2006/8/23


北海道ツーリングでかなり高速連続走行したため、前回オイル交換から2千kmでオイル交換をしました。

1.10mmのボックスレンチでエンジンガードをはずす。
2.暖機運転を数分した後、左下のドレンボルトを19mmのボックスレンチではずす。
クリックすると元のサイズで表示します

3.ドレンボルトをはずすと中からスプリングとオイルストレーナーが出てくる。
クリックすると元のサイズで表示します

4.オイルが出てくるまで待ち最後にボディを揺する。
5.スプリングとオイルストレーナーを突っ込み、ドレンボルトを締める。
6.新しいオイルを右側の注入口より入れる。 
 ヤマハ純正エフェロBASICを使用しました。
 (旧モデルのためホムセンで値引き処分品)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

7.キャップを締め暖機運転をし、オイル量を点検窓より確認する。
8.点検窓の上下2本の線の間に油面があることを確認し、エンジンガードを元通りに組み付けて終了。

エンジンの回転がスムーズになりました。満足です。
*排出されたオイルの画像はこちら
クリックすると元のサイズで表示します

2006/8/9

北海道ツーリング記録随時更新中。  ツーレポ2006北海道

私のサイト(serows_worldの北海道ツーリング紀行を随時更新中です。
(H18.7.7〜H18.7.17の北海道ツーリング記録です。)

北海道ツーリングの参考になれば幸いです。

2006/8/9

オイル交換(アドレスV125G)  アドレスV125G

1000kmでオイル交換後2000km走行したので、アドレスV125Gのオイル交換をしてみました。

オイルはホムセンで半額セール品だったカストロールのアクティブ4Tです。

クリックすると元のサイズで表示します

右側からのぞきこむとドレンボルトが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

ドレンボルトをソケットレンチでゆるめオイルを排出しました。
やっぱ黒々してますね〜。
(オイルパン代わりに100円ショップで購入した容器を使ってます。)

クリックすると元のサイズで表示します

新しいオイルを注ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します

オイル注入口にあったレベルゲージでオイル量を確認して終了です。
クリックすると元のサイズで表示します

最後に廃油をオイル処理箱に流し込み可燃ごみとして処理します。

オイル交換後は、回転がスムーズになったような気がします。
とりあえず満足です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ