2008/12/8

EX-4その後  EX-4(完)

東北地方に嫁がせたMY EX-4。

今日現在なぜか関西で売りに出されています。

1日でも早く定住先が見つかることを祈っています。。。


◆↓↓↓バイクブログ 「ツーリング」に参加中↓↓↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/8/24

さよならEX-4  EX-4(完)

複数台所有は難しい!

ということで泣く泣くEX−4を手放しました。

今思えば、「NEW F650GS」より豊かな低速トルクで乗りやすいバイクでした。
高回転での加速も結構鋭く、軽やかなハンドリングやドコンドコンという排気音も好きでした。

発売時期さえKAWASAKIが間違えなければ名ツアラーとして語り継がれていたでしょう。

さよならEX−4!
次のオーナーに可愛がってもらえよ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/7/5

エアエレメント交換(EX-4)  EX-4(完)

久々にEX-4ネタです。
エアクリーナーエレメントの交換をしてみました。

1.シートをはずしタンクをはずす。

<タンクのはずし方はこの記録参照>
http://wind.ap.teacup.com/serows_world/425.html

2.タンクが乗っていたブラケットをはずす。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


3.現れたエアクリーナーハウジングカバーをはずす。

クリックすると元のサイズで表示します

4.エアクリーナーエレメントと御対面

クリックすると元のサイズで表示します

5.何ですか!これは...

クリックすると元のサイズで表示します

6.カス

クリックすると元のサイズで表示します

7.すかさず新品に交換

クリックすると元のサイズで表示します

☆始動性と吹けあがりが良好になりました。
 ってあたりまえじゃん。交換前がひどすぎっっつぅの!!!

<完>

タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/6/19

EX-4転倒歴  EX-4(完)

マイナー車「Kawasaki EX-4」は中古で購入した。

そこで気になるのは転倒歴だ。

これは、ハンドルストッパーの傷で判断可能らしい。

さっそくのぞいてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

左右とも傷があり錆びているのがわかる。

ただ交通事故のような激しい転倒歴ではなく、たちゴケのような軽いもののような気がする。

ちょっと安心した。
タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/6/12

EX-4整備(アッパーカウル着脱)  EX-4(完)

大型二輪教習ネタは来週の金曜まで受講できないのでしばらくお休みです。
その代わりにマイナーバイク「Kawasaki EX-4」のメンテナンス記録をお送りします。

冷却水を交換したりライトバルブを交換したりする場合は、アッパーカウルを着脱する必要があります。

1.左右アッパーカウルのタンク横にあり下から上にはまっているプラスネジをはずす。
クリックすると元のサイズで表示します

2.ライト下のボルト2本をはずす。
クリックすると元のサイズで表示します
<ボルト部拡大>
クリックすると元のサイズで表示します

3.バックミラー固定ボルトをはずし、ミラーをはずす。
クリックすると元のサイズで表示します

4.アッパーカウルを手前に引っ張り、配線をはずす。
<配線2箇所を分離する。>
クリックすると元のサイズで表示します

<カウルがはずれた後のEX-4正面>
クリックすると元のサイズで表示します

<カウルがはずれた後のEX-4横面>
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/6/4

EX-4整備(オイル交換)2  EX-4(完)

マイナー車「kawasaki EX-4」のメンテナンス記録です。

オイル交換・オイルエレメント交換を行う場合、ドレンボルトとオイルエレメントの場所がわからないと何も始まりません。

アンダーカウルをはずさなくても交換が可能ですが、はずした方が整備しやすいと思います。

オイルエレメントをはずした時流れ出たオイルがアンダーカウルにたまるもの防げますし・・・

アンダーカウルは正面のネジ2つと裏側のボルト2本をはずせば簡単に着脱できます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アンダーカウルがはずれるとドレンボルトとオイルエレメントが丸見えとなります。
クリックすると元のサイズで表示します

オイルエレメントをはずす場合は、専用工具(フィルターレンチ)が必要となります。

なお、オイルエレメントはカートリッジ式なので4輪用(ホンダの小型車用)が流用可能のようです。
タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/6/2

EX-4整備(リアブレーキパッド交換2)  EX-4(完)

昨日の続きです。

EX-4のサイレンサーをはずすとリアブレーキパットを固定している六角ボルトへのアクセスが容易となりました。
クリックすると元のサイズで表示します

パッドは片側が残り1mmまで減っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

ボルトをはずしやっとリアブレーキパットとご対面できました。
クリックすると元のサイズで表示します

出てきたパッドは何とYAMASIDA製。
私がTDR125用にチョイスしたものと全く同じ高級品?でした。。。(泣)

とりあえず新品のRK製ブレーキパッド「RK808 FA5」を元通り組み込みます。
ピストンを押し込むのに苦労しました。

組み込み終了後テスト走行した結果、無事ブレーキが効きました。

ほっとしたところで終了です。
タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/6/1

EX-4整備(リアブレーキパッド交換)  EX-4(完)

誰も知らないマイナーバイク「カワサキEX−4」の整備記録です。

リアブレーキパッドを交換しました。
チョイスしたパットはRK製の「RK808 FA5」です。
クリックすると元のサイズで表示します

カワサキ車のみならずスズキ車にも使えるようです。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、いよいよリアブレーキパットの交換です。
六角レンチでボルトを緩めます。

でも1つのボルトは簡単に緩んだものの、もう1本はマフラーが邪魔してクリアランスがとれないため、力が六角レンチにかけられません。

困ったので馴染みのバイク屋さんに相談しました。

答えは一言「マフラー(サイレンサー部分)をはずして作業すると簡単」とのこと。

素直にマフラー(サイレンサー部分)をはずします。

タンデムステップと共締めのボルトとエキパイと合体しているところのボルトを緩めるとサイレンサーが引っこ抜けました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

☆次回につづく。
タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/5/29

EX-4整備(プラグ交換)  EX-4(完)

昨日は徹夜で仕事していました。
あぁ疲れた。

久々にEX-4ネタです。
プラグ交換をしてみました。

まずタンクをはずします。
<はずし方はこの記録参照>
http://wind.ap.teacup.com/serows_world/425.html

<タンクがはずれるとプラグコードが見えます。>
クリックすると元のサイズで表示します

プラグコードを引っ張ってはずすとやっとプラグが表れます。

何と私のEX−4のプラグのそばには、ハチとトンボの死体がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

車載工具のプラグレンチでプラグをはずしました。
はずれたプラグは交換された形跡がしばらくないような汚いものでした。
クリックすると元のサイズで表示します

迷うことなく新品プラグNGK「DR8EA」に交換しました。
クリックすると元のサイズで表示します

標準は9番ですが1番焼け方の8番にした方がいいとのバイク屋さんのアドバイスに従いました。

交換後は始動性がよくなりました。
満足です。
タグ: EX-4 EX4 kawasaki

2008/5/23

EX-4整備(タンクのはずし方)  EX-4(完)

EX-4のプラグやエアエレメントはタンクをはずさなければ交換できないことがわかった。

サービスマニュアルを参考にとりあえずやってみた。

1.シートをはずす。(左横の鍵穴にキーを挿し回すとはずれる。)

2.タンクを固定しているボルトをはずす。
<ボルトはすぐわかる。>
クリックすると元のサイズで表示します

3.左右サイドカウルのプラスネジをはずす。
クリックすると元のサイズで表示します

4.左右アッパーカウルのタンク横にあり下から上にはまっているプラスネジをはずす。
クリックすると元のサイズで表示します

5.左右サイドカウルを手前に引きグロメットをはずす。
クリックすると元のサイズで表示します

6.燃料コックをOFFの位置に回した後、ホース2本をはずす。
クリックすると元のサイズで表示します

*ホースをはずすにはラジオペンチと車の内装はずしがあると便利です。

*タンクは想像以上に重たいです。ガソリンが少ない時に作業しましょう。

*タンクが乗っかるダンパー(ゴムのわっか)がタンク着脱時に落下することがあります。 紛失に注意しましょう。
 (このダンパー脱落が後日大変な悲劇の原因となったのだ...)
タグ: EX-4 EX4 kawasaki



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ