2008/10/18

九州縦断ツーレポ4(神川〜佐多岬〜桜島〜国分・・・九州道・・・中国道〜山口)  ツーレポ2011,2008九州縦断

3日目 H20.10.13(月)天気 くもり〜小雨〜晴れ 走行距離540km
神川〜佐多岬〜桜島〜国分・・・九州道・・・中国道〜山口

午前7時起床。
空はどんよりと曇っている。
神川キャンプ場から見えるはずの開聞岳の姿を拝むことはできなかった。

何気に愛車の「new F650GS」の状態をチェックしていると恐れていたことが起きつつある事に気が付いた。
ラジエーターホースがずれて抜けかけているではないか。

<ずれたラジエーターホース>
クリックすると元のサイズで表示します

ブルーな気分のまま本土最南端の佐多岬目指して出発した。
神川キャンプ場にはまた帰ってくる予定なのでテントは張りっぱなしだ。

かつては有料道路だった佐多岬までの道も無料化されている。
快適なワインディングを快走し北緯31度線の標識を越えるとトンネル前の駐車場に着いた。

<トンネル前駐車場>
クリックすると元のサイズで表示します

ここから佐多岬までは徒歩でないと行けない。
通行料300円を支払う。
ここで小雨が降ってきた。
急いで遊歩道を進む。アップダウンの激しい道だ。
運動不足で虚弱体質の私はあえぐように進んだ。

途中でなぜか神社へ出会う。マップルに書いてあるとおり違和感ありありだ。

<違和感ありあり神社>
クリックすると元のサイズで表示します

かつてのレストランは廃墟と化していた。
<廃墟レストラン>
クリックすると元のサイズで表示します

駐車場から20分後やっと佐多岬展望台についた。

<展望台遠景>
クリックすると元のサイズで表示します

小雨は相変わらずで展望台から見える種子島、硫黄島などの姿は見ることができない。
開聞岳もだめだ。
仕方なく最南端の看板のみ写真に収めた。

<本土最南端の碑>
クリックすると元のサイズで表示します

遊歩道を引き返しトンネルを抜け駐車場で休憩する。
ここで昨日3回出会ったシェルパ氏と4回めの再開を果たす。
お互い挨拶を交わし佐多岬を後にした。

再び神川キャンプ場に戻りテントを撤収しコーヒーブレーク。
まったりしすぎたので桜島一周はパス。
午後1時、国分ICより九州自動車道へ。
後は淡々と北上し山口を目指す。

3連休最終日だけあって通行量は多い。
鳥栖ジャンクションを越えると慢性の渋滞状態となった。

午後5時基山PAで「new F650GS」のラジエーターホースを確認する。
また抜ける方向へのずれが大きくなっていた。

<ずれたラジエーターホース2>
クリックすると元のサイズで表示します

大宰府ICで相棒のR1150GS氏とお別れ。大宰府ICは1km渋滞の表示があった。
福岡を過ぎ小倉を過ぎると車も少なくなった。

どこかのPAで夕食をとる。
外は真っ暗となり走行中に「new F650GS」のラジエーターホースを見ることはできなくなった。
やけくそで高速に戻る。

関門橋を越えるといつものガラガラの中国道だ。
美祢あたりで寒くなりグリップヒーターのスイッチを入れる。
午後8時「new F650GS」から冷却水が漏れることはなく、やっと自宅に帰りついた。

<完>



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ