当ブログの運営者は工藤英勝です 近代仏教史家で、とくに近代仏教と東アジアとの関係論に関心があります このブログではとくに朝鮮と日本宗教にかかわる問題とくに植民地布教についての資料とデータを提供いたします 大きな歴史認識や歴史解釈ではなく、諸事象と人間がどう動いていたのかを解析していきたいと思います 資料やデータにかかわる具体的なお尋ねには回答いたします

2015/5/1  0:00

デジタルアーカイブF  朝鮮布教統計デジタル・アーカイブ

昭和7年12月末 『朝鮮に於ける宗教及享祀一覧』総目次

通巻号数  [第7号]
印刷日 昭和9年2月25日
印刷所 行政学会印刷所
発行日 昭和9年2月28日
発行所 朝鮮総督府学務局社会課
調査日 昭和7年12月末調
総頁数 119頁(本文・附録)・写真10頁
寄贈者 朝鮮総督府→駒澤大学図書館(401.3 2-7)
目次一覧 朝鮮に於ける宗教の概況
朝鮮に於ける享祀の概要
神道
(1)布教所数
(2)布教所累年比較
(3)布教者数
(4)布教者累年比較
(5)信徒数
(6)教派別内鮮外人信徒数
(7)道別内鮮外人信徒数
(8)信徒累年比較
[仏]教
内地仏教
(1)寺院数
(2)僧尼数
(3)布教所数
(4)布教所累年比較
(5)布教者数
(6)布教者累年比較
(7)信徒数
(8)宗派別内鮮外人信徒数
(9)道別内鮮外人信徒数
(10)信徒累年比較
朝鮮仏教
(1)寺刹及僧尼数
(2)本寺別寺刹及僧尼数
(3)僧尼累年比較
(4)布教所及布教者数
(5)本寺別布教所及布教者数
(6)布教所及布教者累年比較
(7)信徒数
(8)本寺別信徒数
(9)信徒累年比較
基督教
(1)布教所数
(2)布教所累年比較
(3)布教者数
(4)宣教師数
(5)国籍別宣教師数
(6)布教者累年比較
(7)信徒数
(8)教派別内鮮外人信徒数
(9)道別内鮮外人信徒数
(10)信徒累年比較
各教宗信徒百分比
宗教団体社会事業
神道
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂教師及生徒数
(4)其ノ他主ナル社会事業
仏教
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂教師及生徒数
(4)諸学校
(5)病院
(6)其ノ他主ナル社会事業
基督教
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂教師及生徒数
(4)諸学校
(5)病院
(6)其ノ他主ナル社会事業
享祀
(1)殿ノ名称及所在地
(2)陵ノ名称及所在地
(3)殿陵参奉及守護人数
(4)祠宇及書院ノ名称及所在地
附録
寺刹令
寺刹令施行期日
寺刹令施行規則
神社寺院規則
神社寺院規則ニ依ル神社寺院創立願、同財産届ノ様式
布教規則
布教規則ニ依ル布教届等ノ様式
享祀釐正ニ関スル件




参照アーカイブファイルはこちら ⇒ pdfファイル

注意 著作権法では保護期間50年間を経過しているため、参照・印刷等の利用は自由ですが、他の著作物に転載・利用される場合には、当ブログのURLを典拠に表示ください
0
タグ: 歴史 東アジア 宗教

2015/3/1  6:00

デジタルアーカイブE  朝鮮布教統計デジタル・アーカイブ

昭和6年12月末 『朝鮮に於ける宗教及享祀一覧』総目次

通巻号数  [第6号]
印刷日 昭和8年3月28日
印刷所 近澤印刷部
発行日 昭和8年3月31日
発行所 朝鮮総督府学務局社会課
調査日 昭和6年12月末調
総頁数 109頁(本文・附録)・写真7頁
寄贈者 朝鮮総督府→駒澤大学図書館(401.3 2-6)
目次一覧 朝鮮に於ける宗教の概況
朝鮮に於ける享祀の概要
神道
(1)布教所数
(2)布教所累年比較
(3)布教者数
(4)布教者累年比較
(5)信徒数
(6)教派別内鮮外人信徒数
(7)道別内鮮外人信徒数
(8)信徒累年比較
仏教
内地仏教
(1)寺院数
(2)僧尼数
(3)布教所数
(4)布教所累年比較
(5)布教者数
(6)布教者累年比較
(7)信徒数
(8)宗派別内鮮外人信徒数
(9)道別内鮮外人信徒数
(10)信徒累年比較
朝鮮仏教
(1)寺刹及僧尼数
(2)本寺別寺刹及僧尼数
(3)僧尼累年比較
(4)布教所及布教者数
(5)本寺別布教所及布教者数
(6)布教所及布教者累年比較
(7)信徒数
(8)本寺別信徒数
(9)信徒累年比較
基督教
(1)布教所数
(2)布教所累年比較
(3)布教者数
(4)宣教師数
(5)国籍別宣教師数
(6)布教者累年比較
(7)信徒数
(8)教派別内鮮外人信徒数
(9)道別内鮮外人信徒数
(10)信徒累年比較
各教宗信徒累年比較
宗教団体社会事業
神道
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂教師及生徒数
(4)其ノ他主ナル社会事業
仏教
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂教師及生徒数
(4)諸学校
(5)其ノ他主ナル社会事業
基督教
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂教師及生徒数
(4)諸学校
(5)病 院
(6)其ノ他主ナル社会事業
享祀
(1)殿ノ名称及所在地
(2)陵ノ名称及所在地
(3)歴代殿陵参奉及守護人数
(4)祠院ノ名称及所在地
附録
寺刹令
寺刹令施行期日
寺刹令施行規則
神社寺院規則
布教規則
布教規則ニ依ル布教届等ノ様式
享祀釐正ニ関スル件



参照アーカイブファイルはこちら ⇒ pdfファイル

注意 著作権法では保護期間50年間を経過しているため、参照・印刷等の利用は自由ですが、他の著作物に転載・利用される場合には、当ブログのURLを典拠に表示ください
0
タグ: 歴史 東アジア 宗教

2015/2/1  5:00

デジタルアーカイブD  朝鮮布教統計デジタル・アーカイブ

昭和5年12月末 『朝鮮に於ける宗教及享祀一覧』総目次

通巻号数  [第5号]
印刷日 昭和7年2月13日
印刷所 大和商会印刷所
発行日 昭和7年2月16日
発行所 朝鮮総督府学務局宗教課
調査日 昭和5年12月末調
総頁数 107頁(本文・附録)・写真5頁
寄贈者 朝鮮総督府学務局社会課→駒澤大学図書館(401.3 2-5)
目次一覧 朝鮮に於ける宗教の概況
朝鮮に於ける享祀の概要
神道
(1)布教所数
(2)布教所累年比較
(3)布教者数
(4)布教者累年比較
(5)信徒数
(6)教派別内鮮外人信徒数
(7)道別内鮮外人信徒数
(8)信徒累年比較
仏教
内地仏教
(1)寺院数
(2)布教所数
(3)布教所累年比較
(4)布教者数
(5)布教者累年比較
(6)信徒数
(7)宗派別内鮮外人信徒数
(8)道別内鮮外人信徒数
(9)信徒累年比較
朝鮮仏教
(1)寺刹及僧尼数
(2)本寺別寺刹及僧尼数
(3)僧尼累年比較
(4)布教所及布教者数
(5)本寺別布教所及布教者数
(6)布教所及布教者累年比較
(7)信徒数
(8)本寺別信徒数
(9)信徒累年比較
基督教
(1)布教所数
(2)布教所累年比較
(3)布教者数
(4)宣教師数
(5)国籍別宣教師数
(6)布教者累年比較
(7)信徒数
(8)教派別内鮮外人信徒数
(9)道別内鮮外人信徒数
(10)信徒累年比較
各教宗信徒百分比
宗教団体社会事業
神道
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂教師及生徒数
(4)其ノ他主ナル社会事業
仏教
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂教師及生徒数
(4)諸学校
(5)其ノ他主ナル社会事業
基督教
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂教師及生徒数
(4)諸学校
(5)病 院
(6)其ノ他主ナル社会事業
享祀
(1)殿ノ名称及所在地
(2)陵ノ名称及所在地
(3)歴代殿陵参奉及守護人数
(4)祠院ノ名称及所在地
附録
寺刹令
寺刹令施行期日
寺刹令施行規則
神社寺院規則
布教規則
布教規則ニ依ル布教届等ノ様式
享祀釐正ニ関スル件



参照アーカイブファイルはこちら ⇒ pdfファイル

注意 著作権法では保護期間50年間を経過しているため、参照・印刷等の利用は自由ですが、他の著作物に転載・利用される場合には、当ブログのURLを典拠に表示ください
0
タグ: 朝鮮 韓国 宗教

2015/1/15  7:00

表現の自由と寛容  時事批評

●表現の自由と寛容 Freedom of expression / Tolerance

9.11(2001/9/11 アメリカ同時多発テロ事件)も、フランス紙襲撃テロ事件(2015/1/7)も、その本質は政治的、経済的、文化的問題であり、いかに宗教的に偽装されようとも侮辱されたイスラーム対キリスト教、ユダヤ教という宗教次元の問題ではない。

フランスのテロ問題について、「表現の自由が脅かされている! 表現の自由を守れ」というスローガンが西欧社会を中心に宣伝されている。

襲撃を受けたフランス新聞社は、「表現の自由には制限はない」との声明を出し、かかるテロリズムへの対抗姿勢を鮮明にし、預言者ムハンマド(マホメット)の風刺漫画を掲載するそうだ。

内面的な思想信条の自由のみならず積極的な表現の自由については、近代市民社会が共有するあるいは共有しつつある社会的権利であり、それがある特定の政治体制や宗教に向けられても、それを国家が制限すべきではないというのが原則ではあろう。

ただし、この原則は必ずしも絶対的、普遍的な権利ではなく、そもそも基本的人権という価値を認めない政治・社会体制や宗教では通用しない考え方であることは銘記しなくてはならない。「自由・平等・博愛」などの高邁な理念が、政治的、経済的に圧倒的に優位な国家や民族から強制されるとき、これは一種の政治的、文化的な強制・圧力として、さらなる混乱と殺戮を加速させている。エジプトからはじまった「アラブの春」は、民主化と自由を普及させるどころか、無政府的なテロリズムを跋扈させていることを想起するだけで十分である。

西欧社会の十八番のひとつ「表現の自由」も、筆者は懐疑的に認識せざるを得ない。無制限な「表現の自由」は、ユダヤ人迫害・差別や世界的な現象ともなっている「ヘイト・スピーチ」も許容しかねない口実ともなっているし、米ソ超大国体制が崩壊したうえに、さまざまな地域紛争に大国が陰に陽に介入しつづけ(アフガン・イラク侵攻)、世界が無政府的に多極化するなかで、かつての欧米社会の世界支配・分割統治の影の部分が、こういうテロリズムというかたちで現れているのではないだろうか?

かかる兆候は、西欧社会に対する敢然とした反抗と挑戦―奇しくも9.11と同時期に開催宣言された「ダーバン宣言」―であらわれていた。西欧社会体制の鏡面映像がじつは今日のテロリズム問題であると筆者は認識している。

「表現の自由」などの価値を共有する文化圏において、それを主張するのは妥当ではあろう。しかし、そもそもそんな価値をもたない人々に対して、「おれたちが正しい!」と主張したところで、何が変わるのであろうか?

表現の自由は無制限で絶対だ」という主張にたいして、筆者はあえて留保したい。

無制限な表現の自由が、相手の信奉する宗教や神を汚すという行為は、テロリズムへ宗教的な口実を与えるという意味において、あえて選択すべきではない。言論や表現の自由という金科玉条に隠れて、相手の価値観を侮辱し、揶揄し、コケにするのであれば、これこそ思想・信条への侵害ではないか。それとも、そんな高尚なことではないのか‥‥この事件でこの新聞社は部数を飛躍的に伸ばしているという‥‥こんないかさまがそう続くものではないだろう。テロリズムに反対することと、全イスラームをからかうこととは違うのである。西欧社会の人権思想がもうすでに腐敗と凋落に瀕しているのである。相手の存在を認めずして、自らの存在も義認されることはないのだ!


近代ヨーロッパはるか以前の古代ローマにおいて、寛容Tolerance,Clementiaを強調したユリウス・カエサルは、ローマ覇権地域において完全ではないにしろ、どんなこっけいで奇怪な形態であっても、その土地の文化や宗教は努めて容認した(強制しなかった)らしい。このことは、カエサルらがその宗教や慣習を肯定的に容認したからではなく、宗教という世界観や価値観の根源である文化に寛容であるということは、それぞれの人間を独立した存在として認めるということにつながる。絶対的な価値観や世界観によって、相手を侮辱し否定するのではなく、あえて「強制しない=寛容」という態度で臨むことが、相対の世界で生きる者の処世の態度であるのでしょう。

人権思想など片鱗もなかった古代ローマ時代よりもあきらかに後退している混沌とした状態が現実の世界なのかもしれない


2

2015/1/1  4:00

デジタルアーカイブC  朝鮮布教統計デジタル・アーカイブ

昭和4年12月末 『朝鮮に於ける宗教及享祀一覧』総目次

通巻号数  [第4号]
印刷日 昭和6年3月27日
印刷所 近澤商店印刷部
発行日 昭和6年3月30日
発行所 朝鮮総督府学務局宗教課
調査日 昭和4年12月末調
総頁数 103頁(本文・附録)・写真5頁
寄贈者 朝鮮総督府→駒澤大学図書館(401.3 2-4)
目次一覧 朝鮮に於ける宗教の概況
朝鮮に於ける享祀の概要
神道
(1)布教所数
(2)布教所累年比較
(3)布教者数
(4)布教者累年比較
(5)信徒数
(6)教派別内鮮外人信徒数
(7)道別内鮮外人信徒数
(8)信徒累年比較
仏教
内地仏教
(1)寺院数
(2)布教所数
(3)布教所累年比較
(4)布教者数
(5)布教者累年比較
(6)信徒数
(7)宗派別内鮮外人信徒数
(8)道別内鮮外人信徒数
(9)信徒累年比較
朝鮮仏教
(1)寺刹及僧尼数
(2)本寺別寺刹及僧尼数
(3)僧尼累年比較
(4)布教所及布教者数
(5)本寺別布教所及布教者数
(6)布教所及布教者累年比較
(7)信徒数
(8)本寺別信徒数
(9)信徒累年比較
基督教
(1)布教所数
(2)布教所累年比較
(3)布教者数
(4)宣教師数
(5)国籍別宣教師数
(6)布教者累年比較
(7)信徒数
(8)教派別内鮮外人信徒数
(9)道別内鮮外人信徒数
(10)信徒累年比較
各宗教派信徒百分比
宗教団体社会事業
神道
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂・教師及生徒数
(4)其ノ他主ナル社会事業
仏教
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂・教師及生徒数
(4)諸学校
(5)其ノ他主ナル社会事業
基督教
(1)学校・幼稚園・講習所及書堂数
(2)道別学校・幼稚園・講習所及書堂数
(3)学校・幼稚園・講習所・書堂・教師及生徒数
(4)諸学校
(5)病 院
(6)其ノ他主ナル社会事業
享祀
(1)殿ノ名称及所在地
(2)陵ノ名称及所在地
(3)歴代殿陵参奉及守護人数
(4)祠院ノ名称及所在地
附録
寺刹令
寺刹令施行期日
寺刹令施行規則
神社寺院規則
布教規則
布教規則ニ依ル布教届等ノ様式
享祀釐正ニ関スル件



参照アーカイブファイルはこちら ⇒ pdfファイル

注意 著作権法では保護期間50年間を経過しているため、参照・印刷等の利用は自由ですが、他の著作物に転載・利用される場合には、当ブログのURLを典拠に表示ください
0
タグ: 朝鮮 韓国 宗教



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ