2007/10/28

Fスプロケット交換4(セロー)  おんぶセローのメンテナンス(完)

ボルトが折れてしまった16Tのスプロケット。
それ以外にも致命的な問題がありました。

15Tのスプロケに比べ16Tのスプロケは大きいのです。
今までより大きいスプロケットにチェーンをかけることになるので、チェーンはパンパンになってしまいました。
アジャスターで最大限緩めてもパンパンです。
遊びが全くありません。

これでは16Tのスプロケットは使用できません。
泣く泣く元の15Tに戻すことにしました。

ボルトが折れてるし、手元に代替のボルトもないのでバイク屋に泣きをいれました。
バイク屋曰く、自走は危ないとのことなので取りに来てもらいました。

スプロケを固定するボルトは高トルクをかけて締めるのではなくネジロックにて固定するものだそうです。
そういえば、セローマスターブックにもその旨記載されていたような気が...

結局バイク屋にてボルトの折れたスプロケをはずし、元の15Tのスプロケをつけてもらいました。

あぁぁぁぁっぁ...今までの作業は何だったんだろう!?

*結論
16TのFスプロケはチェーンが伸びた頃に付けましょう...


<おまけ>
ボルトを折る前の一コマ。
シャフトのお掃除。奥のシールからオイル漏れなし。
クリックすると元のサイズで表示します


*次回からRスプロケ交換編スタート!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ