2007/12/23

Fブレーキキャリパー清掃3(TDR125)  TDR125(完)

パッドピンの清掃が終了し、やっとキャリパー本体の清掃に取り掛かることができた。
キャリパー内部はパッドのかすや虫の巣で汚れきっていた。
パーツクリーナーをジャブジャブ使い清掃した。

<とりあえず清掃後>
クリックすると元のサイズで表示します

続いてピストンの清掃だ。
ボンスターでピストンの外周を磨いた。
黒光りするようになり満足した。

<清掃後のピストン>
クリックすると元のサイズで表示します

最後にピストンの揉み出しを行った。
1.外周にシリコングリスを塗る。
2.余分なグリスをふき取り、ピストンを手で押し込む。
3.ブレーキレバーを握り、ピストンを出す。
4.ピストンを手で押し込む。
5.3〜4を3回繰り返した。

この辺りで日は暮れかけ日没が迫っていた。
悲劇はこの時起こった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ