2019/11/21

見近島キャンプツーリングレポート最終回  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

令和元年11月9日(土) 

「シュラフ2枚がさね、間に湯たんぽ」の効果は絶大だった。
最低気温6℃でも寒さを感じることなく、眠ることができた。

<早朝の見近島キャンプ場>
クリックすると元のサイズで表示します

見近島キャンプ場を後にし、宗方港を目指す。
途中、豪快に峠を駆け下りると視界が開けた。

<豪快な下り坂>
クリックすると元のサイズで表示します

<瀬戸内海に浮かぶ小島>
クリックすると元のサイズで表示します

フェリーで岡村島へ戻り、安芸灘とびしま海道で呉を目指す。

<岡村大橋>
クリックすると元のサイズで表示します

<岡村大橋上の県境>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

淡々と往路と同じ道を引き返していたが、いつの間にやら大崎下島の御手洗地区に吸い込まれる。
クリックすると元のサイズで表示します

かつての栄華がそこにあった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昼に安芸灘大橋が見える公園でパンをかじった。
クリックすると元のサイズで表示します

なぜか、差し歯が抜けた。
記憶があるのはここまでである。

抜け落ちてくる右上の3本の差し歯と格闘しながら、日没寸前に我が家に到着した。

バイクのメンテも大事だが、歯のメンテも大事であることを痛感している今日この頃である。。。

<完>

◆↓応援クリック募集中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2019/11/19

見近島キャンプツーリングレポート2  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

令和元年11月8日(金) 

マーレグラッシア大三島の露天風呂を満喫した後、周囲はどっぷりと漆黒の闇に覆われていた。

何度も道に迷いながら、やっとこさ見近島キャンプ場へ戻ることができた。

今日の食事は、マーレグラッシア大三島近くのAコープで買った牛肉とソーセージ、ビール、持参したコメ1合だ。

水にコメをつけおく時間もなく、さっさとメスティンで炊飯に取り掛かる。
ここで重要なミステイクに気がつく。
そう、ヘッドランプを忘れてきていたのだ。

暗闇の中、ランタンの灯りのみで行う料理には無理があった。
焼肉をしていたフライパンをひっくり返し、貴重な牛肉1切れとソーセージ5本を帰らぬ人としてしまった。。。

最後に万全の注意を払い、湯たんぽを直火にかけた。
クリックすると元のサイズで表示します

ファミリーキャンパーがいないキャンプ場は、静かだった。
波と虫としまなみ海道を通過する車の音しか聞こえない。

求めていたヒトトキがゆったりと経過していった。。。

最終回につづく。。。

↓クリックしてちょ↓
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2019/11/17

見近島キャンプツーリングレポート1  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

カブを手に入れてから、一度は行かなければならないと心に誓っていた無人島。
そう、それが「カブ乗りの聖地!見近島!!」

1年半かかってやっと実行に移すことができました。
以下、ツーレポです。。。

令和元年11月8日(金) 

8:50、自宅を出発。

今日は、安芸灘とびしま海道を通り、岡村島から15時発のフェリーで大三島へ渡り、しまなみ海道原付道から見近島へ降りる計画だ。

まずは、宮島が見えるジョイフルで昼食
クリックすると元のサイズで表示します

次に、原付のメリットたる格安の料金で有料道路を渡る。
広島熊野道路20円、安芸灘大橋50円だ。

<広島熊野道路>
クリックすると元のサイズで表示します

その代わりペースは上がらない。
時間に余裕を見ていたが、観光する余裕は全くなく、14:40何とか岡村島の岡村港に着いた。

<岡村港>
クリックすると元のサイズで表示します

<大三島ブルーラインのフェリー 宗方行>
クリックすると元のサイズで表示します

すぐ着くので、バイクから離れないよう指示される。
仕方ないので写真を撮って時間をつぶした。

<遠くに来島海峡大橋が見える>
クリックすると元のサイズで表示します

<大崎上島のホテル>
クリックすると元のサイズで表示します

16:30見近島キャンプ場へ到着。
先人は5人程度。
早速テントを張り終えた後は、入浴と食材の買出しに出発した。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近くにあった「多々羅温泉しまなみの湯」は土石流のため今年で廃業。
よって、ちょっと遠いマーレグラッシア大三島まで足を伸ばした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、シャンプー・石鹸こそないが、ロケーション抜群の露天風呂があり、旅の疲れを癒すことができた。。。

次回につづく。。。

↓クリックしてちょ↓
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2015/9/1

見近島キャンプツーリングレポート(見近島〜自宅)  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

H27.8.17(月) 、8.18(火)   見近島キャンプ場〜山口 224km

見近島キャンプ場で快適な朝を迎えた。
ここで相棒と別れ、単独帰路に着く。

順調にしまなみ海道原付道を通り抜ける。
間に合わないと思っていた大三島フェリーの出港1分前に盛港に到着。

<大三島フェリー>
クリックすると元のサイズで表示します

ギリギリで乗船し、雑魚寝スペースでしばしの休息をとる。

しかし、それが悪夢の始まり。
眠りから覚めた時、は既に忠海港に到着しており、乗船が始まっていた。
慌ててフェリーから飛び降りる。

だった天気もなぜかそこでは本格的な
大雨の中、山口を目指すが、道路は川のようになり、鳴り響く中降り注ぐ雨粒は容赦なく身体を叩きつけた。

身の危険を感じ、しばし休憩。

クリックすると元のサイズで表示します

スマホで大雨洪水警報が出ていることを知る。

結局、自宅にたどり着くのは断念し、親戚宅に立ち寄り宿泊することとした。
ファミレスで時間をつぶし、体力の回復と雨が止むのを待ち、無事親戚宅へたどり着いた。
・・・・・・・・・・・・・・・・
翌日は、見違えるような晴天の中、快適に自宅へ到着。
ここに約700kmの原2の旅が無事終了した。

「見近島」そこは、紛れもなく原2の聖地だった。
機会があれば是非再訪したいと思う。
誰かご一緒にいかがですか〜♪

<完>

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2015/8/30

見近島キャンプツーリングレポート(見近島キャンプ場)  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

H27.8.16(日)天気  見近島ャンプ場

目指す見近島は、大島大橋の途中にあった。
大島大橋の橋脚が立っているのが、見近島だった。

しまなみ海道原付道から小さな看板に沿って、見近島に降りる。
降りたそこが見近島キャンプ場だった。

<小さな看板@アドレスは逆向き>
クリックすると元のサイズで表示します

<見近島キャンプ場>
クリックすると元のサイズで表示します

利用料は無料。
目の前には、きれいなビーチが広がっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

トイレは水洗でトイレットペーパーあり。
洗い場もあった。

徒歩か自転車か原付しか来ることができない見近島キャンプ場。
無料でこんなに設備が充実していれば、「原付の聖地」、「原2の聖地」、「カブ乗りの聖地」と言われるのも納得だ。

管理棟の屋根下には主と思われる方のテントが3張り。
他はカブ乗りが2張り、スクーターが1張り。

それでもテントスペースは十分だった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

テントを張った後は、大三島にある多々羅温泉まで行き入浴。

クリックすると元のサイズで表示します

300円程度の安価な温泉だった。(シャンプー、石鹸等は別料金)

伯方島のローソンで食材を買い、見近島キャンプ場に戻る。
ファミリーキャンパーがいないので静かな夜を過ごすことができた

次回いよいよ感動の最終回(笑)

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2015/8/28

見近島キャンプツーリングレポート(志高湖キャンプ場〜見近島キャンプ場)  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

H27.8.16(日)天気  志高湖キャンプ場〜見近島 242km

志高湖キャンプ場の朝がやってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

隣の車中泊の夫婦がドアを早朝から開け閉めするので
自然に目が覚めた。

天候は
予報では、午後から九州は
見近島は、今日は何とかもちそうだった。
相棒と協議した結果、折角だからということで見近島へ行くことにした。

国道九四フェリーに乗るため佐賀関港を目指す。
大分市内が意外と都会なことに驚く。

国道九四フェリーは、先着8台しかバイクは乗船できない。
ドキドキしながら、佐賀関港のバイク置き場を見回す。
バイクは1台もいない

<My アドレスV125G と 相棒のカブPro110>
クリックすると元のサイズで表示します

無事に乗船と相成った。

1時間ほどの船旅で四国へ上陸。
佐田岬メロディライン〜夕やけこやけラインの風景を味わいながら、一路見近島を目指す。

幅寄せワンボックスに抜かれながらも、何とか松山市内に到着。
今治市内で道に迷いながらも、何とかしまなみ海道原付道に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

展望台で絶景を満喫した30分後、遂に目指す見近島へ到着した。

<展望台から見た来島海峡大橋>
クリックすると元のサイズで表示します

次回につづく。

↓クリックしてちょ↓
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2015/8/26

見近島キャンプツーリングレポート(へびん湯〜志高湖キャンプ場)  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

H27.8.15(土)天気  別府〜志高湖キャンプ場

別府湾を望む十文字原展望台で休憩した後は、へびん湯に向かった。
ここは、数年前悲しい事件の舞台のなったところだ。

恐る恐る国道500号を右折した。

<右折ポイント>
クリックすると元のサイズで表示します

へびん湯への進入路入口には、ゲートと注意書きを示す大きな看板があった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ダートを進み展望が開けた三叉路を左に下る。

クリックすると元のサイズで表示します

1車線の上りの山道をしばらく行くと目指すへびん湯についた。

クリックすると元のサイズで表示します

お盆の土曜日のためか、6〜7人の入浴客で賑わっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

事件前と変わらぬ賑わいにほっと胸をなでおろした。

渓流沿いの野趣あふれるへびん湯を堪能した後は、宿泊地である志高湖キャンプ場に向かう。

カブ110プロに乗る相棒からは、既に到着連絡が入っていた。

午後4時、志高湖キャンプ場に到着。

盆休みのため結構な混雑だったが、何とかスペースを確保しテントを設営。

クリックすると元のサイズで表示します

友人と旧交を温めあった後は、夜遅くまで騒々しいハー○ー軍団に閉口しながら床についた。

2日目 四国上陸編につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2015/8/24

見近島ツーレポ(山口〜別府)  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

8/15〜8/18で行った見近島キャンプツーリングのレポートを始めます。
****************************************************

H27.8.15(土)天気  山口〜別府 走行距離217km


多忙を極めた仕事も一息付き、土日を入れて4日間の休暇をもらえた。
3年前から行きたかった原付2種の聖地「見近島」へ行くこととした。

見近島到着予定の8/16の天気予報は
の8/15だけでもキャンプをしようと考え、大分から四国入りすることとし
まずは大分の志高湖キャンプ場に向けてアドレスV125Gを走らせることとした。

F650GSやセローではなくアドレスで出発したので、家族から失笑が漏れたことはここだけの秘密である。

午前9時半、自宅を出発。
原付なので自動車専用道路が通れないもどかしさを感じつつ山口県を西進する。
小郡バイパスのかわりに県道を通る。
厚狭バイパス、小月バイパスは通行可能だった。

順調に山口県内を通過し、20円払って関門トンネルを通る。
午前11時、関門トンネルを抜け九州に入った。

クリックすると元のサイズで表示します

県道25号から国道10号に入る。
椎田道路が東九州道になっているので、そのまま国道10号を進む。

流れも悪いが、何といっても暑い。
慌ててファミレスに逃げ込むも、盆休みで超満員。
空腹と暑さをこらえながら走り続ける。

2件目のファミレスで力尽き、列に並び遅めの昼食をとる。
ドリンクバーで生き返った。

宇佐から安心院を抜け、国道500号に入る。
山沿いなので気温も下がり、交通の流れも良くなる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま走り続け、別府湾を望む十文字原展望台で休憩。
いつ見ても雄大な景色がそこにあった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

☆1日目後半につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2015/8/22

見近島ツーリング〜プロローグ〜  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

今から遡ること3年、四国のとあるキャンプ場で知り合ったカブ乗りから聞いた一言、「しまなみ海道には、原付、自転車、徒歩でしかたどり着けないキャンプ場がある。

”その名は、見近島


このセリフを聞いて以来、何度も計画しながら実行できずにいたが、石の上にも3年、今回、意を決して見近島ツーリングを決行することとした。


ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2015/8/20

見近島ツーリング(周防灘一周ツーリング)走行ルート  ツーレポ2019・2015・2011・2007しまなみ海道原付ツー

今回の盆休みを利用して出かけた「原付2種の聖地【見近島】」ツーリング。

走行ルートは以下のとおりです。
クリックすると元のサイズで表示します

見近島ツーリングのはずが、周防灘一周ツーリングになっているのはご愛嬌ということで・・・

次回からツーリングレポートを頑張って掲載する予定です


ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ