2012/4/9

屋久島ツーリングレポート最終回  ツーレポ2012屋久島

平成24年3月28日(水)、ついに屋久島を出発する日がやって来た。
朝8時20分発のフェリー「はいびすかす」に乗るのだ。

自分の部屋みたいだった民宿あさかともお別れ。
クリックすると元のサイズで表示します

7時20分、民宿あさかを出発。
5分後、宮之浦港にあっけなく到着。

乗船手続きを済ませた後、名残惜しいので色々写真を撮った。

<宮之浦港から白谷雲水峡方面を見る>
クリックすると元のサイズで表示します

<宮之浦大橋付近からの風景>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<宮之浦港から県道77号に出る交差点にある記念碑>
クリックすると元のサイズで表示します

<宮之浦港から県道77号に出る交差点>
クリックすると元のサイズで表示します

<宮之浦港から県道77号に出る交差点にある記念碑>
クリックすると元のサイズで表示します

記念碑に刻まれたとおり、まさに屋久島はスーパーネイチャーだった!!

後ろ髪を引かれる思いでフェリーはいびすかすに乗り込む。
クリックすると元のサイズで表示します

去り行く屋久島をぼぉっと眺めた。。。
クリックすると元のサイズで表示します

は、種子島を経由し、定刻より40分遅れの15時20分鹿児島の谷山港に到着した。

後は山口目指してひた走るだけ!
行きの教訓を生かし、指宿スカイラインの谷山ICに順調に突入。
鹿児島ICからは九州道だ。
行きとは違い、風がないので快適だ。

性懲りも無くえびのPAでループ橋を写真に収める。
クリックすると元のサイズで表示します

福岡県に入ったところで日が暮れた。
古賀SAで夕食をとる。

自宅までもう一ふん張りだ。
出発前に換装したHIDのおかげで、夜間の高速走行も快適だった。
午後9時、無事自宅に到着した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
屋久島での忘れ物「縄文杉」にまたいつの日かアタックしてみたい。
そう固く誓いながら屋久島ツーリングの幕が降りた。。。

※ここまでお読みくださった方々、心より感謝申し上げます。
 どうもありがとうございました。


ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2012/4/8

屋久島ツーリングレポート屋久島生活2日目終了  ツーレポ2012屋久島

屋久島2日目コースmap
クリックすると元のサイズで表示します

白谷雲水峡トレッキングを満喫して再びF650GSに跨った。
ご機嫌なワインディングロードを下る。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

筋肉痛がひどい。
これは湯治しかないだろう
ってことで昨日遠慮した平内海中温泉を目指した。

温泉には、昨日同様、外国人カップルが2組いたが、お構いなく入浴した。
(お取り込み中どうもすみません。)

3つある湯だまりのうち、最もぬるめの湯だまりに入れた。
1時間30分ほどまったりすることができた。

<平内海中温泉@天然混浴露天風呂>
※写真撮影は入浴者の了解を得ています。
クリックすると元のサイズで表示します

<平内海中温泉から見る山側の風景>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

満足して民宿あさかにハンドルを向けた。
相変わらず屋久島の山々は神々しい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

民宿に帰るには少々早かった。
明日の朝、フェリーで屋久島を去らなければならない身の上。
名残惜しいので千尋の滝でまったりすることとした。

<千尋の滝@1日目も来た>
クリックすると元のサイズで表示します

駐車場の手前がわに展望台を発見したので歩いていった。
靴からカパカパという音がすることに気がついた。
何と!ソールが、剥げかかっているではないか

<展望台からの風景@ショックでそれどころではなかった>
クリックすると元のサイズで表示します

帰り道で、偶然ホームセンターを見つけた。
うれしかった。

瞬間接着剤にて修理した。
何とかくっついた。

白谷雲水峡トレッキングは、靴にとってもハードだったようだ。
(ただ単に靴が古いだけとも言う。)

<ホームセンターSOMES>
クリックすると元のサイズで表示します

うっすらと日が翳ってきた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

午後6時30分、民宿あさかに着いた。

クリックすると元のサイズで表示します

今晩は食事を予約しておいた。

宿主、同宿者と語り合いながら、屋久島最後の夜が更けていった。。。

★次回、いよいよ最終回!

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2012/4/7

屋久島ツーリングレポート白谷雲水峡トレッキング後編  ツーレポ2012屋久島

白谷雲水峡に入って1時間50分後、ついに目標の「太鼓岩」に到達した。
思わず息を呑む絶景だった。(写真では表現しきれておりません。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

周囲の人々と会話を楽しみ、パンをほおばった。
うまかった。
徐々に岩の上の人口密度が上がってきた。
クリックすると元のサイズで表示します

後ろ髪を引かれる思いで下山を開始した。

苔むす森を通り、
クリックすると元のサイズで表示します

七本杉を見上げ、
クリックすると元のサイズで表示します

くぐり杉をくぐった。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、調子こいて原生林コースへと曲がった。
これが思いもよらないトラブルの原因になるとも知らずに・・・

太鼓岩でスタミナを使い果たした私にとって原生林コースはタフだった。
それでも未知への遭遇がモチベーションを保つ要因となってくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

午前8時40分に白谷雲水峡に入り、楠川歩道〜太鼓岩〜原生林と巡り、駐車場に帰ってきたのは、午後1時30分。
5時間弱のトレッキングだった。

足の豆が潰れ、膝が笑い、いたるところが筋肉痛だったことは、ここだけの秘密である。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2012/4/6

屋久島ツーリングレポート白谷雲水峡トレッキング中編  ツーレポ2012屋久島

くぐり杉をくぐり、白谷雲水峡楠川歩道を登る。
クリックすると元のサイズで表示します

七本杉が現れた。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらく行くと一段と苔むした地点に出た。
これが「もののけの森」なのか
クリックすると元のサイズで表示します

間違いない!ここがもののけ姫の舞台となった「苔むす森」だった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで1時間しかかかっていない。
最初はここで引き返すつもりだったが、予想以上に早く着いた。
太鼓岩まで頑張って登ることとした。

<気持ち悪い杉>
クリックすると元のサイズで表示します

<現地ではダブルで迫力だった杉>
クリックすると元のサイズで表示します

辻峠に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します

ここから本格的な登山道だ!
クリックすると元のサイズで表示します

両手もつかって急峻な山をあえぐように登る。
クリックすると元のサイズで表示します

15分後、目指す太鼓岩に着いた。

★次回につづく。。。


ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2012/4/5

屋久島ツーリングレポート白谷雲水峡トレッキング前編  ツーレポ2012屋久島

※今回のツーレポmap
クリックすると元のサイズで表示します

屋久島2日目の朝がやって来た。
空は快晴だ。
心が躍る。

F650GSに火をいれ、白谷雲水峡へ向かった。
快適なワィンディングロードをぐんぐん登っていく。
クリックすると元のサイズで表示します

振り返ると絶景が広がる。
この道は、離島と言うハンデがなければ日本の道100選に選ばれること間違いなしだ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道が細くなったころ、あっさり白谷雲水峡に到着した。
これから5時間あまりのトレッキングだ。
維持管理料300円を支払い、早速トレッキングを開始した。

<最初は遊歩道>
クリックすると元のサイズで表示します

<いきなり岩の上を歩く>
クリックすると元のサイズで表示します

<二代杉>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<美しい渓流>
クリックすると元のサイズで表示します

<行きは楠川歩道を選択@左折>
クリックすると元のサイズで表示します

<きつい登り坂>
クリックすると元のサイズで表示します

<苔むした岩々>
クリックすると元のサイズで表示します

<幽玄の世界へ>
クリックすると元のサイズで表示します

<屋久鹿見〜ぃつけた>
クリックすると元のサイズで表示します

<くぐり杉>
クリックすると元のサイズで表示します

★次回につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2012/4/4

屋久島ツーリングレポート島一周その4  ツーレポ2012屋久島

※今回のツーレポmap
クリックすると元のサイズで表示します

屋久猿や屋久鹿にも飽きたころ、左手に口永良部島が見えるようになった。
愛車F650GSと写真を撮った。
クリックすると元のサイズで表示します

細く曲がりくねった西部林道にも疲れたころ屋久島灯台の分岐に出た。
当然のごとく左折した。

<屋久島灯台>
クリックすると元のサイズで表示します

門の横が開いていたので灯台の裏側に回ることができた。
180度の大パノラマがそこにあった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

屋久島一周に戻った。
西部林道を抜け県道78号は、片側1車線の快走路となった。

ウミガメが上陸するという永田いなか浜に寄ってみた。
クリックすると元のサイズで表示します

一見穏やかに見えるが結構な高波だった。
クリックすると元のサイズで表示します

県道78号は島の北部に差し掛かった。
東シナ海展望所で休憩した。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

布引の滝に寄って見た。
しょぼかった。
クリックすると元のサイズで表示します

一湊海水浴場に寄って見た。
誰一人居らず寂しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

午後5時、島一周を終えた。
民宿手前のスーパー「わいわいらんど」で弁当とビールとお茶を買った。
ペットボトルのお茶が100円だったことがうれしかった。
クリックすると元のサイズで表示します

民宿あさかに戻った。
素泊2,000円の安宿だが、冷暖房・TV付き個室だ。
クリックすると元のサイズで表示します

自分の部屋にいる様な錯覚に襲われた。
心地よい疲労に包まれながら、まったりとした夜が更けていった。。。

★次回白谷雲水峡編(屋久島2日目)につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2012/4/3

屋久島ツーリングレポート島一周その3  ツーレポ2012屋久島

※本日のレポmap
クリックすると元のサイズで表示します

トローキの滝を後にして、目指すは平内海中温泉!
言わずと知れた干潮前後2時間のみ出現する天然混浴露天風呂だ。

気象庁のHPで干潮時間は、事前に把握していた。
時は午後2時。ばっちり入浴可能な時間だ。
勢いよく温泉めがけて駆け下りた。

しかし、そこにはカップル2組が人目もはばからずいい雰囲気ではないか
おぢさんは、潔く退散することとした。

<平内海中温泉>
クリックすると元のサイズで表示します

島一周ツーリングに戻る。
88mの落差を誇る大川の滝に行って見た。

<大川の滝>
クリックすると元のサイズで表示します

水量が少々さびしかった。(特に右側)

県道78号に戻る。
島の西側に入ると同時に風が強くなった。
同時に東シナ海が左側に開けた。

<東シナ海>
クリックすると元のサイズで表示します

道は快適な2車線から離合困難な1車線へ変わった。
ここから西部林道(全線舗装)の始まりだ。
屋久島の手付かずの自然の中を行く。

早速、屋久猿と屋久鹿が出迎えてくれた。

<屋久猿>
クリックすると元のサイズで表示します

<屋久鹿>
クリックすると元のサイズで表示します

☆まだまだまだ続きます。。。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2012/4/2

屋久島ツーリングレポート島一周その2  ツーレポ2012屋久島

※本日のレポmap
クリックすると元のサイズで表示します

たくさんの屋久杉のオーラに圧倒されヤクスギランドを後にした。
正直、屋久杉トレッキングは、たいした興味もない義務感だけのトライだったが、心底満足できるものであった。

ヤクスギランドから海沿いの周回県道へと降りていく。
中腹からは山沿いの豪快なワィンディングロードだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中で屋久猿の姿も見ることができた。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでお腹が減ったことに気が付く。
海沿いの県道に降りたころには、ちょうどお昼になっていた。
ツーリングマップルに掲載されていた安房のレストラン「かもがわ」でBランチを食した。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

満腹となったところで時計回りに屋久島一周を継続する。
鹿児島といえば焼酎。
焼酎が流れている川があった。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、竜神の滝に行ってみた。
何の変哲もない滝だった。
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、千尋の滝に行ってみた。
滝よりも一枚岩の山肌の方が印象的だった。
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、トローキの滝に行ってみた。
滝よりも赤い橋と周囲の山の緑のコントラストが美しかった。
背後にそびえるモッチョム岳が見事だった。
クリックすると元のサイズで表示します

☆まだまだ続きます。。。(ちょっと疲れた...)

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2012/4/1

屋久島ツーリングレポート島一周その1  ツーレポ2012屋久島

※本日のレポmap
クリックすると元のサイズで表示します

屋久島に上陸し、直ちに2泊する予定の民宿あさかにチェックイン。
早朝にチェックインできるなんて島の人は親切だ。
おかげさまで荷物を降ろして身軽になることができた。

<民宿あさか>
クリックすると元のサイズで表示します

早速、屋久島一周に繰り出した。
青い海と急峻な山が視界に入る。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、屋久杉の中で最も簡単にアクセスできる紀元杉に行ってみた。
最初は豪快なワィンディングロードも徐々に幅員を狭め飽き飽きとしたころにやっと到着!

クリックすると元のサイズで表示します

表から見ると何のこっちゃって感じだが遊歩道を降りて裏に回ってみると、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3000年分のオーラがそこにあった。

続いてヤクスギランド50分コースのトレッキングに繰り出した。
遊歩道が完備されているので歩きやすい。
ここでも色んな屋久杉を見ることができた。

<千年杉>
クリックすると元のサイズで表示します

<仏陀杉>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<くぐり杉>
クリックすると元のサイズで表示します

☆次回につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2012/3/31

屋久島ツーリングレポート「フェリーはいびすかす」  ツーレポ2012屋久島

種子島経由で屋久島へ行くフェリー「はいびすかす」は、ぼろだった。

<フェリー「はいびすかす」>
クリックすると元のサイズで表示します

受付カウンター、ロビー、売店、風呂、食堂はなく、ただ俗に言う2等部屋「カーペット敷きのエリア」があるだけだった。

とても一夜を過ごす環境ではない。

そう、フェリー「はいびすかす」は貨物船だったのだ。
我々は貨物の一つに過ぎなかったのだ。

船内めぐりは1分で終了した。
甲板に出てみた。
桜島と開門岳がきれいだった。

<桜島>
クリックすると元のサイズで表示します

<開門岳>
クリックすると元のサイズで表示します

は、結構な時間をかけて錦江湾を進んでいく。
湾内なので、海は穏やかだった。

大しけの東シナ海に備えて、F650GSはしっかりと手すりにしばりつけられていた。
クリックすると元のサイズで表示します

船内から民宿に予約を入れた。
予約したのは「民宿あさか」。

選択基準は港に近く安いことだ。
素泊1泊2,000円の民宿あさかは、その条件を一番満たしていた。
無事2日分の予約が完了した。
ほっとした。

は東シナ海に入り大きく揺れ始めた。
思考を停止し横になった。
同じフロアにいる皆横になっていた。
船酔いでほとんど眠れなかった。
長い夜がやっと明けた。

フェリー「はいびすかす」は、途中で引き返すことはなかった。
1時間遅れで屋久島に無事到着した。

<はじめて見た屋久島の風景>
クリックすると元のサイズで表示します

☆次回につづく。。。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ