2006/5/31

クラッチワイヤーの給油2  おんぶセローのメンテナンス(完)

クラッチワイヤーは、はずれなかった。
原因は簡単だった。
遊びが不足しているのでワイヤーの長さがぎりぎり足りないのだ。

クラッチ本体側の遊びを調整すれば解決するらしいが、変にいじっておかしくなるのが嫌だったので、ここはおとなしくクラッチレバーをはずすことで解決を図った。

1 クラッチレバーを固定しているピボットボルト下部のナットをはずす。
2 ピボットボルトをはずす。
3 クラッチレバーがはずれる。

クリックすると元のサイズで表示します

これでクラッチワイヤーのたいこがはずれ、やっとクラッチワイヤーをはずすことに成功した。

折角なのでクラッチレバーのしゅう動面には万能グリスをぬっておいた。
こうすることでスムーズなレバーの動きが可能となるらしい。
クリックすると元のサイズで表示します

↑につづく。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ