2014/6/29

あわやエフロク ストップ?!  F650GS(Twin)

今日は梅雨の合間の貴重な

2週間ぶりにF650GSを引っ張り出して、定番の角島コースに繰り出しました。

<国道435号から広域農道へ>
クリックすると元のサイズで表示します

<昼食はドライブイン犬鳴>
クリックすると元のサイズで表示します

<刺身定食720円@バリウマ>
クリックすると元のサイズで表示します

<定番の角島大橋>
クリックすると元のサイズで表示します

<帰りは長門の広域農道>
クリックすると元のサイズで表示します

<弁天池付近にて休憩>
クリックすると元のサイズで表示します

とここまで順調でしたが、家まであと10kmのところで不吉な兆候が

何とエフロクがノッキングを始めました。
エンジンが止まりそうになること3度。
登り坂で停まりかけた時は、肝を冷やしました

原因は、単なるガス欠だと思いますが、オンボードコンピューターでは残り40km走行可能だったんですよね。

残り13kmまで走ったこともありますが、ノッキングを始めたのは今回が初めてでした。

ちなみに慌ててスタンドに駆け込んで給油してみると14.46L入りました。
タンク容量は16Lなので、まだ大丈夫でした。

このノッキングは、いったいなんだったのでしょうか

おとなしく早めの給油を心がけることにします

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/6/26

山口県岩国市と言えば錦帯橋もあるけど、やっぱ山賊だね♪  日々の出来事


昨日は、山口県岩国市へ出張してきました。
昼食は、超有名なファミレス?の山賊です。

<七夕祭りとやらで度派手な飾りつけ>
クリックすると元のサイズで表示します

<相当もうかっているものと思料>
クリックすると元のサイズで表示します

<山賊焼きと山賊むすび@1,188円>
クリックすると元のサイズで表示します

ここに入るのは10年ぶりくらいですが、相変わらずの人気で駐車場に入りきれない車が順番待ちの列をなしていました。

接客はお世辞にも誉められたものではなく、室内も清潔感には欠け、料理もリーズナブルではありませんが、なぜか大人気なんですよね♪

不思議です・・・

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/6/24

セロー250燃費36  セロー250

■36回目の燃費測定です。満タン法による測定です。

レギュラーガソリン使用 全走行距離25,776km

<給油間走行距離194.2km/給油量5.65L=34.4km/L>


私のセロー250は、2007年式キャブ仕様です。
参考になれば幸いです。


↓クリックしてちょ↓
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/6/22

癖になった激安食堂の刺身定食  日々の出来事

以前、ご紹介した萩の激安食堂。
昨日の土曜日も懲りずに行ってきました。

だんだん怪しいパンダにも慣れてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

だんだん怪しい室内にも慣れてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

だんだん怪しいモニターにも慣れてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

だんだん怪しい刺身定食にも慣れてきました。
これで200円は脅威のコストパフォーマンスです。
クリックすると元のサイズで表示します

ついでに握り寿司も頼んでみました。
一貫あたり50円なので、これで200円です。
(まぐろ、あじ、いか、たこ)
クリックすると元のサイズで表示します

ボックス席で食事可能なのでメットやジャケットも横に置けて便利です。
マスツーリングだと近くの有料駐車場に停めるしかありませんが、食事代が極端に安いのでそれも十分ありだと思います。。。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/6/19

マス・ツーリング  F650GS(Twin)

先週の日曜日は、1年ぶりにツーリングクラブのツーリングに参加し萩に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ソロの時とは違い、結構なハイペースなので楽しかったです。

三福輪業株式会社さま、またよろしくお願いします


ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/6/17

F650GS燃費156,157  

■156回目の燃費測定です。満タン法による測定です。
意地になって続けています。

レギュラーガソリン使用 全走行距離55,013km 

<給油間走行距離330.8km/給油量11.18L=29.6km/L>


■157回目の燃費測定です。満タン法による測定です。
意地になって続けています。

レギュラーガソリン使用 全走行距離55,387km 

<給油間走行距離373.9km/給油量13.79L=27.1km/L>


※いつもどおりの良好な値ですね

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/6/15

うさぎ島ツーリングレポート最終章  F650GS(Twin)

徒歩による島一周も東半分を終え西半分に突入した。
きれいな瀬戸内の海と廃墟寸前のテニスコートがびみょ〜なコントラストを描いていた。

無駄に何面もあるテニスコートが、昔の毒ガス工場跡地らしい。
その名残が残されていた。

<毒ガス貯蔵庫跡>
クリックすると元のサイズで表示します

<壁面の焦げは火炎放射器の跡>
クリックすると元のサイズで表示します

暗い気持ちは、たくさんのうさぎ達で癒された。
クリックすると元のサイズで表示します

えさをねだる子ウサギはいとかわゆす。
クリックすると元のサイズで表示します

看板につられ展望スポットに上がった。
瀬戸内海がきれいだった。

<休暇村を見下ろす>
クリックすると元のサイズで表示します

<瀬戸内の多島美>
クリックすると元のサイズで表示します

<本州側>
クリックすると元のサイズで表示します

山の上にも子うさぎがいた。
にんじんをあげた。
クリックすると元のサイズで表示します

かわゆい。
クリックすると元のサイズで表示します

悪そうなやつがやってきた。
クリックすると元のサイズで表示します

にんじんは横取りされた
クリックすると元のサイズで表示します

汗だくだくで展望スポットから降り、休暇村に帰った。
遅い昼食をとった。(現在2時前)
たこ天うどん定食はイマイチだった。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなで結局うさぎ島には4時間半滞在した。

芸予要塞から毒ガス工場、そしてうさぎの楽園へ!
先人達の苦労に敬意を表しながら、日本が毒ガスを製造し武器として使用した現実を目の当たりにし複雑な心境で大久野島を後にした。

「うさぎ島ツーリング」完


ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/6/13

うさぎ島ツーリングレポート3  F650GS(Twin)

大久野島は、第一次世界大戦時に化学兵器の生産拠点で毒ガスを製造していたが、それ以前の明治30年代には、日露戦争開戦に備え、芸予要塞の一角として砲台などが設置されていた。

北側に行くに連れてその遺跡が数多く現れた。

<火薬庫跡>
クリックすると元のサイズで表示します

もちろんウサギは至る所にいた。
クリックすると元のサイズで表示します

<北部砲台跡>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

砲台があっただけに、間近に瀬戸内海を望むことができた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<カノン砲砲台>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次回最終章に続く。。。


ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/6/12

うさぎ島ツーリングレポート2  F650GS(Twin)

レンタルサイクルを申し込むが、すでに全車貸出済みだった。
仕方なく徒歩にて島一周に出発した。

まずは、休暇村の玄関を出て広場に向かった。
にんじんを持っているとすぐうさぎ達に取り囲まれた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そうここは、ウサギ達の楽園「うさぎ島」だったのだ。

しかし、その反面、大久野島には悲しい歴史があった。
第一次世界大戦時、化学兵器の生産拠点だったのだ。
島にはそれを物語るたくさんの施設があった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

気分が重たくなったところで、だらけがなごませてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します

島を南から北に向かい歩く。
海沿いのキャンプ場を過ぎるとトンネルの向こうに廃墟が現れた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

またもや、たくさんのうさぎ達でいやされた。
クリックすると元のサイズで表示します

周囲には、うさぎの巣穴がいたるところにあった。
クリックすると元のサイズで表示します

次回につづく。。。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/6/10

うさぎ島ツーリングレポート1  F650GS(Twin)

瀬戸内海広島県沖に浮かぶ「大久野島」、またの名を「うさぎ島」。
そこは、ウサギの楽園であり、かつ悲壮な歴史を持つ島だった。

平成26年6月8日、愛車「BMW F650GS」で大久野島へ向かった。

山陽道を河内ICで降りた後は、グーグル先生の言うとおり県道73⇒県道59⇒国道2⇒県道59⇒国道185号と通り、忠海駅裏手の忠海港へ着いた。

目指す大久野島はバイクの乗り入れが禁止されている。
よって、F650GSとは、しばしのお別れだ。
忠海港の駐輪場へエフロクを突っ込んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

往復のフェリー切符を購入する。
代金は620円だ。

ちょうど到着した10:05発の客船「ホワイトフリッパー」に乗り込む。

クリックすると元のサイズで表示します

客船とフェリーが交互に来るので船数は十分だ。
http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/access/images/jikokuhyo.pdf

客船には前側にも席があるが、ちょっと目立たない。
座ろうと思うなら、乗船するなり前側の席を目指したい。。。

船は10分あまりで大久野島へと辿り着いた。
港には島で唯一の施設「休暇村大久野島」の送迎バスが待っていた。
とりあえず乗り込んだ。(代金無料)

クリックすると元のサイズで表示します

<車窓からの風景>
クリックすると元のサイズで表示します

5分もたたないうちに「休暇村大久野島」へ到着した。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アイスクリームを食べまったりした後、レンタルサイクルを申し込むが、すでに全車貸出済みだったorz..

教訓:即座にレンタルサイクルを申し込むべし!!

仕方なく徒歩にて島一周に出発した。
即座にウサギの楽園の意味を知ることとなる。

次回につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ