2008/5/8

フォークオイル交換8(TDR125)  TDR125(完)

手でフォークパイプをぐりぐり回し、やっと片側のフォークがはずれた。

フォークブーツを取り外すとダストシールが表れた。

<パイオリ製ダストシール>
クリックすると元のサイズで表示します

マイナスドライバーで慎重にはずした。

<サビだらけのダストシール>
クリックすると元のサイズで表示します

<サビだらけのサークリップ>
クリックすると元のサイズで表示します

ここまでやってからオモムロにもう1本のフォークを車体から抜いた。
と書けば簡単に聞こえるが、このフォークは車体に固着しており抜くまでに30分以上要した。
手でフォークが回らないため、CRCを大量に注入してやっと抜けた。
一番苦労したところだった。

このフォークからもフォークブーツとダストシールを取り外した。

2本フォークが揃ったところで、予め緩めておいたキャップボルトを緩めフォークオイルを排出した。
クリックすると元のサイズで表示します

☆次回につづく。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ