2019/8/10

灼熱の福岡・阿蘇・大分キャンプツーレポ3(鍋の平キャンプ場)  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

ケニーロードを華麗に駆け抜けた後は、本日の宿泊地「鍋の平キャンプ場」に入った。

入場料+テント1張で1000円、根子岳のふもとにある爽やかなキャンプ場だ。
バイクも乗り入れ可能、早速テントを張った。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食づくりに取り掛かる。
まずは、メスティンもどき+ポケットストーブ+セリア固形燃料でほったらかし炊飯。
クリックすると元のサイズで表示します

ホットサンドメーカーをフライパン代わりにして、馬肉やソーセージを焼いた。

クリックすると元のサイズで表示します

水分量が多すぎたせいか、ほったらかし炊飯の結果は、おかゆっぽいご飯が出来上がった
クリックすると元のサイズで表示します

満腹になった後は、阿蘇白水温泉瑠璃にて入浴。
入浴料400円で、建物沿いに広がる広大な露天風呂を味わえる、今まででもピカイチの温泉だった。

キャンプ場に戻り、恒例の焚き火タイム。
友人と日付が変わるまで、思い出話に耽ってしまった。

ふと上を見上げると、満点の星空
天の川らしきものに、流れ星を何回も見ることができた。

クリックすると元のサイズで表示します

清々しい朝を迎えた。
真夏なのに標高が高いおかげで、快適な夜だった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホットサンドメーカーで焼いたアップルパイとコーヒー。
ささやかな幸せを感じる鍋の平キャンプ場だった。
クリックすると元のサイズで表示します

はっきり言おう!ここは至極オススメである。。。

次回につづく。。。

↓クリックしてちょ↓
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ