2019/8/16

灼熱の福岡・阿蘇・大分キャンプツーレポ5(日出)  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

阿蘇を心の底から満喫した後は、四季彩ロードを北上した。
クルマが多いであろうやまなみハイウェイは、あえてパスしたのだ。

九重ICから大分道路に乗った。
目指すは今回の最終目的地「日出町にある《でんすけ食堂》」だ。

クリックすると元のサイズで表示します

この食堂は、日出駅前にあり、やたらボリューミーな料理が有名な、食べログでも評価の高い食堂だ。

炎天下の12時30分、やっと目指すでんすけ食堂に到着した。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中はお客さんで一杯。
一人だったので何とか隅っこに通してもらった。

壁には著名人のサインが並んでいた。
クリックすると元のサイズで表示します

メニュー看板を眺める。
クリックすると元のサイズで表示します

おすすめせずにはいられないチキンカツカレーをオーダーした。
カツは2枚まで、ご飯は200gから800gまで同一料金でオーダー可能だ。
カツはもちろん2枚。ご飯は標準の200gにした。

クリックすると元のサイズで表示します

30分くらい待ったであろうか。
恐ろしい量のチキンカツカレーが到着した。

クリックすると元のサイズで表示します

食べても食べても、一向に減らない。
汗が吹き出てきた

少しの後悔とともに店を後にした

その後は東九州道経由で帰路に着いた。

門司ICでETCエラーで引っかかる。
荷物を全部おろしシート下のETCカードを手渡した。

午後7時、何とか無事自宅に到着。
こうして灼熱の福岡・阿蘇・大分キャンプツーリングは幕を降ろした。

暑くてたまらなかったが、いい思い出が出来た。
来年の夏も、鍋の平キャンプ場で、満点の星空と天の川と流れ星を眺めようと思う。

<完>

↓クリックしてちょ↓
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2019/8/12

灼熱の福岡・阿蘇・大分キャンプツーレポ4(阿蘇)  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

キャンプ場の朝は早い。
よって、阿蘇の名所を混雑する前にゆっくりと回ることができた。

<噴煙を上げる中岳>
クリックすると元のサイズで表示します

<草千里>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<米塚>
クリックすると元のサイズで表示します

<外輪山>
クリックすると元のサイズで表示します

<大観峰>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次回、いよいよ最終回


◆↓応援クリック募集中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2019/8/10

灼熱の福岡・阿蘇・大分キャンプツーレポ3(鍋の平キャンプ場)  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

ケニーロードを華麗に駆け抜けた後は、本日の宿泊地「鍋の平キャンプ場」に入った。

入場料+テント1張で1000円、根子岳のふもとにある爽やかなキャンプ場だ。
バイクも乗り入れ可能、早速テントを張った。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食づくりに取り掛かる。
まずは、メスティンもどき+ポケットストーブ+セリア固形燃料でほったらかし炊飯。
クリックすると元のサイズで表示します

ホットサンドメーカーをフライパン代わりにして、馬肉やソーセージを焼いた。

クリックすると元のサイズで表示します

水分量が多すぎたせいか、ほったらかし炊飯の結果は、おかゆっぽいご飯が出来上がった
クリックすると元のサイズで表示します

満腹になった後は、阿蘇白水温泉瑠璃にて入浴。
入浴料400円で、建物沿いに広がる広大な露天風呂を味わえる、今まででもピカイチの温泉だった。

キャンプ場に戻り、恒例の焚き火タイム。
友人と日付が変わるまで、思い出話に耽ってしまった。

ふと上を見上げると、満点の星空
天の川らしきものに、流れ星を何回も見ることができた。

クリックすると元のサイズで表示します

清々しい朝を迎えた。
真夏なのに標高が高いおかげで、快適な夜だった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホットサンドメーカーで焼いたアップルパイとコーヒー。
ささやかな幸せを感じる鍋の平キャンプ場だった。
クリックすると元のサイズで表示します

はっきり言おう!ここは至極オススメである。。。

次回につづく。。。

↓クリックしてちょ↓
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2019/8/8

灼熱の福岡・阿蘇・大分キャンプツーレポ2(ケニーロード)  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

南蔵院の涅槃像を後にし、再度福岡ICから高速に乗る。

昼を過ぎ、灼熱地獄の始まりだ。
PAごとに休憩し水分を補給する。

友人からのラインで、宿泊予定の坊中キャンプ場が音楽フェスで貸切のため使用でいない旨の連絡が入った。

慌ててキャンプ場を「鍋の平キャンプ場」へ変更した。

益城熊本空港ICから南阿蘇に向かう。
目的地は、かのケニー・ロバーツが愛してやまないケニーロードだ。

クリックすると元のサイズで表示します

無事、入り口に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します

快走路をひた走ると、すぐに展望台へ到着した。
クリックすると元のサイズで表示します

熊本方向の視界が開けていた。
クリックすると元のサイズで表示します

雄大な光景だった。
クリックすると元のサイズで表示します

ケニーロードを快走する。
南阿蘇の街並みが近づいてきた。
そこにも展望台があった。

クリックすると元のサイズで表示します

裏側から見る阿蘇5岳だ。
クリックすると元のサイズで表示します

中岳からの噴煙もしっかり確認できた。
クリックすると元のサイズで表示します

山肌には、熊本地震の痕跡がくっきりと刻まれていた。
クリックすると元のサイズで表示します

ケニーロバーツと同じ清々しさを感じ、ケニーロードを後にした。
クリックすると元のサイズで表示します

次回につづく。。。



↓クリックしてちょ↓
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2019/8/7

灼熱の福岡・阿蘇・大分キャンプツーレポ1(南蔵院涅槃像)  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

キャンプ沼にはまりこんだ今日この頃、7月下旬にまでずれ込んだ梅雨明け早々、キャンプツーリングに出かけることにした。

以下、ツーレポです。

令和元年8月3日(土)

今日は、阿蘇の坊中キャンプ場で大学時代の友人と待ち合わせ。
熊本の天気予報では最高気温38℃となっている。

そのため極力高速を利用することとし、ネクスコ西日本のツーリングプランを利用することとした。
クリックすると元のサイズで表示します

高温で窒息リスクのある関門トンネルを避け、下関ICから関門橋にて九州に入る。

このまま阿蘇に行くのは、あまりにも味気ないので、福岡の涅槃像を見に行くため福岡インターで降り、南蔵院を目指す。

10分も走るとあっけなく無事到着した。

<無料の第2駐車場>
クリックすると元のサイズで表示します

<10分歩けば涅槃像@想像より巨大>
クリックすると元のサイズで表示します

<足の裏の紋様@いわれアリ>
クリックすると元のサイズで表示します

<頭>
クリックすると元のサイズで表示します

<本殿>
クリックすると元のサイズで表示します

<その他オブジェ>
クリックすると元のサイズで表示します

南蔵院、涅槃像以外にも見所が多数あるワンダーランドであった。。。

次回につづく。。。


↓クリックしてちょ↓
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

2014/9/28

阿蘇キャンプツーリング2日目  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

H26.9.15(月)天気時々  走行距離240km
(坊中キャンプ場〜天ヶ瀬温泉「駅前温泉」〜山口)

時折打ち付ける雨音で何度も目が覚めた。
天気予報を恨みつつ夜が明けた。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は特に予定もなく自宅へ帰るのみだ。
そそくさとテントを撤収し、国道212号を北上する。

と言いつつもライダーの性は恐ろしい。
なぜか大観峰に吸い寄せられる。
しかし、雨が落ちてきたためあえなく退散。
R212に戻り下城のイチョウからファームロードに乗る。

<下城のイチョウ>
クリックすると元のサイズで表示します

天気は回復し晴れ間がのぞく様になった。
興がのり再び寄り道をする気になった。

目指すは天ヶ瀬温泉の「駅前温泉」
昨日も行き混浴を果たした所だ。(60代♀ですけど)

クリックすると元のサイズで表示します

今回もなぜか混浴となる。
今度は80代のおばあちゃんだ。
ほのぼのとしたとってもいい温泉だった。

クリックすると元のサイズで表示します

後は日田の街をパスしR212からR496野峠を越え行橋に出た。
R496はじわじわ新道が出来て山の上を通る区間があった。
いつものスポットで休憩した。
ちょうど12時のサイレンが鳴っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

行橋からはゴミゴミした街を抜け、門司から関門トンネルに入り
淡々と山口県内を抜け午後4時自宅に到着した。

やっぱり気のおけない友人と焚き火を囲むキャンプツーリングは
楽しいものだ。

なんだか癖になりそうな予感がする。
さぁ今度はどこに行こう!!


長文お読み下さりありがとうございました。

《完》

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/9/26

阿蘇キャンプツーリングレポート1日目最終編  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

H26.9.14(日)天気  走行距離360km
(今日のレポは、ラピュタの道〜坊中キャンプ場)

ラピュタの道を下り、T字路を左折し内牧温泉に出る。
その後は友人の待つ坊中キャンプ場に向かった。

午後4時、坊中キャンプ場へ到着。
管理人から説明を受け名刺をもらい、早速友人の隣にテントを設営した。

<坊中キャンプ場管理棟>
クリックすると元のサイズで表示します

<設営したテントとF650GS>
クリックすると元のサイズで表示します

荷物を降ろし軽くなったF650GSで阿蘇山火口を目指し再出発。

残念ながら噴煙著しく火口へ向かう有料道路は閉鎖されていた。
それでも草千里や快適な阿蘇パノラマラインを満喫し坊中キャンプ場へ戻った。

<噴煙を上げる中岳>
クリックすると元のサイズで表示します

<中岳と草千里>
クリックすると元のサイズで表示します

<草千里を象徴する水たまり>
クリックすると元のサイズで表示します

<阿蘇パノラマラインからかすかに見える米塚>
クリックすると元のサイズで表示します


その後は、阿蘇駅前の夢の湯で入浴。
400円で露天風呂ありの快適な温泉だった。

<おしゃれな阿蘇駅>
クリックすると元のサイズで表示します

<夢の湯>
クリックすると元のサイズで表示します


入浴後は何だか面倒くさくなりファミレスのジョイフルで食事。
キャンプに来たとは思えない展開に苦笑するw

テントサイトに戻った後は、焚き火を囲み友人とたわいのない話をして過ごす。
こうした時間がたまらなく幸せだ。

クリックすると元のサイズで表示します

途中で雨が降り始め中止を余儀なくされたが、結局12時前まで話し込んだ。

☆2日目につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/9/24

阿蘇キャンプツーリングレポート1日目後半  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

H26.9.14(日)天気  走行距離360km
(今日のレポは、天ヶ瀬温泉「駅前温泉}〜大観峰〜ラピュタの道)

駅前温泉は河原にある混浴露天風呂だ。

クリックすると元のサイズで表示します

密かに混浴を期待していたことは事実である。
その期待は現実のものとなった。

湯船には60代過ぎと思われる団塊の世代のカップルがいた。
目のやり場に困ったが、明るく「こんにちは!」と挨拶して混浴させていただいた。

いい湯であった。
北海道をはじめとして数多くの混浴露天風呂に入ってきたが、ここは清掃が行き届いており快適な入浴が可能だった。

こんな風呂がたった100円で利用可能とは!
地元の人に感謝して駅前温泉を後にした。

その後は、ファームロードに合流し阿蘇を目指した。
連休とあってバイクが多い。

大観峰ではあまりにクルマとバイクが多く観光する気がなくなった。
クリックすると元のサイズで表示します


わずかなスペースを見つけエフロクを停め写真だけ撮った。
クリックすると元のサイズで表示します

時は午後3時、ここで友人よりテント設営完了の連絡が入る。
慌ててラピュタの道に向かった。

ラピュタの道では信じられない光景が広がっていた。

法面にクルマが乗り上げて警察が来ていた。
観光バスから観光客がぞろぞろと鈴なりになって歩いていた。

蟻の行列のようにビュースポットに向かい歩いているのでクルマとバイクの離合すらできない。
ホント大変な時代になったものだ。

ビュースポットのヘアピンは綺麗に舗装され停車しやすくなっていた。
多くの観光客を横目で見ながら写真を撮った。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

☆1日目最終編につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/9/22

阿蘇キャンプツーリングレポート1日目中編  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

H26.9.14(日)天気  走行距離360km
(今日のレポは、竜門の滝〜天ヶ瀬温泉「駅前温泉})

12時30分「竜門の滝」に着いた。
ここは滝すべりで有名だ。
9月中旬でもたくさんの人で賑わっていた。
(写真ではちょっとしか写っていませんがw)

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場でカロリーメートをほうばり、次の目的地「天ヶ瀬温泉にある駅前温泉」目指し出発した。

途中で国道210号沿いにある看板に惹かれ「慈恩の滝」に立ち寄った。
まあまあの迫力だった。
クリックすると元のサイズで表示します

ここの看板で駅前温泉の位置をチェックした。
天ヶ瀬温泉の一番西寄りに位置し、まさに天ヶ瀬温泉駅の前にある温泉だった。
クリックすると元のサイズで表示します

13時25分天ヶ瀬温泉駅に到着。
クリックすると元のサイズで表示します

F650GSは駅の駐輪場に停め、徒歩にて駅前温泉に向かった。
クリックすると元のサイズで表示します

路地に看板があるので簡単だった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

目指す駅前温泉が目の前に現れた。
クリックすると元のサイズで表示します

☆1日目後半につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2014/9/20

阿蘇キャンプツーリングレポート1日目前半  ツーレポ2019・2014・2010・2008阿蘇

記憶が薄れないうちに9/14、9/15で行った阿蘇キャンプツーリングのレポートを始めます。
****************************************************

H26.9.14(日)天気  走行距離360km


家族が不在となる隙をついて1泊2日で阿蘇キャンプツーリングに旅立つこととした。
キャンプ場は、阿蘇坊中キャンプ場。
そこで大学時代の友人と待ち合わせだ。

午前8時自宅を出発。
阿蘇は大概日帰りだが、今日はキャンプ場まで行けば良い。
余裕のある行程なので、高速を通らず下道で九州を目指すこととした。

<出発前自宅にて>
クリックすると元のサイズで表示します

山口県内の国道2号も、厚狭バイパスや小月バイパスが整備され走りやすくなった。
100円払って関門トンネルを通る。
空気の悪さには閉口だ。

午前9時20分九州に入った。

<関門トンネル九州側>
クリックすると元のサイズで表示します

県道25号から国道10号に入る。
椎田道路付近で混み始める。
東九州道になるらしく、料金所が工事されていた。

築城から椎田道路を出て京築広域農道に入る。
快適な抜け道だ。

東九州道が出来たらもっと手前から入らなあかんななどと
考えているとあっという間に県道16号に合流。
しばらく走ると国道212号に合流した。

国道212号を南下する。
耶馬溪に立ち寄った。
数年前の災害からは復旧しているようだった。

<耶馬溪@青の洞門>
クリックすると元のサイズで表示します


県道28へと左折し深耶馬溪を通り抜け、本日第一の目的地「竜門の滝」を目指す。

国道387を逆に行くというちょんぼを犯したが、何とかリカバリーし
目指す「竜門の滝」に着いた。


☆1日目後半につづく。

ぽちっとしていただけると更新頑張れます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ