2008/1/20  2:21

レッツ・ロックンロール!……珠玉の41曲  ライフスタイル

クリックすると元のサイズで表示します

 映画の中で懐かしい音楽が登場するのは当たり前ですが、かつての時代を思い出すために当時のヒット曲を使う手法は「アメリカン・グラフィティ」(1973年、監督ジョージ・ルーカス)が初めてだったと言われています。

 ジョージ・ルーカスは1950年代から60年代初頭にかけてヒットしたロックンロール、ポップス、ドゥーワップをBGMとすると同時に、ウルフマン・ジャックのDJ入りで、ドラマに並行して進むラジオ放送にも使いました。

 その数は41曲。
ROCK AROUND THE CLOCK(Bill Haley And The Comets 1955年)から
GOODNIGHT,WELL IT’S TIME TO GO(The Spaniels 1954年)
ALL SUMMER LONG(The Beach Boys 1964年)まで。

 どれもイカした曲。その時々によって最も好きな曲が変わるのですが、いまこのブログを書いている気分で言えば、2曲目に流れたこの曲です。

SIXTEEN CANDLES(The Crests 1958年)

 
 クレスツはホワイト・ドゥーワップグループ。
 リードボーカルのジョニー・マエストロは後にブルックリン・ブリッジでも活躍しており、今でも当時と変わらないスイートボイスを披露しているようです。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ