2010/10/11

宗教?  

9月に知り合いのお坊さんと話す機会があった。

「下村塾」というのをやっているということを伝え、本も渡した。

地域の檀家離れは加速し、お寺の経営も大変なようだ。
それは仕方ないと彼は言う。

宗教が生活に根付くことが少なくなるのは、人々のせいではない。
お寺がもっと人々の気持ちに近づく努力をしなければいけない。

本の感想として、こんなことを寄せてくれた。

「下村塾」って、ある意味宗教だな、と。



若者たちがこの塾に触れてみたいと思ってくれるようなところまでもっていきたい。
人生のある瞬間だけでいいので、日本のこれからの医療や福祉などヘルスケア分野のあり方や自分の将来を考える時間を持ってほしい。ただそれだけなのだ。

今、問われているのは私自身。
自問自答せよ・・・それが彼が言う宗教という意味だと解釈した。


オフィス・シモムラと下村塾は、ヘルスケア分野の健全な発展を願っています/下村徳雄
『ヘルスケアの創造的破壊−チャレンジする若者たち−』の申し込みFAX用紙は、こちらから
http://dl.dropbox.com/u/325441/fax_order.pdf

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ