当ブログの運営者は工藤英勝です 近代仏教史家で、とくに近代仏教と東アジアとの関係論に関心があります このブログではとくに朝鮮と日本宗教にかかわる問題とくに植民地布教についての資料とデータを提供いたします 大きな歴史認識や歴史解釈ではなく、諸事象と人間がどう動いていたのかを解析していきたいと思います 資料やデータにかかわる具体的なお尋ねには回答いたします

2018/10/9  8:00

ある時はなくて、ない時は存在することがら  余禄 エッセイ

人権(human rights)は存在するか?

人権(Human Rights)ということばを聞いて、「それは大切だ」と肯定的な反応をする人もいます

「またあれか」と否定的か無関心な人もいます

その印象は状況や境遇に応じて人それぞれかもしれません

ただし、これだけは言えます

人権(Human Rights)とは、ある時はないようだし、ない時ほどその存在がありありと認識される
Vision(幻想)だと

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ