2008/6/30

GS渋滞  日々の出来事

GSと行ってもビーエムのバイクのことではありません。
そう、ガソリンスタンドです。

今日は6月の最終日、恒例の値上げを翌日に控えガソリンスタンド渋滞が起こっていました。

来月からレギュラーガソリン180円/Lだそうです。
往復100kmを通勤している身にはズシッ!とこたえます。

せめてもの対策として明日はアドレスV125Gで通勤するつもりです。

2008/6/29

new F650GS 試乗のつもりが...  F650GS(Twin)

私の初大型マシン有力候補である「BMW new F650GS」。
しかしながら私の住んでいる県にはBMW正規ディーラーがありません。

しかたなくBMW正規ディーラーがある両隣の県のディーラーホームページを確認すると幸いにも両方とも試乗車がありました。

とりあえず西隣の県のディーラーへ電話してみましたが、残念ながら試乗車は他の支店に回っているとのこと。

面倒くさくなったので東隣の県に向けて出発。
2時間あまりかけて到着したもののどこにも試乗車らしい「new F650GS」がありません。

たずねてみると試乗車は何と私の住む県の4輪ディーラーに行っているとのこと。
見事に行き違いとなりました。(電話してから行きゃよかった(泣))

とりあえず水曜か木曜に地元で試乗できるよう手配してもらいました。

しかし、「new F650GS」のデリバリーはごく少量のため、今オーダーしても納期は8月か9月になるそうです。

このディーラーの展示車なら即納だそうですが。
「展示車ってちょっと抵抗があるな〜。皆が触ったりまたがったりしてるし。」
そう営業の人に言うと「そんなことを言われたのはお客様が初めてです。」

ってホンマかいな???

おまけに「アクティブライン」の納期もたずねると、100台中99台は「ハイライン」ですよ〜。とのこと。

これまたホンマかいな???

首をかしげながらディーラーを後にしました。


2008/6/28

不調(TDR125)  TDR125(完)

と言う事で久しぶりに乗ったTDR125ですが...

不調ですorz

かぶりまくりで7千回転以上は使い物になりません。
無理やり回すとぎくしゃくしてバイクから振り落とされそうになります。
まるでロデオマシ〜ンじゃぁ〜。

振り返ってみると昨年の8/22にも同様の記事を書いていました。
http://wind.ap.teacup.com/applet/serows_world/20070822/archive

愛機ベルガルダTDR125は気温の上昇と共に不調になるようです。

今度は夏季限定でプラグを7番にしてみるかな...

2008/6/26

1万km到達(TDR125)  TDR125(完)

TDR125の走行距離が1万kmに到達しました。

クリックすると元のサイズで表示します


大型免許取得のため自動車学校に通っている間は、変な癖がつくのを防ぐため全然乗らなかったのでやっとこさの1万km到達です。

H18.12.10に走行距離約7千kmで我が家に来たTDR125。
およそ1年半でたった3千kmを共にしたことになります。

走行レポは、また明日。


2008/6/25

今シーズン最高燃費(アドレスV125G)  アドレスV125G

本日、アドレスV125Gの今シーズン最高燃費を記録しました。

その燃費は、「43.7km/l」

往復100kmの通勤での記録です。

ガソリン高騰の今日この頃、アドレスV125Gの高燃費には大変助かっています。



*アドレスV125Gの新車からの燃費記録はこちら

http://www.geocities.jp/serows_world/address.html

2008/6/24

大型二輪免許体験記(免許更新)  

本日(H20.6.24)免許の更新に行ってきました。
H20.5.24自動車学校に入校してからちょうど1ヶ月、やっと大型自動二輪の免許取得と相成りました。

仕事を休んで午前9時総合交通センターへ到着。
2000円を支払い免許申請書を購入。
申請後適性試験を受けます。

適正試験と言っても視力検査のみです。
あっけなく終わりました。

その後は10:10に説明を行うとのことで待ちぼうけ。
暇だったので1発試験会場を見学。
ヘルメットを持った大型自動二輪試験組が約2名。
熱心にコースの下見をしていました。

試験は10時かららしくこの目で見れなかったのが残念です。

10:10から免許証請書の記入、写真撮影と続き、午前11時手数料1650円と引き換えに私に新しい免許証が交付されました。

そこには輝く「大自二」の文字が!
クリックすると元のサイズで表示します

10万払って大型自動二輪免許を購入した代わりに、世界中のどんな大排気量のバイクでも乗れる資格を得ることができました。

しかし、喜びも束の間。
写真を眺めるとそこにはくたびれた「おさ〜ん」の姿が...
厳しい現実を目の当たりにし総合交通センターを後にしたのでした。

これにて「大型自動二輪免許取得体験記」を終了します。
体力のない40歳過ぎのおっさんでも十分免許取得は可能です。
参考にしていただけると幸いです。

2008/6/21

大型二輪免許体験記(卒検アゲイン)  

本日(H20.6.21)卒業検定を受けてきました。

前夜はプレッシャーからか夜中の3時ごろ目がさめてしまい睡眠不足です。
小学校時代の遠足前日と同じです。
30年たっても進歩がありません。

外は雨が降っています。
1本橋からの転落、スラロームでの接触など悪いイメージが浮かんできます。

9時に集合し説明を受けました。
本日同じ卒業検定を受ける仲間は、私以外に大型2人、普通1人。
緊張をほぐすため30代後半と思しき人としゃべりまくります。
その人も2回目の検定で、前回は1本橋で落下し1発アウトだったとのこと。
仲間がいたので気が随分楽になりました。

午前10時いよいよ卒業検定開始。
私がトップバッターです。
雨はしとしと降っています。
他の教習も通常通り行われています。
教官は管制塔から見ています。
覚悟を決めていざスタート。

本日のコースは前回と同じBコース。
外周、坂道発進、信号のある交差点ここまでは順調です。
いよいよ前回パイロンに接触したスラローム。
タイムは気にせず接触だけしないようにまったりと通過しました。
続いて波状路、1本橋です。
これもタイムは気にせず失格のみを避ける走りに徹します。
無事通過しました。

続いてS字、クランク。
パイロンに接触しないことだけを心がけて無事突破!

続く障害物、踏み切り、急制動と無難にこなします。
後はゴールに戻るだけ。
そう思うと顔がにやけてしまい最後の右折でちょっとふくらんでしまいます。
が、何とか無事完走達成。

完走した喜びで安堵感に包まれました。

他の2人の検定が終わり教官がやってきました。
「○○さんは、スラロームがちょっとゆっくりでしたね。」
「波状路は逆にちょっと早すぎましたね。」
「1本橋もちょっと早すぎましたね。」
「まあこの辺は自分のバイクで慣れてくださいね。」
「法規走行は問題ありません。」

自分の頭の中で採点してみました。
マイナスは多めに見積もってもスラローム-10、波状路-10、1本橋-10で合計-30
これなら何とか合格したのでは?

合格発表までロビーで待つように指示されました。
同じ大型を受験した30代後半の人と教習生活やバイク談義で盛り上がります。

そして約1時間後。
突然のアナウンスが入りました。
「本日の卒業検定の結果を発表します。全員合格です。おめでとうございます。」

ご・ご・合格です。合格しました。素直にうれしいです。

思わず笑みがこぼれます。30代後半の人と握手を交わしました。

後はもらった卒業証明書をもって県の総合交通センターに行って免許証を更新するだけです。

「BMW new F650GS」にまた1歩近づくことができました。
今後の展開が楽しみです。


☆次回免許証書き換えにつづく。

2008/6/20

大型二輪免許体験記(補習)  

本日(H20.6.20)補習を受けてきました。
悪夢の卒業検定以来9日ぶりの自動車学校です。
外は雨、梅雨まっただ中です。

慣熟走行の後、早速コース走行を指示されます。
Aコース、Bコースを走ります。
課題走行はパイロン接触や一本橋の落下だけに気をつけました。
カーブや徐行の所のスピードが速すぎること、左にもっと寄ることを指示されました。

残りの時間は自ら申し出てコース練習から課題走行に変えてもらいました。
卒業検定でパイロンに当たったスラロームがトラウマです。
タイムは気にせずパイロンに当たらないよう練習しました。
一本橋も意識をするとバランスが狂いますが何とか落下せずに終了。

明日の卒業検定は課題走行が鬼門です。
タイムは気にせずに、パイロン接触、一本橋落下だけは避けようと思います。
天気予報は雨100%。

さあどうなることやら。


☆次回卒業検定アゲインにつづく。

2008/6/19

EX-4転倒歴  EX-4(完)

マイナー車「Kawasaki EX-4」は中古で購入した。

そこで気になるのは転倒歴だ。

これは、ハンドルストッパーの傷で判断可能らしい。

さっそくのぞいてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

左右とも傷があり錆びているのがわかる。

ただ交通事故のような激しい転倒歴ではなく、たちゴケのような軽いもののような気がする。

ちょっと安心した。
タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/6/18

21世紀の森駐車場  

山口の心霊スポットとして有名な21世紀の森駐車場。

画像の黄色い車線の区画に何かいるらしいのですが、ほぼガセです。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで焼身自殺があったとか言われてますが、そのような事実は確認されていません。

ただ単に看板が見えなくなるのを防ぐために駐車禁止にした可能性大です。

おそまつさまでした。。。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ