2006/12/19

メンテナンス(ギヤオイル)  TDR125(完)

冷却水(クーラント)、リアブレーキフルードとも前述のとおり規定量を下回っていた。

これはギアオイルも信用できない。
エンジンの覗き窓から覗いてみたが、曇っていてよくわからない。

ってなわけでギアオイル(ミッションオイル)も交換することとした。

※少々暖機運転してオイルを抜けやすくした後

1 右ステップそばの13mmのドレンボルトをはずす。
クリックすると元のサイズで表示します

2 ギアオイルが排出されるので適当な容器で受ける。
 クリックすると元のサイズで表示します

3 ボディを傾けたり揺すったりして、できる限りのオイル排出に努める。

4 ドレンボルトを締める。

5 新しいギアオイルを規定量入れる。(規定量は750ccとの記載あり)
  ヤマハ純正ギアオイルを入れました。 
クリックすると元のサイズで表示します

6 注入口を手で閉めて、廃油処理をして終了です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ