処いたします。
それもだらだらとでなく精査の上速やかに断行します。」
と、相当に語気を強めて怒りのコメントを出していました。


この時の野田首相の怒り表情を見て、
この人は自分が国民との約束を裏切り続けているのに、
そのことに対しては、国民への後ろめたさや申し訳なさを
微塵も感じていないんだなぁ と改めて思いました。


自分が裏切られることには敏感に反応するのに、
自分が人を裏切ることには、まったく何も感じていない。
例えは悪いかもしれませんが、
共犯者の裏切りで逮捕された犯人が、裁判の公の場で、
自分の犯罪にはなんの反省もなく、
「自分が逮捕されたのはあいつが裏切ったからだ」と叫んでいる。
そんな風景に似ていると思いました。


「懸命に約束を果たそうとしたが、どうしてもできなかった」
っと言うことなら、国民にも寛容さがあるでしょう。
ですが、国民との約束の真逆の方向に突き進むのですから、
呆れて言葉もありません。
「約束を果たせないこと」と「裏切り」は、
その言葉の持つ意味合いは、全然違います。


こんな感覚の人が政治をやっていては、
日本の未来は見えています。



★当サイトの日記について、その内容はすべて転載自由です。

にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
0
タグ: 政治



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ