当ブログの運営者は工藤英勝です 近代仏教史家で、とくに近代仏教と東アジアとの関係論に関心があります このブログではとくに朝鮮と日本宗教にかかわる問題とくに植民地布教についての資料とデータを提供いたします 大きな歴史認識や歴史解釈ではなく、諸事象と人間がどう動いていたのかを解析していきたいと思います 資料やデータにかかわる具体的なお尋ねには回答いたします

2018/11/15  20:00

人権思想へのカタバシス 補遺#4  特別公開論文

●人権思想へのカタバシス 補遺4

「人はなぜ人を殺してはいけないのか?」の正解へ反論する


拙論「人権思想へのカタバシス」(正規版)のなかで、「人はなぜ差別してはいけないのか?」や「人はなぜ人を殺してはいけないのか」という設問をしました

この問いに対して、私はローマ法の占有possessio,possession原理にもとづいて解答を導きだしていますが、私の答えは一般的ではありません。というかほぼ独自の見解です

これを見ている有識者は、おそらく「そんなことも知らないのか!イギリス哲学者トマス・ホッブズが三百年以上前に正解を出しているのに」とおっしゃっることでしょう

ホッブズの正解というのは、「万人の万人にたいする戦闘状態」という逆推論です

ホッブズの逆推論は、有名ですので、あえてここでは引用しません。要は、もし人に殺人行為を認めてしまうと、トンデモない社会になるから、殺人は認めないとするのが合理的であり理性的なありかたであるという推論です

ホッブズの論はよくできていますし、人権の教科書にも紹介されていますが、私はごまかされません

私はホッブズ先生に敬意を抱いていますし、その敬意ゆえにあえて反論します

反論1
タイムスパンが短い

今から三百年前の正解とはいえ、こんなこと(殺人は認めない)に人類が気がついたのは、文字もない先史時代からですから、あまりにも時間の射程が短いのです

反論2
仮想条件の非現実性

ホッブズ先生が推論のために提示した「もし人に殺人を認めてしまったなら」という仮想条件があまりにも非現実的で荒唐無稽な絵空事ですから、最初から現実にはあり得ない理性にも反する結果になることはある意味当然です。仮想条件設定の時点で「殺人は不合理である」という結論を先取りしています。科学的推論とは程遠い稚拙な言述です

反論3
理性の過信

近代合理主義は、人間の理性へのおおらかな希望と過信があります
ホッブズは「万人の万人にたいする戦闘状態」の危機状態を回避するために、人は自然法の理性に回帰するとします。しかし、人間の理性や行動がホッブズの言う通りに展開するというのは、多分に希望的観測に過ぎません。現代史のホロコーストやさまざまなジェノサイドの事例をもちだすまでもなく、ホッブズ先生の理性にたいする過信は、哲学的判断を歪めています。人間はそんなに理性的な動物ではありません。だからと言って、最初から野蛮なだけの怪物でもありません。野獣だって四六時中殺生だけしているだけではありません

反論4
権利状態と行使段階との混同

仮に「人に殺人行為を許したとしたら」という仮定は、リアリティーがまったくないことは先ほど述べましたが、仮にそのような権利が認められたとしても、逢う人を無差別に殺傷するわけにはいかないし、殺すべき人とそうではない人がいるはずです。権利状態と実際の行使とは
異なるのです。ホッブズ先生の言う「万人の万人にたいする戦闘状態」にはならないのです。ですから、ホッブズ先生の逆推論はそのままでは成り立ちません

反論5
政治的合意や思弁の対象とはならない

殺人の正当性や差別の合理性ということについて、いろいろと哲学的思索をすることは自由にできますが、人間の生命と尊厳性についてその有無や死活については、思弁の対象とすることや政治的な合意形成による決定には馴染まないものです。仮に議論の結果、「あなたは死ぬべきだ」という政治決定が下されたとしても、こんな勝手な押しつけじたいが占有possessio,possession侵害です


ホッブズに限らず、ロールズ『正義論』でも、なぜ差別してはいけないかについて、逆推論をしていますが、一種の詭弁のようで、なんとも釈然としません

何でもかんでも、議論して合意形成すればいいということではなさそうです

政治的議論や思弁の対象とはならないことが、人権(human rights)の土台にあるのです
0

2018/10/30  4:00

人権思想へのカタバシス 補遺♯3  特別公開論文

●人権思想へのカタバシス 補遺♯3
人権思想の宗教への倫理的効用



宗教教団とそこに所属する職業宗教者は、世俗社会からは聖別され権威化される。この聖別と権威化への営みは、必然的に独善的な閉鎖空間を現出する。聖なる教団と宗教者といえども、その実際の担い手は、欲望を抑えがたい生身の人に過ぎないから、さまざまな罪過を犯しても不思議ではない。世俗社会であれば、人の過ちは日常茶飯であるから、それを組織的に隠蔽したり、無関係なことがらにすり替えたりはあまりしない。しかしながら、教団と宗教者は、聖別された至高の権威であるが故に、罪過はその軽重にかかわらず、あってはならないことになる。教団は自らの神聖な権威を傷つけないために、罪過の事実を伏せたり、宗教的な詐術で正当化したりすることが往々にして起きる

そのような宗教教団とそこに所属する職業宗教者たちの不正や不品行を抑止し、宗教的に更生させるため、宗教の神聖性や権威に取り込まれない外なる倫理規範が必要となる。その倫理規範の基準点は、いまのところ基本的人権 fundamental human rights しか存在しない。人権思想のもとでは、俗人か聖別された宗教者かという資格は、顧慮されず、ただ「自分にしてもらいたいように人に対してせよ」という黄金律または「自分がしてほしくないことは他者にもしてはいけない」という銀色律に照らして正邪の判定を受ける。そのような意味でも、宗教にとって人権思想は相対立する世俗倫理ではなく、逆に宗教性を下支えする土台ともなりうるのだ

0
タグ: 人権 宗教

2018/10/26  5:00

人権思想へのカタバシス 補遺♯2  特別公開論文

●人権思想へのカタバシス 補遺♯2

差別discrimination 定義

差別とは、単にある事物を他と区別し、新たな差異を設ける思考と行為を指し、人の意識活動全般と重なる

不当だとされる差別discriminationとは、社会的な属性attributionや個人的な性向inclinationの多様性を、単純な善悪・優劣・正邪または浄穢などの画一的な価値観に短絡させる先入観とそこから発生するさまざまな侵害行為と不利益を指す

不当な差別は、人の先入観がつくりあげた虚構であるが、一旦定着した差別意識は、社会的拘束力を周辺におよぼし、人格否定や人間性の抹消を経て、暴行violenceや絶滅行為genocideへ突き進む傾向がある
0
タグ: 差別 属性 性向

2018/10/25  7:00

人権思想へのカタバシス 補遺 ♯1  特別公開論文

●人権思想へのカタバシス 補遺 ♯1

占有possessio,possession侵害例外条件

1 本人がその行為に限り、許可を与えている場合
例:本人が依頼または許可している医療行為等

2 緊急避難措置の場合
例:本人の生命等の死活を左右する明らかな危険が及んでいるか、あるいは差し迫った状況

3 その他 その行為に限り本人が明確に許可あるいは承認している場合 たとえ公共の利益であると判断されても、不任意の占有possessioの侵害は原則禁止

4 留保事項 その行為に限り、本人が許可または承諾している場合でも、他者の占有を侵害し、他者の意志と自由を毀損する虞ある場合には、その判断は留保される
例:安楽死介助 嘱託殺人
0
タグ: 占有 possession

2018/10/24  5:00

人権思想へのカタバシス 研究発表 正規版  特別公開論文

人権思想へのカタバシス 研究発表

要旨 本論攷は、人権思想を絶対的な真理もしくは普遍的な原理として無前提に承認するものではない。むしろ、人権思想全般に対する論理的かつ歴史学的な観点から過酷な耐久試験を施し、その価値を批判的に検証する。さらに、人権思想の前提と根拠およびそもそもの淵源に遡行(catabasis)し、その限界と原初的な思考回路を抽出する。その知見にもとづいて、宗教・仏教とりわけ曹洞宗における人権擁護推進の可能態を理論的に導出する。

正規版 閲覧用pdfファイルはこちら ⇒ catabasistohumanrightsthought_originalver.pdf


人権概念図はこちら ⇒ humanrightscatabasisch...
0
タグ: 人権 anukampa catabasis



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ