2008/1/30  1:21

「原風景」をたどり、確認する作業  ライフスタイル

 博報堂が昨年末に発表した2007年の消費トレンドに関するレポート。その中で印象的だったのは「原景(懐かしさ)消費」というキーワードでした。デジタル技術の進化や商品・サービスの多様化で、過去の憧れや実現できなかった楽しみを再び探し、繋がり直せる商品・サービスに注目が集まったと分析しています。

 僕が1月18日から始めたこのブログ「この胸のときめきを〜〜 MY GRAFFITI」も、自らの「原風景」をたどり、確認する原景消費の一つかもしれません。アイビーやロックンロール、プロレスなど多感な時期に興味を持った事柄は、その後の価値観の形成に大きな影響を与え、時に増幅した形で現れ、己を刺激するような気がします。

 所得環境は厳しいですが、2008年について博報堂は「進化する情報環境と多様化する商品・サービスをテコに、さらに自分の知的・身体的レベルを上げる『ハードル上げ』の欲求が、強く消費と結びつく」と予測しています。

GREEN,GREEN GRASS OF HOME(Elvis Presley)

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ