2007/8/22

不調!TDR125  TDR125(完)

またもや約1ヶ月ほったらかしだったTDR125。
久々に乗ってみました。

チョークを引くとセル1発で始動します。
ギアをローに入れるとエンストします。
少々ふかしながらローに入れると発進できました。

しかし、6千回転しか回りません。
それ以上は、かぶりまくりです。
ぎくしゃくしまくりです。
振り落とされそうです。
いつもなら10分も走ると解消されるかぶりは何故か解消されません。
何でナンで?

40km、小一時間走って、プラグが焼けたのかやっとかぶりが解消されました。

とすぐにメーター付近の見慣れないランプが点灯。
何とそれはオイル警告灯でした。(切れてなかったのね。)

気持ち悪いのでちんたらちんたら走り帰宅。
オイルは買い置きしていたヤマハのスーパーバイオを入れました。
クリックすると元のサイズで表示します

950ccを飲み込み最後の一注ぎとなるはずが、なぜかオーバーフローして地面にこぼしてしまったのはここだけの話です。
(オイルタンクが黒なのでオイル量が確認できないのだ。)

さて、気になるオイル燃費は約千kmとなりました。

今まではヤマハ純正オイル(青缶)を入れていたので、高級オイル注入後の変化に注目してみたいです。

はてさて、オイル飛びは減少するのか???



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ